赤崎勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
赤﨑勇から転送)
移動: 案内検索
本来の表記は「赤﨑勇」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

赤﨑 勇(あかさき いさむ、1929年1月30日 - )は、日本の工学者鹿児島県出身。鹿児島県立第二鹿児島中学校および京都大学理学部化学科卒業。松下電器産業東京研究所基礎研究室長、名古屋大学教授、名城大学教授等を経て、現在は名城大学終身教授、名古屋大学特別教授。工学博士(名古屋大学)。文化勲章受章者、文化功労者

窒化ガリウム (GaN) の結晶化に関する技術を開発し、世界初の高輝度青色発光ダイオード(青色LED)を実現させたことで有名である。青色LED関連の特許料を建設費の一部に用いて、名古屋大学東山キャンパス内に赤﨑記念研究館が建設され、2006年10月20日に開館した。

現職[編集]

略歴[編集]

主な業績[編集]

  • 低温堆積緩衝層技術による高品質GaN結晶の作製に成功(1986年
  • p型GaNの結晶化に成功し、GaNのpn接合による青色発光ダイオードを実現(1989年
  • GaNからの室温における紫外光誘導放出に成功(1990年
  • GaN/GalnN量子井戸電流注入誘導放出の観測に成功(1995年

受賞歴[編集]

栄典[編集]

著書・編著[編集]

  • 電気・電子材料(1985年9月、朝倉書店
  • III-V族化合物半導体(1994年5月、培風館
  • 青色発光デバイスの魅力―広汎な応用分野を開く(1997年4月、工業調査会
  • III族窒化物半導体(1999年12月、培風館)

参考資料[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中日文化賞:第41回-第50回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月26日閲覧。
  2. ^ 朝日賞:過去の受賞者”. 朝日新聞. 2009年11月4日閲覧。
  3. ^ 赤﨑勇教授に日本人2人目のエジソン賞名城大学プレスリリース
    赤崎勇氏にエジソン賞=日本2人目、青色LEDで貢献時事通信