セイロン (ドミニオン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セイロン自治領
Dominion of Ceylon
イギリス領セイロン 1948年 - 1972年 スリランカ
セイロンの国旗 セイロンの国章
セイロンの国旗 セイロンの国章
セイロンの位置
公用語 シンハラ語タミル語英語
首都 コロンボ
国王
1948年 - 1952年 ジョージ6世
1952年 - 1972年 エリザベス2世
首相
1947年10月14日 - 1952年3月22日 ドン・セーナーナーヤカ
1952年3月26日 - 1953年10月12日 ダッドリー・セーナーナーヤカ
1953年 - 1956年 ジョン・コテラワラ
1956年 - 1959年9月26日 ソロモン・バンダラナイケ
1960年7月21日 - 1965年3月27日 シリマヴォ・バンダラナイケ
1970年5月29日 - 1972年5月22日 シリマヴォ・バンダラナイケ
変遷
独立 1948年2月4日
JVPによる武装蜂起が発生 1971年
共和制移行 1972年5月22日

セイロン(Dominion of Ceylon)は、現在のスリランカに存在した立憲君主制国家英連邦王国)。ドミニオンと呼ばれるイギリス連邦の自治国(自治と訳されるが、実質的な独立国)であり、1972年の共和制移行によって消滅した。

概要[編集]

第二次世界大戦の結果、世界帝国として君臨したイギリス帝国の国力は衰え、イギリス領インド帝国の独立機運が高まった。しかし、異なる民族や宗教の壁は、統一国家としての独立を困難なものとした。とりわけイスラム教徒ヒンドゥー教徒の対立は深刻で、インドパキスタン分離などの形で問題が顕在化した。

1947年8月15日、ヒンドゥー教徒多数派地域がインド連邦を名乗り、イギリス国王を元首に戴く英連邦王国として独立した。それを受けて、イスラム教徒多数派地域はパキスタンとして分離独立した。島嶼であり、仏教徒多数派地域であるセイロンは、ビルマとともにイギリス領に残ったが、翌1948年2月4日英連邦王国の一国として独立した。1960年にはシリマヴォ・バンダラナイケが世界初の女性首相に就任した。

末期の1971年にはスリランカ人民解放戦線による武装蜂起未遂が起きるなど混乱が発生した。1972年5月22日共和制へ移行し、国名をスリランカ共和国に改称した。

関連項目[編集]