英領ゴールド・コースト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
英領ゴールド・コースト
Colony of Gold Coast
アシャンティ帝国
英領トーゴランド
オランダ領ゴールドコースト
1821年 - 1957年 ガーナ
英領ゴールド・コーストの国旗
(国旗)
公用語 英語
首都 ケープコースト (1821年 - 1877年)
アクラ (1877年 - 1957年)
イギリス王
1821年 - 1901年 ヴィクトリア(初代)
1952年 - 1957年 エリザベス2世(末代)
変遷
植民地設置 1821年
諸王国を保護下に治める 1901年
英領トーゴランド併合 1956年12月13日
ガーナとして独立 1957年3月6日
1896年の地図

ゴールド・コースト (Gold Coast) はアフリカ西部ギニア湾周辺に設けられた英国植民地

この地域への最初のヨーロッパ人の到来は1471年ポルトガルであった。彼らはを産出する諸王国と接触した。1482年にポルトガルは黄金海岸で最初のヨーロッパ勢の拠点となったエルミナ城を建てた。ここで彼らは奴隷、金、ナイフビーズラム酒などを交易した。このことはすぐにヨーロッパに知れ渡り、イギリス、デンマークドイツスウェーデンの交易者が海岸線に砦を築いた。多量の金が採掘されたため、ヨーロッパ人によってこの地域は黄金海岸と称されてきたが、奴隷も長年にわたって主要な交易品であった。

英領植民地はポルトガル、オランダに代わり1821年に英国政府が海岸付近の土地所有権を手にして設置された。1850年にデンマーク、1872年にはオランダが全ての砦をイギリスに売却した。

イギリスは小王国や他のアフリカ人の国家を支配していた内陸部のアシャンティ王国、他のヨーロッパ植民地に侵攻して徐々に支配地を広げた。イギリスにとっての主な課題はガーナの大部分を支配するアシャンティ人の平定にあった。第一次英アシャンティ戦争 (1863年 - 1864年) ではアシャンティの首長と奴隷制への意見のくい違いで衝突した。1873年 - 1874年の第二次戦争でイギリスはアシャンティの首都クマシを奪った。1893年 - 1894年の第三次戦争はアシャンティの新たな皇帝が新しい称号を求めたことへ対して行われた。1895年 - 1896年の第四次戦争でアシャンティ帝国は独立を失った。ホジソン総督がアシャンティの玉座を盗もうとしたことへの1900年のアシャンティの反乱などの結果、1902年1月1日にアシャンティはイギリスの保護国とされた。

1901年までに黄金海岸の全域の王国や部族がイギリス領に組込まれ、金や他の金属、ダイヤモンド象牙胡椒木材トウモロコシココアなどの様々な資源がイギリスにより積出された。イギリスの入植者が整備した鉄道はガーナの鉄道の基盤となった。西洋式の病院や学校も建設された。

第二次世界大戦末の1945年までに黄金海岸の住民の自治要求が高まり蜂起を始めた。脱植民地化の波の始まりだった。

1956年までに英領トーゴランド、アシャンティ保護国、ファンテ保護国が併合された。1957年にゴールド・コースト植民地は独立し、国名をガーナと定めた。