ピエール・トルドー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピエール・E・トルドー
Pierre E. Trudeau
Pierre Elliot Trudeau.jpg
生年月日 1919年10月18日
出生地 ケベック州モントリオール
没年月日 2000年9月28日(満80歳没)
死没地 ケベック州モントリオール
出身校 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス博士課程中退
所属政党 自由党
配偶者 マーガレット・トルドー (1971 - 1984)
サイン Pierre Trudeau Signature 2.svg

カナダの旗 第20代首相
任期 1968年4月20日 - 1979年6月3日

カナダの旗 第22代首相
任期 1980年3月3日 - 1984年6月30日
テンプレートを表示

ピエール・エリオット・トルドーPierre Elliott Trudeau、本名:Joseph Philippe Pierre Yves Elliott Trudeau、1919年10月18日 - 2000年9月28日)は、カナダ政治家。第20・22代首相を務めた。カナダ史上初めての20世紀生まれの首相である。国家としてのアイデンティティーを明確にし、多文化主義や途上国援助などでカナダの再構築に大きな貢献をした。モントリオール大学ハーバード大学大学院、パリ政治学院で学んだ後、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの博士課程に進み、ハロルド・ラスキに師事する(中退)[1]

来歴[編集]

ケベック州モントリオール出身のフランス系。所属政党は自由党(Liberal)。

1970年ケベック解放戦線ケベック独立 (Independance of Quebecを要求しイギリス貿易省クロス長官を誘拐し、ケベック州労働大臣ラポルトを殺害した「オクトーバー・クライシス(十月危機)」の際、戒厳令を引き強硬手段で解決にあたったことは、今でも賛否両論となっているが、彼が内政の運営がきわめて難しい多文化国家であるカナダ社会において、ケベック州生まれでフランス系カナダ人でもあるのに関わらず、ケベック独立に反対し、カナダをひとつの国としてまとめようと強力なリーダーシップをとっていたことの一例である。1971年には「多文化主義宣言」を行い、公用語を英仏二カ国語とするなど、現在の多文化国家カナダの原型を作り上げた。1982年には、カナダ憲法 (Constitution Act, 1982が制定され、イギリスとの関係を明確にした。その後さらに、対米依存主義脱却を目指した。

なお、ソビエト連邦の駐カナダ大使として着任してきたアレクサンドル・ヤコブレフとは深い交友関係を築き、トルドーは自分の次男にアレクサンドル (Alexandre) と名付けるほどだった。

2004年モントリオールの空港が彼にちなみモントリオール・トルドー国際空港と改名した。

家族[編集]

参照[編集]

  1. ^ English, John (2006). Citizen of the World: The Life of Pierre Elliott Trudeau Volume One: 1919–1968, p. 166. Toronto: Knopf Canada. ISBN 978-0-676-97521-5.

外部リンク[編集]


公職
先代:
レスター・ボールズ・ピアソン
ジョー・クラーク
カナダの旗 首相
第20代:1968年4月20日 - 1979年6月3日
第22代:1980年3月3日 - 1984年6月30日
次代:
ジョー・クラーク
ジョン・ターナー
先代:
Louis Cardin
カナダの旗法務大臣
第30代:1967年4月4日 - 1968年7月5日
次代:
ジョン・ターナー
党職
先代:
レスター・ボールズ・ピアソン
カナダ自由党党首
第7代:1968年4月6日 - 1984年6月16日
次代:
ジョン・ターナー