ニュージーランドの総督

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニュージーランド総督(ニュージーランドそうとく、: Governor-General of New Zealandマオリ語: Te Kawana Tianara o Aotearoa)は、ニュージーランド王国総督。ニュージーランドにて国家元首であるニュージーランド国王イギリス国王)の代理を務める人物。1841年にウィリアム・ホブソンが副王として任命されたことが始まりであり、1917年以降は現在の職名を採用している。

総督の任命[編集]

ニュージーランド総督の紋章
総督専用公用車(ジャガー・XJ特別仕様車)。公務での使用時には総督紋章をナンバープレートとして使用する。

ニュージーランドの首相に指名され、ニュージーランド国王に任命された人物が総督に就任する。

総督任期は明文化されておらず、慣例法で最低5年とされている。過去には5年を超える任期を務めた総督も存在するが、通例5年で任期満了を迎える。

2011年8月31日からジェリー・マテパラエが第20代ニュージーランド総督を務めている。

総督としての職務[編集]

ニュージーランド総督には立憲君主(ニュージーランド国王の代理)としての職務、祭礼・儀礼の職務、地域社会への職務がある。

ニュージーランド国王の代理人として議会や首相に対しての権限を有し、祭礼・儀礼上の職務として公式行事、式典出席、海外からの来賓との接見、海外訪問などを行う。

地域社会への職務として、学校訪問、ニュージーランド国内で催される年間約400のスポーツ、芸術、文化行事へ出席がある。

総督として有する権限[編集]

  • 議会の解散権
  • 内閣の任命権
  • 内閣の解散権
  • 首相の任命権
  • 首相の解任権
  • 首相による選挙公示の謝絶権
  • 法制定同意への謝絶権
  • 国防軍の最高指揮権

立憲君主制のニュージーランドでは議会が立法権を持ち、首相と内閣府が行政権を持つため、ニュージーランド国王またはニュージーランド総督が政治に直接関与することはできない。

総督の解任権[編集]

ニュージーランドの首相はニュージーランド総督を解任できる解任請求権を持つ。

ニュージーランド国王はニュージーランド首相の解任請求権により、ニュージーランド総督の解任手続きを取ることができるが、ニュージーランド総督が解任された実例は存在しない。

総督公邸[編集]

総督の住まいはウェリントンニュータウン地区に所在する政府総督公邸。オークランドにも公邸を持ち、ニュージーランド国王訪問時には宿舎として使用される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]