陳省身

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
陳省身
プロフィール
出生: 1911年10月26日
死去: 2004年12月3日
出身地: 中華民国の旗 中華民国江蘇省漣水県
職業: 数学者
各種表記
繁体字 陳省身
簡体字 陈省身
拼音 Chén Xĭngshēn
和名表記: ちん しょうしん
発音転記: チェン シンシェン
英語名 Shiing-shen Chern
テンプレートを表示

陳省身(ちん しょうしん)は中華民国アメリカ数学者エリ・カルタンを継ぐ20世紀を代表する幾何学者。

人物・来歴[編集]

1930年に南開大学卒業後、清華大学の大学院に進学。1934年にドイツハンブルク大学に留学しヴィルヘルム・ブラシュケ (en:Wilhelm Blaschke) に学ぶ。1936年に博士号を取得。その後一年間、当時最先端の微分幾何学者であったエリー・カルタンに師事し、カルタン流の幾何学をマスターする。1937年に清華大学教授に就任。1943年プリンストン高等研究所研究員、1949年シカゴ大学教授、1960年カリフォルニア大学バークレー校教授、1982年MSRI所長、1985年南開大学数学研究所所長。

教え子に野水克己シン・トゥン・ヤウ(丘成桐)がいる。

研究[編集]

ガウス・ボンネの定理の非常に簡単な証明やチャーン類の発見、チャーン・ヴェイユ理論チャーン・サイモンズ理論(近年数理物理学で特に重要な役割を果たしている)でよく知られている。それだけではなく、極小部分多様体論、積分幾何学、等長埋め込み、正則写像と値分布論、G-構造論、フィンスラー幾何学で様々な貢献がある。

受賞歴[編集]

著作[編集]

以下に邦訳著作物を挙げる。

  • 『複素多様体講義』(シュプリンガー・フェアラーク東京, 2005年, ISBN 4431710841
  • 『微分幾何学講義 リーマン・フィンスラー幾何学入門』(培風館, 2005年, ISBN 456300345X
  • 『リーマンに戻る (数学の最先端4に所収)』(シュプリンガー・フェアラーク東京, 2003年, ISBN 443171040X

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The Shaw Prize:Press Release”. The Shaw Prize (2004年5月27日). 2009年11月1日閲覧。

関連項目[編集]