森和俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
森和俊
人物情報
生誕 1958年7月7日(56歳)
岡山県倉敷市
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都大学
学問
研究分野 分子生物学 • 細胞生物学 • 生物物理学
研究機関 京都大学
主な受賞歴 受賞歴を参照。
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

森 和俊(もり かずとし、1958年7月7日 - )は、日本の生物学者薬学博士京都大学)。京都大学大学院理学研究科教授。専門は、分子生物学細胞生物学生物物理学岡山県倉敷市出身。

テキサス大学博士研究員、エイチ・エス・ピー研究所主任研究員などを経て、1999年京大助教授、2003年同教授。細胞内の小胞体で作られた不良品のたんぱく質がどのように感知され、処理されるかを明らかにした。

略歴[編集]

  • 1977年 京都大学工学部合成化学科入学
  • 1978年 京都大学薬学部製薬化学科へ転学部
  • 1981年 京都大学薬学部製薬化学科卒業
  • 1983年 京都大学大学院薬学研究科修士課程修了
  • 1985年 京都大学大学院薬学研究科博士課程中途退学
  • 1985年 岐阜薬科大学助手
  • 1987年 薬学博士(京都大学)
  • 1989年 米国テキサス大学博士研究員
  • 1993年 HSP研究所主任研究員
  • 1999年 京都大学大学院生命科学研究科助教授
  • 2003年 京都大学大学院理学研究科教授(生物科学専攻、生物物理学教室)

受賞歴[編集]

叙勲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “ガードナー国際賞に山中伸弥教授と森和俊教授”. 読売新聞. (2009年4月10日) 
  2. ^ a b c “ラスカー賞に森和俊・京大教授 細胞内の器官異常を解明”. 朝日新聞デジタル. (2014年9月9日). オリジナル2014年9月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140908162147/http://www.asahi.com/articles/ASG987KD1G98ULBJ027.html 2014年9月9日閲覧。 
  3. ^ “紫綬褒章の受章者”. 共同通信社. 47NEWS. (2010年4月28日). http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010042701000577.html 2013年1月27日閲覧。 

参照[編集]

外部リンク[編集]