ニューヘブリディーズ諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニューヘブリディーズ諸島(ニューヘブリディーズしょとう、英語: New Hebridesヌーベルゼブリード諸島フランス語: Nouvelles-Hébridesとも[1])は南太平洋バヌアツの主要部を構成する諸島。バヌアツの独立前の呼称でもある。この名は、スコットランド西方のヘブリディーズ諸島に由来する。メラネシアソロモン諸島の南東方に連なる[2]

1606年ペドロ・フェルナンデス・デ・キロスが到達しており、18世紀にはジェームズ・クックも一時上陸している。1887年イギリスフランスの両海軍管下となり、1906年に両国の共同統治領となった。この共同統治は、1980年にバヌアツが独立するまで継続した。

諸島は南北方向に分布しており、東経168度付近、南緯15度から20度にかけて分布する。主島は面積約3,956平方キロメートルで諸島最大のエスピリトゥサント島であり、次いでマレクラ島エファテ島エロマンガ島アンブリム島タナ島などが存在する[2]火山活動によって形成された島が多いが、すでに火山活動は停止しており、海岸部にはサンゴ礁が発達している。火山であったことから、島の標高も高く、エスピリトゥサント島のタブウェマサナ山は標高1,878mとなっている。

熱帯雨林気候であり、諸島の7割が森林に覆われている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『コンサイス地名辞典 外国編』、三省堂、1977年7月、PP712-713。
  2. ^ a b 『コンサイス地名辞典 外国編』、三省堂、1977年7月、P706。

関連項目[編集]