コンスタンチン・ノボセロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンスタンチン・ノボセロフ ノーベル賞受賞者
人物情報
生誕 1974年8月23日(40歳)
ソビエト連邦 ロシア連邦共和国 ニジニ・タギル
居住 イギリス
市民権 ロシアおよびイギリス
国籍 ロシアおよびイギリス
出身校 モスクワ物理工科大学
ナイメーヘン大学
学問
研究分野 固体物理学
研究機関 マンチェスター大学
博士課程
指導教員
Jan Kees Maan, アンドレ・ガイム
主な業績 グラフェンの研究
主な受賞歴 ノーベル物理学賞 (2010)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

コンスタンチン・ノボセロフ (コンスタンチン・セルゲーエヴィチ・ノヴォショーロフ : Константин Сергеевич Новосёловロシア人;1974年8月23日 - )はイギリス在住のロシア人物理学者である。アンドレ・ガイムとのグラフェンの研究で有名である。この研究で両人は2010年ノーベル物理学賞を受賞した [1]

ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2010年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:二次元物質グラフェンに関する革新的実験

現在は王立協会の研究員として、マンチェスター大学のメゾスコピック研究グループの一員となっている。 [2][3] ノボセロフはERC Starting Grantをヨーロッパ研究評議会からもらっている [4]

生い立ち[編集]

ノボセロフは1974年、ニジニ・タギルでロシア人の家庭に生まれた [5]。 モスクワ物理工科大学を卒業した。PhD研究をオランダのナイメーヘン大学で行った。2001年にドクトラルアドバイザーだったアンドレ・ガイムとマンチェスター大学に移動した。現在ロシアとイギリスの市民権を所持している[6][7]

研究論文[編集]

ノボセロフは60以上の査読付研究論文を発表している。 メゾスコピック超伝導(ホール磁場測定), [8] 磁壁の素粒子的運動 [9] ヤモリテープの発明 [10]、 グラフェン [11] などである。

受賞[編集]

  • ヨーロッパ物理学会賞。"単一で独立の炭素原子層(グラフェン)の発見とその特筆すべき電気特性の解明"[12]
  • 2010年ノーベル物理学賞。アンドレと共同受賞。"二次元物質グラフェンにかかわる先駆的な実験"[1]。ノボセロフは1973年のブライアン・ジョセフソン以来、最も若いノーベル物理学賞受賞者である。

参照[編集]

  1. ^ a b Announcement of the 2010 Nobel Prize in Physics”. The Nobel Foundation (2010年10月5日). 2010年10月5日閲覧。
  2. ^ fellow Konstantin Novoselov”. The Royal Society. 2010年10月5日閲覧。
  3. ^ Dr. Kostya Novoselov”. University of Manchester, Mesoscopic Research Group. 2010年10月5日閲覧。
  4. ^ “Nobel Prize in Physics goes to ERC grantee Prof. Konstantin Novoselov”, European Research Council, (5 October 2010), http://erc.europa.eu/pdf/Press_Release_Nobel_Prize_2010_ERC_Grantee.pdf .
  5. ^ “Physics Nobel Honors Work on Ultra-Thin Carbon Film”, New York Times, (5 October 2010), http://www.nytimes.com/2010/10/06/science/06nobel.html?src=me .
  6. ^ “Graphene pioneers bag Nobel prize”, Physics World, (5 October 2010), http://physicsworld.com/cws/article/news/43939 
  7. ^ The 2010 Nobel Prize in Physics - Press Release, (5 October 2010), http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/physics/laureates/2010/press.html 
  8. ^ A. K. Geim et al. (2000). “Non-Quantized Penetration of Magnetic Field in the Vortex State of Superconductors”. Nature 406. 
  9. ^ K. S. et al. (2003). “Subatomic Movements of a Domain Wall in the Peierls Potential”. Nature 426: 812–816. doi:10.1038/nature02180. 
  10. ^ A. K. Geim et al. (2003). “Microfabricated Adhesive Mimicking Gecko Foot-Hair”. Nature Materials 2: 461–463. doi:10.1038/nmat917. 
  11. ^ A. K. Geim, K. S. Novoselov (2007). “The Rise of Graphene”. Nature Materials 6: 183–191. doi:10.1038/nmat1849. 
  12. ^ Waters, Darren (2008) Nano switch hints at future chips”. BBC News. 2010年10月5日閲覧。

外部リンク[編集]