ベルギー領コンゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルギー領コンゴ
Colonie du Congo belge(フランス語)
Belgisch-Kongo(オランダ語)
コンゴ自由国 1908 - 1960 コンゴ民主共和国_(レオポルドヴィル)
カタンガ州
カタンガ共和国
南カサイ州
南カサイ鉱山国
ベルギー領コンゴの国旗 ベルギー領コンゴの国章
(国旗) (国章)
ベルギー領コンゴの位置
公用語 フランス語オランダ語
首都 レオポルドヴィル
ベルギー王国国王
1908年 - 1909年 レオポルド2世
1909年 - 1934年 アルベール1世
1934年 - 1951年 レオポルド3世
1951年 - 1960年 ボードゥアン1世
総督
1908年 - 1912年 ワイス男爵
1912年 - 1916年 フェリクス・フックス
1916年 - 1921年 ウジェーヌ・アンリ
1946年 - 1951年 ウジェーヌ・ユンゲルス
1958年 - 1960年 アンリ・コルネリ
人口
1950 12,184,000人
1960 15,451,000人
変遷
成立 1908年11月15日
独立 1960年6月30日

ベルギー領コンゴはかつて存在したベルギー植民地。現在のコンゴ民主共和国を領域とする。ベルギー国王レオポルド2世が、その私領コンゴ自由国の支配権をベルギー政府に委譲する1908年11月15日からコンゴ民主共和国が独立する1960年6月30日まで存在した。

1908年から1950年代[編集]

レオポルド2世はコンゴに対する圧政により厳しい国際的非難を浴びコンゴの支配権を放棄した。コンゴはベルギー議会が1907年11月28日に、国王が次の年の9月に調印した条約によりベルギーに併合された。コンゴはボマに駐在する総督と何人かの副総督によって統治されることになった。ブリュッセルには植民地大臣を議長とする植民地評議会がおかれコンゴに対する支配を監督した。植民地評議会は14名の委員で構成され、うち3名は上院によって、8名は下院によって、3名は国王によって任命された。コンゴは15の行政区画に分割され、予算は毎年ベルギー議会によって審議された。

ベルギー領コンゴの成立によりコンゴの状況は画期的に改善された。教会の勢力拡大にともなって、いくつかの民族言語をまぜあわせた共通語が広められ、それが今日のリンガラ語となった。植民地政府は鉄道、港湾、道路、鉱山、農園、工業団地などの建設を伴う経済再編成を推進した。コンゴの教育はカトリック教会プロテスタント等により担われた。初等教育は普及率が高かったが、高等教育は乏しかった。教育内容はキリスト教やヨーロッパの価値観を反映したものであった。

1955年にルルアブールにある公安軍の軍事学校を視察するベルギー王ボードゥアン1世

参考文献[編集]