ジャン=ピエール・セール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン=ピエール・セール

ジャン=ピエール・セールJean-Pierre Serre, 1926年9月15日 - )はフランスの数学者。もとブルバキのメンバーの一人。

アンリ・カルタンに学び、はじめは複素解析代数トポロジーを研究した。28歳の若さでフィールズ賞(最年少)を受賞。 その後代数幾何学に傾倒していき、グロタンディークに多くの示唆を与え、SGA英語版4&5で作成された道具がヴェイユ予想に大きく貢献した。

業績として代数トポロジーにおけるスペクトル系列英語版を発展させた(Leray英語版-Serreのスペクトル系列英語版)。SerreのC理論による球面ホモトピー群の研究。GAGA (Géométrie Algébrique et Géométrie Analytique) で代数幾何において複素解析幾何学的手法を導入し、大きな成功を収めた。 FAC (Faisceaux algébriques cohérents)を発表し、代数的連接層を構築。の言葉とホモロジーを用いて代数幾何学可換環論の書き直し、層係数コホモロジーを構成した。 整数論におけるl-進表現論において、楕円曲線L関数、モジュラー形式、アーベル多様体などに応用し多くの成果をあげた。 p-進モジュラー形式の理論の構成、類体論への貢献、代数的K-理論への貢献。アーベル多様体にかんするSerre-Tate理論。その他にリー群などにも業績がある。

邦訳著作[編集]

略歴[編集]