ジャン・クレティエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン・クレティエン
Joseph Jacques Jean Chrétien
Jean Chretien 2010.jpg

カナダの旗 カナダ
第26代首相
任期 1993年11月4日2003年12月12日

出生 1934年1月11日(80歳)
カナダの旗 カナダケベック州
政党 カナダ自由党
配偶者 Aline Chrétien

ジャン・クレティエン(Joseph Jacques Jean Chrétien1934年1月11日 - )は、カナダ政治家、第26代首相(在任:1993年11月4日 - 2003年12月12日)。所属政党カナダ自由党。政治キャリアにおいてピエール・トルドーのバイリンガリズム(二ヵ国語政策)と多文化主義を継承し、ケベック独立を回避してカナダの連邦維持に貢献した。アメリカイラク侵攻にも否定的であり、ジョージ・W・ブッシュ政権のアメリカには距離を置いた。3期連続して首相を務め、賛否両論あるが概して非常に人気の高い首相であった。

経歴[編集]

ケベック州ショーウィニガン (Shawiniganにて、ウェリー・クレティエンと妻マリーの間の子として、19人兄弟の18番目に生まれた(兄弟のうち10人は夭折)[1]。彼は自らの慎ましい出自を『ショーウィニガンの小さな男』(le petit gars de Shawinigan)だと後に語っている[2]。彼は幼い頃にベル麻痺を患ったため、顔面の左側に部分的な麻痺を残すことになった[3]。彼は最初の自由党の党首選キャンペーンの際に、この障害を逆手にとって『口の両側で話さない政治家』(One politician who didn't talk out of both sides of his mouth)と自らを称した。また、彼は片耳の聴力を完全に失っている[4]ラヴァル大学 (Université Laval法学部卒業。1958年に弁護士になる。

1963年にカナダ下院議員に初当選。その後内国歳入大臣、インディアン問題・北部開発大臣、財務庁長官、通産大臣、大蔵大臣を歴任。

1980年のケベック独立国民投票の際には、連邦制主張者の代表格として活躍。

1980年には法務大臣、司法長官に任命。社会開発担当、憲法問題担当大臣を歴任。特にカナダ憲法の確定プロセスにおいては、「キッチン合意」の代表交渉担当者として大きな役割を果たす。その後エネルギー・鉱業資源大臣も担当。

自由党の党首及びカナダ首相であったピエール・トルドーが1984年に引退を表明した後、ジョン・ターナー (John Turnerが党首となり、カナダ首相となったが、クレティエンは副首相、外務大臣に任命されたがしばらくして辞職。ターナーの辞職後、クレティエンは自由党党首となり、下院議員として復職。

1993年の総選挙で自由党は与党となり、クレティエンはカナダ首相に選出された。1997年に再選、2000年に三選され、カナダ政治史上でも珍しく三期連続で首相を務めることになった。

在任中はケベック独立問題の解決に腐心。1995年のケベック独立国民投票が僅差で独立が否認されたことを受け、カナダから独立しようともくろむケベック政府の動きに対し、明確化法 (Clarity Act) を制定し、「カナダ政府は、独立是非の『明確な質問』に対する州民の『明確な賛成』の意思表示がない限りケベック独立宣言は認めない」という決定をした。カナダ最高裁は単なる過半数の賛成では条件に満たないとした。

クレティエン政権は2003年のアメリカのイラク侵攻を支持せず、これに参加しなかった。クレティエンは「国連常任理事会での決定がなかったことが理由で、カナダはあくまで平和解決の方策を探るべき」との見解を示した。

2003年11月に次の自由党総裁選への不出馬を表明、12月に首相を退任した。

2004年にはクイーンズ大学から法学博士号を受けた。

脚注[編集]

  1. ^ “The Life and Times of Jean Chrétien”. Canadian Broadcasting Corporation. (2003年). http://www.cbc.ca/lifeandtimes/chretien.html 2007年1月29日閲覧。 
  2. ^ Jean Chrétien (October 6, 1995). Notes by Prime Minister Jean Chrétien, Shawinigan, Quebec. Privy Council Office. http://www.pco-bcp.gc.ca/default.asp?Language=E&Page=archivechretien&Sub=Speeches&Doc=speeches1995100665_e.htm 2006年12月5日閲覧。. 
  3. ^ (2000-11-28.) "Jean Chrétien: Veteran fighter." BBC News website. Retrieved 2009-05-12.
  4. ^ Gray, Jeff. “Jean Chrétien: Ambition or arrogance?”. The Globe and Mail. http://v1.theglobeandmail.com/series/election/leaders/chretien.html 2012年11月1日閲覧。 
党職
先代:
ハーブ・グレイ英語版
カナダ自由党党首
第12代:1990 - 2003
次代:
ポール・マーティン