イギリス領セイロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリス領セイロン
British Ceylon
キャンディ王国 1815年 - 1948年 セイロン (ドミニオン)
イギリス領セイロンの国旗 イギリス領セイロンの国章
(国旗) (国章)
国の標語: 女王陛下万歳
イギリス領セイロンの位置
公用語 英語(公式)
シンハラ語タミル語
首都 コロンボ
国王
1815年 - 1820年 ジョージ3世
1936年 - 1948年 ジョージ6世
総督
1798年 - 1805年 フレデリック・ノース英語版
1805年 - 1811年 トーマス・メイトランド英語版
1812年 - 1820年 ロバート・ブラウンリッグ英語版
1944年 - 1948年 Henry Monck-Mason Moore英語版
面積
65,610km²
人口
1881年 2,759,700人
1891年 3,007,800人
1901年 3,565,900人
1931年 5,306,400人
1946年 6,657,300人
変遷
キャンディ条約英語版 1815年3月5日
独立英語版 1948年2月4日
通貨 Ceylonese rixdollar英語版 1815年 - 1828年
英ポンド (1825年 - ?)
セイロン・ルピー

イギリス領セイロン英語: British Ceylon)は、1815年から1948年までスリランカに存在したイギリス植民地首都はスリランカ西海岸のコロンボ。成立当初内陸のキャンディ王国保護国であり、領土に含まれていなかった。しかし1817年以降はセイロン島の全域をその支配下においた。

歴史[編集]

フランス革命戦争によりオランダ本国がフランスに占領されその支配下に入ると、イギリスは海外のオランダ植民地を攻撃した。スリランカに存在したオランダ領セイロンもその対象となり、1796年には全拠点が陥落、1802年アミアンの和約ならびに1815年ウィーン会議で正式にイギリスへと割譲された。

イギリスは次いで内陸に残るキャンディ王国の攻略を図り、1815年キャンディ条約英語版でこれを保護国とした。1817年ウバ州での反乱鎮圧後キャンディ王国はイギリスに併合され、ここにスリランカ全土のイギリス支配が確立することとなる。

イギリス統治下ではこれまで西洋の支配が及んでいなかった内陸部についても測量道路鉄道の建設が行われ、農作物の輸送や軍の移動が効率化された。[1] また、高地地域に紅茶プランテーションの労働力としてインド・タミルが連れてこられたのもこの時代である。イギリス統治下では少数派のタミル人を優遇する分割統治が行われた。

第二次世界大戦後の1948年、前年に独立したインドパキスタンに続き、英連邦王国自治領(実質的な独立国)セイロンとして独立した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Sujit Sivasundaram, "Tales of the Land: British Geography and Kandyan Resistance in Sri Lanka, c. 1803-1850," Modern Asian Studies (2007) 41#5 pp 925-965.

外部リンク[編集]