ピレネー=オリアンタル県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランス > ラングドック=ルシヨン地域圏 > ピレネー=オリアンタル県
ピレネー=オリアンタル県
Pyrénées-Orientales
Pyrénées-Orientalesの紋章
ピレネー=オリアンタル県の紋章
位置
Pyrénées-Orientalesの位置
概要
県番号 66
地域圏 ラングドック=ルシヨン
県庁所在地 ペルピニャン
郡庁所在地 セレfr:Céret
プラード
3
小郡 31
コミューン 226
知事 エルメリーヌ・マルエルブ=ローラン
フランス社会党
統計
人口
国内57位
  (2010年)
448,543人
人口密度 109人/km2
面積¹ 4,116 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

ピレネー=オリアンタル県フランス語:Pyrénées-Orientalesカタルーニャ語:Pirineus Orientalsオック語:Pirenèus Orientals)は、フランスラングドック=ルシヨン地域圏の県である。なお、フランス語での本来の発音はリエゾンによりピレネーゾリアンタルとなる。

概要[編集]

東は地中海、南はスペインカタルーニャ州ジローナ県、北はオード県、西はアンドラ公国アリエージュ県と接する。また、ジローナ県の飛地リビアを抱える。フランス革命以前の州であるルシヨンセルダーニュ、コンフラン、ヴァルスピ、カプシルといった地方に分かれる)を再編したものである。北部のフェヌイレード地方(fr:Fenouillèdes)は、オック語が話される別の文化圏となる。

しばしばカタローニュ・フランセーズ(Catalogne française、フランス領カタルーニャ)と呼ばれてきたが、最近はカタローニュ・ノール(Catalogne Nord、北カタルーニャ)と呼ばれてきている。カタローニュ・ノールという呼び名は、カタルーニャ愛国者集団であるノストラ・テーラ(Nostra Terra、我が祖国)が、カタルーニャ州との政治的・文化的・言語の結束を呼び戻そうと、1930年代に考案された名称である。

これにより、2007年12月10日のピレネーゾリアンタル県議会通常会期において、カタルーニャ優遇憲章(Charte en Faveur du Catalan)が承認された。憲章の序文ではこう述べられている。

誕生して1000年以上経過したカタルーニャ語は、我々カタルーニャ人の同一性の柱、遺産であり、ピレネーゾリアンタル県(北カタルーニャ)の財産である[1]

序文はカタルーニャ語で書かれており、カタローニュ・ノールという用語が初めて公式に認知された。

言語と文化[編集]

サルダナ

オック語が話される県北部のフェヌイレード地方をのぞけば、県全体でカタルーニャ語が話される。

フランスは常にフランス語を唯一の国語とし、国民に対し、明らかにカタルーニャ語を始めとするフランス語以外の普及を禁じてきた。20世紀、多くの親たちが、フランス語ばかり話す自分たちの子供にカタルーニャ語を話すよう勧めてきた。しかしカタルーニャ語教育は、常に広まるとは限らなかった。当時はフランス植民地帝国全土の輝ける時代であり、先祖の言葉を習得することは国語であるフランス語の熟達を阻害することになると恐れたのである。

フランス全土で、フランス語以外の言語は減少、消滅していったが、カタルーニャ語は数多あるその他の地方の言語と比較して、根強く残ってきた。集会が県内で多く開かれ、カタルーニャの伝統舞踊、特にサルダーナ(ca:Sardana)が非常に好まれてきた。毎年プラードでは、夏期のカタルーニャ大学(l'Universitat Catalana d'Estiu)が開校する。

当局の大きな支援なしでもカタルーニャ語は、初等教育から大学に至るまでフランス語と同様に教えられてきた。しかし20世紀の間、カタルーニャ語は衰退し続けた(地域のその他の言語も同様であった)。

気候[編集]

地中海性気候であるため、冬は温暖で、平地での降雪は非常にまれである。夏は暑い。風、特に北西風であるトラモンターヌ(en:Tramontane)はしばしば風速が最高100km/hに達する。マリナード(marinade)と呼ばれる海風は、ピレネーゾリアンタルへ雲と雨をもたらす。晴天日は年間300日、降雨日数は年間60日である。

経済[編集]

カタルーニャのシンボル、カニグー山とブドウ畑

県経済は伝統的に農業、モモ、アプリコット、サクランボなどの果樹園を含む樹木栽培、野菜栽培(サラダ用野菜とアーティーチョークが有名)、ブドウ栽培(fr:Viticulture)が占めている。ワインの分野では、ピレネーゾリアンタルはVDNワイン(vins doux naturels、甘口のワイン)の重要な生産で名誉の誉れ高い名称、バニュルス、モーリ(Maury)、リヴサルト(Rivesaltes)、ミュスカ・ド・リヴサルトの4つで飛び抜けている。

統計[編集]

県庁所在地であるペルピニャンに県人口の約1/4が集中する(都市圏は約28万人)。人口が1万人を超えるのはカネ=タン=ルシヨンサンテステーヴサン=シプリアンアルジュレス=シュル=メールである。

相対的に60歳以上の年齢層人口が多くなっている(60歳以上の割合がフランス全土平均で21.3%のところ、ピレネーゾリアンタルでは29%)。

この高齢者人口が、出生率に対して死亡率が勝る結果を招いている。しかし、活発な転入の均衡がとれているため、数十年来一定して人口が増加している。その過ごしやすい気候から、ピレネーゾリアンタルは一部の年金生活者を惹きつけているが、彼らは一時の人口増加に貢献するものの、高齢者人口を押し上げることにもなっている。

1999年3月8日の人口の国勢調査によると、県内にある利用可能な住宅の30.9%は週末や休暇用に使われる別宅、別荘、コテジであった。

人口の増減
1801年 1831年 1841年 1851年 1856年 1861年 1866年
110.732 157.372 173.592 181.955 183.056 181.763 189.490
1872年 1876年 1881年 1886年 1891年 1896年 1901年
191.856 197.940 208.855 211.187 210.125 208.348 212.121
1906年 1911年 1921年 1926年 1931年 1936年 1946年
213.171 212.986 217.503 229.979 238.647 233.347 228.776
1954年 1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年
230.285 251.231 281.976 299.506 334.557 363.796 392.803
2006年 2007年 2011年
432.116 437.159 457.000

参照元:SPLAF[2]、2006年以降INSEE[3]2007年以降INSEE[4]

観光[編集]

1960年代、ラングドック=ルシヨン地域圏が、大勢の観光客を受け入れるための整備を行った。コート=ヴェルメイユは観光関連の建物で埋め尽くされた。カネ=タン=ルシヨン、アルジュレ=シュル=メール、サン=シプリアン、ラ・バルカレースのような海辺の観光地が有名である。多くのキャンプ場やホテルがあり、観光客は細かな砂の長い砂浜に惹きつけられる。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.cg66.fr/culture/patrimoine_catalanite/catalanite/charte.html Page sur le site web du Conseil Général
  2. ^ Fiche historique du département sur le site du SPLAF.
  3. ^ Recensement de la population au 1er janvier 2006 sur Insee
  4. ^ Évolution et structure de la population du département (de 1968 à 2007) sur Insee consulté le= 12 septembre 2010

関連項目[編集]

外部リンク[編集]