フランソワ・アングレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランソワ・アングレール
フランソワ・アングレール(2007)
人物情報
生誕 François Englert
1932年11月6日(81歳)
ベルギーの旗 ベルギーブリュッセル
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
学問
研究分野 物理学
理論物理学
天体物理学
宇宙論
主な業績 ヒッグス粒子
主な受賞歴 受賞歴の節を参照
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2013年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:質量の起源の理解につながる機構の発見

フランソワ・アングレールFrançois, Baron Englert1932年11月6日 - )は、ベルギー出身の理論物理学者ブリュッセル自由大学(ULB)名誉教授2013年ノーベル物理学賞受賞。

来歴[編集]

ブリュッセルエテルベーク生まれ。ユダヤ系の家系に育ったホロコースト生還者である。

1955年ブリュッセル自由大学(ULB)で電気工学を専攻し卒業。1959年にPh.D.物理学専攻)を取得。1959年にコーネル大学ロバート・ブロウト研究室で研究員(1959年 - 1960年)/助教授(1960年 - 1961年)として学ぶ。1961年にULB講師(1961年 - 1964年)、1964年から1998年までULB教授(1980年から1998年まで理論物理学科主任教授)。1984年にテルアビブ大学物理天文学術院シャッカ講座教授、1998年からULB名誉教授。2011年からチャップマン大学英語版量子力学研究所特別招聘教授。

業績[編集]

1964年、素粒子が質量を持つ仕組みを説明した理論を発表。同年、ピーター・ヒッグスが「ヒッグス粒子」の存在を予言する論文を発表した。2012年7月、欧州合同原子核研究機構(CERN)の研究チームがヒッグス粒子の存在を確定する論文を発表。ヒッグス粒子の存在が認められたことで、宇宙の仕組みの解明や生命の誕生に関する研究が進むと期待される。2013年10月8日、スウェーデン王立科学アカデミーはアングレールとヒッグスの両氏に2013年ノーベル物理学賞を授与すると発表した。

受賞歴[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]