ファイバー束

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ファイバー束(ファイバーそく、fiber bundlefibre bundle)とは、位相空間に定義される構造の一つで、局所的に 2 種類の位相空間の直積として表現できる構造の事である。


概要[編集]

単位円 S1線分 I = [0,1] の直積 S1 × I円柱の側面になる。円柱の側面と似たような図形にメビウスの輪がある。局所的には S1 の一部と線分 I = [0,1] の直積に見えるが、全体的には円柱と異なる図形になっている。このような局所的に直積として書けるという性質(局所自明性)を持った図形を扱うのがファイバー束の概念である。

この場合の S1底空間といい、線分 Iファイバー(繊維)という。ファイバーを底空間に沿って束ねたとき、上の例の円柱のように全体としても直積になっていれば、その全体を自明束(じめいそく)という。自明束は基本的なファイバー束ではあるが、むしろ、メビウスの輪のように自明でないファイバー束の構造がどのようになっているのかといったことが重要である。

ファイバーはただ束ねられるだけではなく、構造群と呼ばれる位相変換群に従って張り合わされる。底空間の開被覆 {U}aA があり、その 2つの元の共通部分 UaUb が空でないとき、その共通部分に立っているファイバーはどのように張り合わされるべきか?という事、すなわち、直積 Ua × FUb × F の重なり方を記述するのが構造群である。

ファイバー束の概念は、ホイットニーに始まる。ホイットニーは多様体上のベクトル場から接ベクトル空間をファイバーに持つ接ベクトル束を構成し、その一般化としてファイバー束に到達した。その後、陳省身(Shiing-Shen Chern) による研究は、ファイバー束と接続を関連させ微分幾何学を大域的理論へと導いていくことになり、ゲージ理論などの基礎も成している。また、微分幾何学に留まらず、様々な幾何学の基本的な道具となり、その適用範囲は広い。さらにファイバー束はセールヒューレッツらによってファイバー空間として一般化され、代数的位相幾何学を支える概念の一つにもなった。

定義[編集]

束(バンドル)[編集]

一点 p上のファイバー Fp

位相空間 E, B と、連続上への写像

π : EB

があるとき、E全空間(total space)、B底空間(base space)、π を射影(projection)、これらの組 (E,π,B) を(bundle) という。

(E,B,π) のような順序で書かれる場合もある。

xB に対し、 Fx = π−1(x) を x 上のファイバー(fibre, fiber) という。

以下で扱う座標束やファイバー束の場合、任意の xB に対し Fxx によらず位相空間 F と同相になる。すなわち、x,yB に対して、 FxFy は同相である。しかし、一般の束では、そのような関係は無い。例えば楕円曲面などでは、ほとんどのファイバー(非特異ファイバー)とは異なる特異ファイバーと呼ばれるファイバーがある。

座標束[編集]

U上に制限した座標束。この画像ではまばらだが、本当はどの点の上にもファイバーがあり、隙間無く並んでいる。

ここでは、座標束 {E,π,B,F,G,Uaa}aA を定義する。添字集合などを省略して (E,π,B,F,G,Uaa) などとも書く。

束 (E,π,B) と位相空間 FF効果的位相変換群 G、 底空間 B開被覆 {Ua}aA が与えられているとする。 Ua を、座標近傍(coordinate neighborhood) という。各座標近傍 Ua には同相写像

φa :Ua × F → π−1(Ua)

が存在し、任意の xUa および fF に対して

\pi \circ \phi_a(x,f) = x

を満たす。

この φa という同相写像によって Ua × F と π−1(Ua) はしばしば同一視される。座標束を説明する図を描くときも Ua × F という直積の図を π−1(Ua) とみなして説明することも少なくない。
F 上の青い点は、φa,x によって左下の Ua × F 内のファイバー Fx 上に写る。これを右下の Ub × F 内のファイバー Fx と同一視したとき、青い点が橙色の点になるとする。φ−1b,x で、橙色の点を F に戻したとき、青色の点に写るとは限らない。この変換を F 上だけで見たときに 青い点から橙色の点に写す変換が gba(x) である。

a を固定した F 上の

φa,x : F → π−1(Ua)
φa,x(f) = φa(x,f)

という写像は、 xUaUb に対して、

gba(x) : FF
g_{ba}(x)(f) := \phi_{b,x}^{-1} \circ \phi_{a,x}(f)

を導く。

ここで、 gba(x) ∈ G であり、

gba:UaUbG

は連続写像であるとし、G は位相変換群としてできるだけ要素の少ない小さいものをとるとする。

このような性質を持つ (E,π,B,G,{Uaa}aA) という組を座標束(coordinate bundle) といい、 FファイバーG構造群(structure group)、E全空間、π を射影B底空間、 φa を、座標関数(coordinate function)、 gba座標変換(coordinate transformation) という。

一般の束と違って、ファイバーは点に寄らない位相空間である。正確には、任意の xB に対し x 上のファイバー Fx が、ファイバー F と同相となっている。そして各点での座標変換が、構造群という代数的な構造によって決まっているという点も重要である。

ファイバー束[編集]

座標束をここで述べるような同値関係で分類するとファイバー束が得られる。多様体において座標近傍系を極大座標近傍系にし、座標の取り方によらない幾何学を目指したのと同様に、座標束を座標近傍 {Ua} や座標関数 {φa} のとり方によらないように分類したものがファイバー束である。つまりファイバー束を具体的に調べる際に、特定の開被覆を取って調べたりする場合、そこで調べているものは座標束ということになる。

座標近傍や座標関数の取り方の違う 2つの座標束 (E,π,B,F,G,Uaa) および (E,π,B,F,G,Vbb) があるとき、 xUaVb に対して

h_{ba}(x) := \psi_{b,x}^{-1} \circ \phi_{a,x}

が、hba(x) ∈ G となり

hba:UaVbG

が連続写像であるとき、この 2つの座標束は同値(equivalent) であるといい、この同値関係による同値類をファイバー束あるいは G 束(G-bundle) といい、 ξ = (E,π,B,F,G) と書く。 FG なども省略して、π : EB によってファイバー束を表すこともある。

この図が可換であるとき、同相写像の組 (ηEB) を束写像 という

ファイバーと構造群の等しい 2つのファイバー束

ξ1 = (E11,B1,F,G)
ξ2 = (E22,B2,F,G)

に対し、連続写像

ηE : E1E2
ηB : B1B2

があり、

 \pi_2 \circ \eta_E = \eta_B \circ \pi_1

を満たすとする。 xB1 に対し

y = ηB(x)

と書くことにすると、 ηE は、 x 上のファイバー Fxy 上 のファイバー Fy に写す。すなわち、この (ηEB) という写像は、ファイバーという構造を保存する写像である。さらに ηE が同相写像であるとき (ηEB) を束写像(bundle map) という。

ηB は ηE から条件を満たすように定まる写像と定義して、ηE の事を束写像と呼ぶこともある。

さらに底空間も等しい 2つのファイバー束

ξ1 = (E11,B,F,G)
ξ2 = (E22,B,F,G)

で ηB が恒等写像となる束写像 (ηEB) が存在するとき、この 2つのファイバー束は同値であるといい、ξ1 ≡ ξ2 と書く。

切断[編集]

Ua 上の局所断面

ファイバー束 ξ = (E,π,B,F,G) に対して、連続写像

s : BE

が、任意の xB に対し

 \pi \circ s(x) = x

を満たすとき、 s を ξ の切断(section,cross-section) あるいは、断面という。切断は必ずしも存在しない。

底空間上の点 x に対し s(x) が定まる。例えば多様体上のベクトル場であれば、多様体上の点 x に対しベクトル s(x) が対応する。逆に言えば、ベクトル場の集合がどういう空間に入っているべきかを考えたものがファイバー束(この例では多様体を底空間に持つベクトル束)である。

具体的な計算として座標束を考える時などには、座標近傍 Ua 上での切断が必要になる場合がある。同様に

sa : UaE

が、任意の xUa に対し

 \pi \circ s_a(x) = x

を満たすとき、saUa 上の局所切断(locally section,locally cross-section) あるいは、局所断面という。

ファイバー束の例[編集]

B × F を全空間とし、射影

π : B × FB

を、 xB, fF に対して π(x,f) = x となるようにしたファイバー束を自明束(trivial bundle) という。自明束は大域的にも底空間とファイバーの直積として表される。自明束の構造群は、単位元だけの G = {1} とすることができる。

S1 × [0,1] や S1 × R1 のような円柱や、自然数 m,n > 0 に対して Rm+n = Rm × Rn などのように直積で表される図形は、自明束としての構造を持つ。

局所的には円柱の側面にも見えるメビウスの輪

メビウスの輪は、底空間 B = S1、ファイバー F = [0,1] で、構造群 G は、ファイバーを反転させる変換 a を用いて G = {1,a} となる。

この場合の GZ2 と同型なにとることができる。

関連項目[編集]