ブリュッセル自由大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブリュッセル自由大学英語: Free University of Brussels)とは、ベルギーブリュッセルにあった大学である。1969年オランダ語ブリュッセル自由大学フランス語ブリュッセル自由大学に分裂して消滅した。その分裂した二つの大学同士での連携は今でも行われている。

歴史[編集]

オランダからのベルギー独立革命1830年に起こった時、その革命を起こした九つの州には三つの大学、ゲント大学リエージュ大学ルーヴェン大学、しか無かった。つまり、ブリュッセルがベルギーの首都として確立していったにも関らず、ブリュッセルには大学が無かったのである。このため、翌1831年、ブリュッセルのフリーメイソンの芸術、科学、教育分野のグループは市に大学を作る事にした。欧州で最もリベラルな憲法は州立大学にするか私立大学にするかの選択の余地を作った、結局後者にはならなかったが。

既にある三大学の財政的負担がとても重い事に気付いた政府は、更にもう一つの州立大学に対して消極的姿勢を見せた。しかし、1834年に主教がメヘレン・カトリック大学の設立を決定すると、ピエール・テオドール・ヴェルハーレンオーギュスト・バロンを中心としたフリーメイソンや知識階級はブリュッセルに大学を作る計画を進展させ、同年11月20日に開校した。この日は現在でも聖ヴェルハーレンの日として祝日になっている。

1935年にはフランス語とオランダ語両方で教えられる分野が出来、1963年には全ての学部、分野で二言語対応をした。その直後の1968年ルーヴェン・カトリック大学が言語分裂を起こすと、翌1969年10月にはこの大学も二つの異なる大学に分裂した。1970年5月28日には公式に二つの別れた大学となった。

また、この大学のフットボールチームは1900年パリオリンピックサッカー競技で銅メダルを獲得している。