ベルギー独立革命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1830年のベルギー革命のエピソード、ブリュッセルのMuseum voor Oude Kunsten所蔵。1834年Egide Charles Gustave Wappersの作品

ベルギー独立革命(ベルギーどくりつかくめい、フランス語:Révolution belge、オランダ語:Belgische Revolutie、ドイツ語:Belgische Revolution)は、1830年8月に生じたブリュッセルでの反乱に始まる、ベルギーネーデルラント連合王国からの独立戦争を指す。ベルギーが国民国家としてだけでなく、ローマ・カトリックの国家としての独立を得るためのものであった。ネーデルラント(オランダ)王ヴィレム1世は、1839年ロンドン条約で列強による圧力をかけられるまでは、ベルギーを国家として認めることを拒否していた。

ネーデルラントは1813年ナポレオンの支配から脱却。1814年の英蘭条約では「ネーデルラント連合州」「ネーデルラント連合」の名前が使用された。1815年のナポレオンのワーテルローでの敗北後、ウィーン会議オラニエ=ナッサウ家の王国を成立させた。その王国は、旧ネーデルラント連合州(ネーデルラント連邦共和国)と旧オーストリア領ネーデルラントを結合させ、フランスの北に緩衝地帯となる強力な国を作ることを目的としていた。ネーデルラントがナポレオンにより支配されていた間にイギリスが接収した、オランダの植民地セイロンケープ植民地をそのまま領有する代償に、新しいネーデルラントの王国はこの南の諸州を手に入れた。ネーデルラント連合王国と呼ばれる連合は、16世紀の王家による所有という形を取ったが、これは19世紀においては十分に機能しないことを示してしまった。

革命の原因[編集]

ベルギーの独立革命には多くの要因が存在した。主に、ネーデルラント連合王国のオランダ人に支配されることになったフランス語を話すワロン人への取り扱いや、カトリックのベルギーとプロテスタントのオランダという宗教の違いが主に挙げられる。

しかし最も大きな要因は、経済的、政治的、連合州の社会施設全てにおいてオランダ人による支配が行われていたことである。伝統的な交易による経済と初期の産業革命は、現在のオランダ、特にアムステルダム港が中心となっていた。それに対しベルギーはこの経済的効果を少ししか受けず、オランダの支配に不満を隠せなかった。また工業発展が遅れていたベルギーでは、関税による農産物保護を要求していたが、基本的にオランダは自由貿易を行っていた。そのためパンの価格は安くても、そのパンはバルト海地域からアントウェルペンの華やかな港を通して輸入された小麦から作られており、ベルギーの穀倉地帯の農業を不景気にした。

また、オランダ人の州がネーデルラント連合王国の選挙で選ばれた下院の多数を占めており、ベルギー人は自分たちの意見が十分に反映できていないと感じていた。その上ヴィレム1世王がオランダ人でありオランダに住んでいるという点、大きな自治権を求めるベルギーの要求を無視した事実から、政治的に抑圧されていると感じていた。なおブリュッセルには父のヴィレム1世より進歩的で人当りの良いヴィレム王子(後のヴィレム2世)が住んでいた。とはいえ、彼は上流階級の間ではいくらかの人気はあったが、ワロン人の農民と労働者には人気が無かった。

独立革命の別の要因は、先にも挙げたベルギー人の大半がローマ・カトリック教徒であることにあった。これは、オランダ王のカルヴァン主義と対立するものであった。今日でもネーデルラントにはたくさんのローマ・カトリックの寺院が存在するが、ベルギー人は純粋なカトリック教徒でありたいとし、自分たちの政府が教会やカトリックにおいてより高い役割であることを求めていた。ある意味で、ベルギーの独立革命は、オランダにおける主導権をワロン人における主導権に置き換えた、フランス語を話す上流もしくは中流階級のワロン人の革命であった。

1830年のベルギー独立革命は、フランス語を使う者に都合の良い取り決めにより、この対立をはっきりと示した。フランス語は正式な言葉となり、オランダ語は学校から廃止された。郵便切手は"Belgique-België"と記載されていたが、ベルギーの民法は1967年までオランダ語に翻訳されなかった。重工業はワロン地方に集中した。次の世紀にかけて、フランデレン人はベルギー国内で、平等な権利を主張し、1980年の連邦憲法となった。それは教育と社会において地方自治に多くの権限を与えた。全てのこれらの発展は、ベルギーの独立革命にその起源があると考えられている。

オペラ座の反乱[編集]

カトリック教徒の一団は、フランスにおける七月革命の展開を興奮と共に見ていた。その革命の詳細は新聞によりすばやく報道されていた。その様な状況の元、ベルギーでの反乱のきっかけは1830年8月25日の夜の暴動であった。これは、ダニエル・オベールによる感動的で愛国心を刺激するオペラ「ポルティチの啞娘」(La Muette de Portici)の上演によって生じた。このオペラのストーリーは、17世紀のナポリで起こったスペイン人の総督に対するマサニエッロの反乱を題材にしたもので、観客の愛国心に火をつけた。テノール歌手のアドルフ・ノリットの"Amour sacré de la patrie"(「祖国への神聖なる愛」)の二重唱は革命のきっかけとなった暴動を引き起こした。群衆は公演が終了した後、愛国的な声をあげながら通りに押し寄せ、素早く政府の建物を占領してしまった。

愛想がよく穏健なヴィレム王太子はブリュッセルを統治していたが、ベルギーとオランダ、南北の分割統治がこの危機を解決する唯一の現実的な方法であることを、全国三部会によって把握していた。しかしヴィレム1世は王太子が提案した解決策の条件を拒絶し、力ずくで治安を回復しようとした。

しかし、フレデリック王子指揮下の王国軍は9月23日から26日の「血の市街戦」でブリュッセルを占領することができなかった。9月26日には臨時政府がブリュッセルにおいて設立され、10月4日には独立宣言が行なわれた。11月には国民会議がブリュッセルで開かれた。1831年2月7日に、ベルギーの憲法の制定が行なわれた。

ヌムール公ルイ(フランス王に即位したルイ・フィリップの次男)がベルギーの王冠を受けることを拒否した後、シュルレ・ド・ショキエ(Surlet de Chokier)が、1831年2月25日にベルギーの摂政に任命された。ショキエは、1831年7月21日にベルギーの王としてレオポルド1世が宣誓を行なうまで、摂政を務めた。

十日戦争[編集]

1831年8月2日から8月12日まで、オランダ王子たちの指揮下のオランダ軍は、世に言われる「十日戦争」でベルギー侵攻を行い、ハッセルト(Hasselt)とルーヴェンの近くでベルギー軍を破った。ジェラール(Gérard)将軍指揮下のフランス軍の出現は、オランダ軍の前進を停止させたものの、最初の勝利はその後の交渉においてオランダを有利な立場においた。しかしヴィレム1世は1839年まで頑固に戦争を続けた。

ヨーロッパの列強[編集]

ウィーン体制発足時には協調していたかに見えたヨーロッパ列強は、独立運動の高まるベルギーに対して一致した対応ができなかった。1830年11月に開催されたロンドン会議において、ベルギーの独立を否定したのはロシア・プロイセンの二国にとどまり、ルイ・フィリップ下のフランス、パーマストン政権のイギリスのみならず、メッテルニヒ政権のオーストリアまでが、ベルギーの主張を支持した。(ただし、フランスはベルギーの一部を領土に組み込もうとも意図していたし、イギリスはそれを牽制しつつ自国の市場拡大をもくろみ、オーストリアもイタリア情勢に奔走していてベルギー問題に関われなかったというように、各国ごとの目論見は異なっていた。)12月20日にイギリスのパーマストン主導で議定書が成立し、ベルギーの独立が承認された。これに対してオランダは軍事行動を起こしてベルギー独立を認めなかったが、ヨーロッパ列強でオランダ政府を支援するために軍を派遣した国はなかった。逆にフランスはベルギーを軍事的に支援し、オランダは休戦を余儀なくされた。

ベルギー独立[編集]

ブリュッセルの臨時政府は、1830年10月4日ネーデルラント連合王国の政府に対して反乱を起こし、ベルギーの独立国家の建国を宣言した。1830年12月20日、ヨーロッパの列強はネーデルラント連合王国からのベルギーの「事実上」の独立を認めた。しかし1839年4月19日、ヨーロッパの列強(オランダを含む)がロンドン条約に調印するまで、独立は完全には認められなかった。この条約によって、ウェスト=フランデレンオースト=フランデレンブラバントアントウェルペンエノーナミュールリエージュ、同様にルクセンブルク大公国の半分(リュクサンブール州)とリンブルフの半分(リンブルフ州)から構成される部分を、独立した中立国であるベルギーと認めた。

しかしオランダ軍はマーストリヒトを確保していた。その結果、オランダはリンブルク公国とその大きな炭田の東半分を保持し続けた。

レオポルド1世の国王即位[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 森田安一編 『新版世界各国史14 スイス・ベネルクス史』 山川出版社、1998年
(「ヨーロッパの列強」の節のみ、上記文献に基づき英語版からの翻訳内容を訂正)

外部リンク[編集]