ジュール・ホフマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュール・ホフマン
人物情報
生誕 1941年8月2日
ルクセンブルクエヒタナハ
出身校 ストラスブール大学
学問
研究分野 免疫学
研究機関 フランス国立科学研究センター
主な業績 自然免疫の活性化に関する発見
主な受賞歴 ノーベル生理学・医学賞
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2011年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:自然免疫の活性化に関する発見

ジュール・ホフマン(Jules A. Hoffmann, 1941年8月2日 - )はルクセンブルクフランス人[1]生物学者ストラスブール大学教授。

概要[編集]

自然免疫の活性化に関する発見」によりブルース・ボイトラーと2011年ノーベル生理学・医学賞の半分を共同受賞した[2]

ホフマンはショウジョウバエのトール遺伝子英語: Toll (gene))の免疫系における役割を発見した。哺乳類における相同遺伝子であるToll様受容体はボイトラーにより発見された。トールライクレセプターは真菌細菌といった他の生物の構成成分を特定し、免疫応答を誘発させる。これにより、例えば敗血性ショックが死亡した細菌により誘発されることが説明できる[3]

教育[編集]

ホフマンは化学と生物で学位を取得し、1969年ストラスブール大学にて生物学Ph.D.を取得した。大学院修了後、1973年から1974年にかけてドイツマールブルクフィリップ大学マールブルクにて学ぶ。

研究[編集]

1964年から1968年にかけてフランス国立科学研究センターにてリサーチアシスタントを務め、1969年に助手(research associate)となる。1974年にはResearch Directorに就任。1978年から2005年まで、フランス国立科学研究センターの「昆虫の免疫応答と発育(Immune Response and Development in Insects)」研究部門の責任者を務め、また、1993年から2005年までストラスブール 国立科学研究センター分子細胞生物学研究所の責任者を務めた。

ホフマンはレオポルディナ科学アカデミー英語: German Academy of Sciences Leopoldina)、フランス科学アカデミー欧州学士院英語: Academia Europaea)、欧州分子生物学機構アメリカ芸術科学アカデミーロシア科学アカデミーの会員である。

2007年にはフランス科学アカデミー議長に就任した。

受賞歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]


前任:
ジャクリーヌ・ド・ロミイー
アカデミー・フランセーズ
席次7

第19代:2012年 - -
後任:
-