叢書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

叢書(そうしょ)とは、のシリーズのことである。

解説[編集]

テーマなど特定の共通項に基づいていくつかの書物、著作をまとめあげたもの。「群書類従」や「ルーゴン・マッカール叢書」など、一定のテーマを追求して営々と編まれたものもあれば、ある出版社が同一の体裁で定期的に刊行するもので叢書と称しているものもある。

広義では文庫新書選書も含む。日本の慣例ではある一定の判型のシリーズをそれぞれ「文庫」「新書」「選書」と呼び、これら3つはそれぞれの項で説明するので、それ以外のものを下記の叢書一覧に列挙する。

  • シリーズ名は「〜ブックス」「〜ライブラリー」などとする叢書もあり、さまざまである。
  • 「双書(そうしょ)」という表記は語義とは無関係な代用字のため、使用するべきではないという見解がある。ただし、「有斐閣双書」などの例があり、広辞苑(第三版)でも誤りとはしていない。
  • 以前ハードカバーで出版された叢書は、通常、単行本とはいわない。

叢書一覧[編集]

岩波書店[編集]

小学館[編集]

新潮社[編集]

筑摩書房[編集]

その他の出版社[編集]

関連項目[編集]