ソール・パールマッター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソール・パールムッター
人物情報
生誕 1959年9月22日(54歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 ハーバード大学
カリフォルニア大学バークレー校
学問
研究分野 宇宙物理学
研究機関 ローレンス・バークレー国立研究所
カリフォルニア大学バークレー校
主な業績 宇宙の加速膨張の発見
主な受賞歴 ショウ賞天文学部門(2006年)
アルベルト・アインシュタイン・メダル(2011年)
ノーベル物理学賞(2011年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2011年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:遠方の超新星の観測を通した宇宙の加速膨張の発見

ソール・パールムッター(Saul Perlmutter, 1959年9月22日 - )はアメリカ合衆国天体物理学者ローレンス・バークレー国立研究所カリフォルニア大学バークレー校教授。イリノイ州生まれ。宇宙の加速膨張の観測に関する研究で、2011年ノーベル物理学賞受賞。父は、ペンシルバニア大学の名誉教授(化学・生体分子工学)のダニエル・D・パールマッター[1]

来歴[編集]

パールマッターは、1959年にアシュケナージ系ユダヤ人の家庭に生まれ、幼少期はマウント・エアリーで過ごした。1981年にハーバード大学を卒業し、1986年にはカリフォルニア大学バークレー校から博士号(物理)が与えられた[2]。Richard A. Mullerのもとで書いた博士論文は、後の研究成果に大きくつながることとなり、1968年ノーベル物理学賞受賞者のルイス・ウォルター・アルヴァレズなどと研究を共にする機会を得た[3][4]

パールマッターは、ローレンス・バークレー国立研究所の超新星宇宙論プロジェクトの代表者であり、シュミット等が率いるHZTプロジェクトと同様に、Ia型の超新星に関する研究を行っていた。1998年に発表した研究成果により、ブライアン・P・シュミットアダム・リースと共に、2011年にノーベル物理学賞を受賞した[5]

賞歴[編集]

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]