イサドール・シンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イサドール・シンガー

イサドール・シンガー(Isadore Manual Singer, 1924年 - )は、マサチューセッツ工科大学数学科の教授である。東欧系ユダヤ人の血を引く。

マイケル・アティヤとともに行ったアティヤ=シンガーの指数定理の研究でよく知られている。

彼はデトロイトで生まれ、1944年にミシガン大学から学士号を得た。1950年にシカゴ大学で博士号を取得すると、マサチューセッツ工科大学に移り、以降はそこで研究を行っている。

シンガーは全米科学アカデミーおよびアメリカ芸術科学アカデミーの会員である。また主な受賞歴に、アメリカ数学会から贈られたボッチャー記念賞(1969年)とスティール賞(2000年)や、ユージン・ウィグナーメダル(1988年)、アメリカ国家科学賞(1983年)、アーベル賞(2004年)などがある。