シンガポール政府投資公社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シンガポール政府投資公社
Government of Singapore Investment Corporation Pte Ltd
種類 投資法人
略称 GIC
本社所在地 シンガポールの旗 シンガポール
ロビンソン・ロード168 キャピタルタワー#37-01
設立 1981年
業種 その他金融業
事業内容 ソブリン・ウエルス・ファンド
代表者 リー・クアンユー(会長)
関係する人物 リー・シェンロン(副会長)
外部リンク http://www.gic.com.sg
テンプレートを表示

シンガポール政府投資公社(シンガポールせいふとうしこうしゃ、英:Government of Singapore Investment Corporation Pte LtdGIC)は、1981年シンガポール政府によって外貨準備を運用する為に設立されたソブリン・ウエルス・ファンドである。世界中の金融拠点に9ヶ所の事務所を構える。GICは債券不動産等幅広く扱っている。

GICの投資ポートフォリオは3つに分けられる。GICアセットマネジメントPte Ltd (公的市場)、GIC不動産Pte Ltd、GIC特殊投資Pte Ltdである。

日本への投資は、1996年汐留シティセンターを皮切りに、2007年には不動産部門子会社のGICリアルエステート(GICRE)は、米投資会社コロニー・キャピタルから、福岡市の複合商業施設ホークスタウンを買収、2008年にはウェスティンホテル東京を買収している。

2008年モルガン・スタンレーによると運用資産は3,300億ドルであると報告している[1]。世界で3番目に大きな投資会社であるとしている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]