イギリス連邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリス連邦
Commonwealth of Nations
Headquarters
(かつ最大の都市)
公用語 英語
メンバー #加盟国の一覧
首脳
 -  Head of the Commonwealth エリザベス2世
 -  Secretary-General en:Kamalesh Sharma
 -  Chairperson-in-Office ジュリア・ギラード
成立
 -  バルフォア報告書 1926年11月18日 
 -  ウェストミンスター憲章 1931年12月 
 -  ロンドン宣言 1949年4月28日 
面積
 -  総計 31,462,574 km2 
12,147,768 sq mi 
人口
 -  2005年推計 2,100,000,000 
 -  人口密度 61.09/km2 
158.2/sq mi
ウェブサイト
thecommonwealth.org
イギリス連邦

イギリス連邦(イギリスれんぽう、: Commonwealth of Nations、旧名 British Commonwealth)は、かつてのイギリス帝国(大英帝国)がその前身となって発足し、イギリスとその植民地であった独立の主権国家から成る、緩やかな国家連合(集合体)である。英連邦(えいれんぽう)、コモンウェルスthe Commonwealth)ともいう。

概要[編集]

もともとの名称は「ブリティッシュ・コモンウェルス(British Commonwealth)」であった。これは日本語で「イギリス連邦」と訳し得るため、現在でもこのように呼ぶことが多いが、1949年以降は「コモンウェルス・オブ・ネーションズ(Commonwealth of Nations)」が正式名称となっており、直訳するならば「諸国連邦」となる。イギリスなどにおいて定冠詞付きで「コモンウェルス(the Commonwealth)」というと、一般的にはこのイギリス連邦を指すことが多い。「連邦」というが、連邦国家ないし連合国家ではなく、中央政府を有しない国家連合である。類似する国際組織としては、フランコフォニー国際機関ポルトガル語諸国共同体オランダ語連合独立国家共同体がある。

イギリス国王を自国の国王に擁く人的同君連合である英連邦王国も加盟国に含まれるが、独自の君主や大統領を元首に擁く国家も多数存在し(後述)、旧イギリス帝国に由来する連合としては最も広範かつ緩やかなものである。

しかし、1971年に締結されたUK、オーストラリア、ニュージーランド、マレーシア、シンガポール5ヶ国間の英連邦5ヶ国条約にみられるように、英連邦構成国間で緊密な防衛協力が行われているのも現実であり、その生命力には無視できないものがある[1]

発足[編集]

1931年、イギリス議会におけるウェストミンスター憲章: Statute of Westminster)において、イギリス国王に対する共通の忠誠によって結ばれた、それぞれが主権をもつ対等な独立国家の自由な連合体と定義され、イギリス、アイルランド自由国(のちに脱退)、カナダニューファンドランド(のちにカナダの1州となる)、オーストラリアニュージーランド南アフリカ連邦をメンバーとして発足した。この時点では旧来のドミニオンの連合に過ぎず、白人自治領の連合体としての性格を持っていた。

その後、1947年インドおよびパキスタンが独立したことで白人連合としての性格が消滅し、さらに1950年にインドが共和制をとった際、連邦へのインドの残留を認めたために、以後「イギリス国王に対する共通の忠誠」は連合体の必要条件から除外されることとなり、同君連合以外の国家も連邦参加が可能となった[2]

独立主権国家連合[編集]

1971年に、「民族の共通の利益の中で、また国際的な理解と世界平和の促進の中で、協議し、協力する自発的な独立の主権国の組織である(コモンウェルス原則の宣言前文)」と再定義され、ゆるやかな独立主権国家の連合となった(連邦国家ではない)。

高等弁務官[編集]

加盟国同士では、通常の国対国のように特命全権大使を交換せず、「高等弁務官」を外交使節長として、大使館のかわりに高等弁務官事務所を置いている。これは、大使が国家元首の代理、およびその大使の駐在先を大使館として呼ぶことが、同君連合にあたる諸国間では不適当であったためだが、加盟国の中でイギリス国王を君主としなくなった国においても、伝統的にこの名称が使われている。

連邦市民権[編集]

イギリスは加盟国国民に国政および地方選挙における選挙権および被選挙権を認めている。また加盟国国民には査証発給(免除)やワーキング・ホリデーに関する優遇措置がある。さらに自国の在外公館が置かれていない英連邦外の国において、イギリスの在外公館による援護を受けることができる。これらの特典は連邦市民権英語版: Commonwealth Citizenship)と称される。ただし連邦市民権は互恵的なものではなく、加盟国国民に対する待遇は加盟国によってまちまちである。

加盟希望国[編集]

イエメンパレスチナ自治政府イスラエル自治領ヨルダン河西岸及びガザ地帯)、南スーダンなどの国や地域が、加盟を要望している。また、2000年代初頭の時点ではルワンダ(旧ベルギー領)も加盟を要望していた(2009年に正式加盟)。

英連邦首脳会議[編集]

加盟国の政府の長(首相または大統領)は西暦の奇数年に会議を行う。前身は以下のとおり[3]

加盟国の国家元首[編集]

加盟国には、国家元首として独自の大統領君主を置く国と、イギリス国王(現在は女王エリザベス2世)を元首たる国王とする国(英連邦王国)とがある。後者では、国王から任命された総督が国王の役割を代行している。カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどがこの事例に含まれる(詳細は現在の英連邦王国を参照)。

共通語としての英語[編集]

モザンビーク(旧ポルトガル領、公用語ポルトガル語)を除くほとんどの国では、英語を公用語かそれに準じる言語としている。ルワンダはベルギー統治時代以降、フランス語を公用語としてきたが、ルワンダ紛争後に英語が公用語に追加された。

交通[編集]

世界的には右側通行が多くを占めているが、英連邦やイギリスの影響が強い国では左側通行が大半を占める(それ以外では日本タイインドネシアなど)。

文化[編集]

加盟国や旧加盟国ではイギリス本国の影響で、食文化では紅茶を飲む習慣、スポーツではラグビークリケットなど、元々現地には無かった文化が導入され定着している。

またコモンウェルスゲームズと呼ばれる加盟国によるスポーツ大会も行われている。

加盟国の一覧[編集]

国名の表記は、国の一覧と同じ。括弧内は、特記なき限り、加盟年。現在の加盟国数は、イギリスを含め52ヶ国。太字英連邦王国

ヨーロッパ[編集]

アジア[編集]

北アメリカ[編集]

南アメリカ[編集]

アフリカ[編集]

オセアニア[編集]

非加盟国[編集]

元加盟国[編集]

かつてイギリスの支配下にあった非加盟国および地域[編集]

関連項目[編集]

参照元[編集]

  1. ^ Encyclopaedia Britannica
  2. ^ 「世界民族問題事典」(新訂増補)p440 平凡社 2002年11月25日新訂増補第1刷
  3. ^ Commonwealth Secretariat (2007): Brief History of CHOGM. Commonwealth Heads of Government Meeting - CHOGM. http://www.thecommonwealth.org/subhomepage/33250/ 2007-11-15 現在
  4. ^ 2013年10月4日の中日新聞朝刊6面
  5. ^ スーダン南部の紛争地域は2011年7月に南スーダン共和国として独立した。なお、同国は独立後に加盟申請を行っており、早けれは翌年以降に加盟が承認される予定。

外部リンク[編集]