ジョージ (南アフリカ共和国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ
George
NG Kerk George.JPG
位置
西ケープ州の位置の位置図
西ケープ州の位置
座標 : 南緯33度58分 東経22度27分 / 南緯33.967度 東経22.450度 / -33.967; 22.450
歴史
設立 1811年
行政
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
  西ケープ州
 地区自治体 エデン郡
 地方自治体 ジョージ地方自治体
 地区 ジョージ
市長 Flip de Swardt
地理
面積  
  地区域 5,191.02 km²km2
人口
人口 2011年現在)
  地区域 193,672人
    人口密度   127.4人/km2(329.9人/mi2
その他
等時帯 南アフリカ標準時UTC+2
市外局番 +27 (0)44
公式ウェブサイト : www.george.org.za

ジョージ(George)は南アフリカ共和国西ケープ州にある都市である。人口は約19万人。

概要[編集]

ジョージはウテニカ山脈の山麓にあり、南のインド洋や北のウテニカ山脈とはそれぞれ10kmほど離れている。西のケープタウンと東のポートエリザベスとを結ぶ「ガーデン・ルート」の中間点にあり、北の小カルー盆地やオーツホーンとの間にも鉄道や道路が通じる。空港もあり、近くに観光地も多いため、観光や交通の拠点となっている。また、豊富な雨量のため森林が多く、林業やそれを加工する木材家具の生産が主産業となっている。

気候[編集]

ジョージは地中海性気候であり、一年を通じて降雨があるがやや冬の降雨が少ない。インド洋からの湿った空気がウテニカ山脈にぶつかるため、南アフリカで最も降雨の多い地域のひとつである。

歴史[編集]

1776年、木材の確保のためオランダ東インド会社の前哨基地が作られたのがジョージの始まりである。その後、オランダからイギリスケープ植民地が割譲されると、イギリスはケープ植民地東部の本格的な開発を決定し、スウェレンダムに代わる東部の拠点として1811年にジョージに街を建設した。豊富な森林資源を利用した幌牛車や家具、材木によってジョージは成長し、この地方の中心都市となっていった。1845年には北のオーツホーンとの間にモンタギュー峠が開通し、小カルーや内陸部に向かうルートが開かれた。

人口と地理[編集]

人種構成(ジョージ) 2011
カラード
  
50.41%
バントゥー系民族黒人
  
28.23%
白人
アフリカーナー及びアングロアフリカン
  
19.69%
アジア系
  
0.48%
母語話者(ジョージ) 2011
アフリカーンス語
  
67.19%
コサ語
  
21.65%
英語
  
8.07%

人種はカラードが大半を占め、言語はアフリカーンス語が7割弱と主流となっているが、コサ人も多いためにコサ語も多く使われている。

観光[編集]

ジョージの隣町、ウィルダネスのビーチ

現在では気候と交通の便のよさのため、観光の拠点となっている。ゴルフ場が多く、宮里藍北田瑠衣が日本代表として優勝した2005年ワールドカップ女子ゴルフの開催地となった。

  • 2010 FIFAワールドカップ日本代表のベースキャンプ場所として使われている。
  • 自然あふれる景観が人気で、毎年9月にイチゴの収穫期に行われる「ストロベリー・フェスティバル」の開催地である。

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]