コネチカット植民地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コネチカット植民地
Province of Maryland
Flag of Connecticut.svg
コネチカット植民地
公用語 英語
首都 ハートフォード市
統治者 総督
設立
解消
1636年
1776年
通貨 ポンド

コネチカット植民地(コネチカットしょくみんち、: Connecticut Colony)は、1636年から1776年まで、北アメリカ現在のアメリカ合衆国コネチカット州の領域に存在したイギリス植民地である。当初は川の植民地 (River Colony)と呼ばれ、ピューリタン貴族の受け入れ地として1636年3月3日に組織化された。初期のオランダとの闘争後、1630年代後半までにイギリスが恒久的な支配権を取った。この地域は後に、ピクォート戦争と呼ばれるイギリス人と先住民族の間の血腥い戦争の舞台となった。これは、チャーターオーク事件と呼ばれるニューイングランド自治領の地元権威に屈服するのを拒否した伝説的出来事と共に、新世界に自治政府を打ち樹てるために重要な役割を演じた。

今日のコネチカット州にあった2つのイギリス植民地、セイブルック植民地が1644年に、ニューヘイブン植民地1662年にコネチカット植民地に併合された。

歴史[編集]

この地域に入った最初のヨーロッパ人は1614年ロングアイランド湾を通り、コネチカット川を遡って今日のハートフォードまで行ったオランダ人探検家アドリアン・ブロックの遠征隊だった。このときその地域に住んでいたピクォート族に遭遇した。1620年代までに、ニューアムステルダムからのオランダ人交易業者がコネチカット川沿いに毛皮交易基地を設立し、その中でも著名な所は現在のハートフォード内、パーク川がコネチカット川に合流する地点に作られた「良い希望の家」(英語:House of Good Hope、オランダ語:Huys de Goede Hoop)だった。

1630年までに、北アメリカでオランダの強力な競争相手だったイギリスがニューイングランドの東海岸に幾つかの開拓地を創った。1620年プリマス植民地1623年ニューハンプシャー植民地および1630年マサチューセッツ湾植民地などだった。イングランドジェームズ1世はニューイングランド評議会の議長第2代ウォリック伯爵ロバート・リッチに、ナラガンセット湾から西に太平洋岸までの地域への入植権を認可した。1631年ウォリック伯はこの認可を北アメリカにおける逃避場所になりうる所としてイングランドにいる15人のピューリタン領主に譲渡した。この特許を受けた者達の中に、初代セー・アンド・シール子爵ウィリアム・ファインズやブルック卿、ジョージ・フェンウィック大佐等がいた。1635年、特許受権者達はマサチューセッツ湾植民地総督の息子、ジョン・ウィンスロップ・ジュニアを「川の植民地知事」として任命した。

ウィンスロップは1635年10月にボストンに到着し、オランダがコネチカット川河口の「パスベショーケ」(アルゴンキン語で河口という意味)と呼ばれる場所の占領を計画していることを知った。このオランダに対抗するために、ウィンスロップはエドワード・ギボンズ中尉とサイモン・ウィラード軍曹の指揮で20人の大工と他の作業者を小さな船に乗せてコネチカット川河口に派遣した。この遠征隊は11月24日に河口近くの西岸、今日のオールドセイブルックに上陸し、オランダの紋章を刻みつけてある木を特定した。彼等はその紋章を剥ぎ、楯を描きニッと笑っている顔を描き入れた。大砲のための砲台を建設し、小さな砦を造った。オランダ船が数日後に戻ってくると、大砲とイギリス船を見付けて撤退した。ウィンスロップはこの地点をファインズ(セイ子爵)とブルック卿に因んで「ポイント・セイブルック」と改名した。

1630年代にはイギリス人開拓者がニューイングランドの他の植民地からコネチカット川渓谷に移ってきた。1633年、ウィリアム・ホームズが1群の開拓者を率いてプリマス植民地からコネチカット川渓谷に入り、オランダの交易基地から北数マイルにウィンザーを設立した。1634年、ジョン・オールダムと一握りのマサチューセッツの家族がオランダの交易基地から南数マイルにウェザーズフィールドの地域に仮寓を建てた。次の2年間にマサチューセッツのウォータータウンから30家族がウェザーズフィールドでオールダムの追随者達に加わった。この地域のイギリス人人口は1636年に脹れ上がった。牧師のトマス・フッカーがリチャード・リスリーを含む100人の開拓者と130頭の牛を導き、マサチューセッツ湾植民地のニュータウン(今日のケンブリッジ)からコネチカット川の両岸に入り、古いオランダの砦とはパーク川を挟んで対岸にハートフォードを設立した。1637年、コネチカット川沿いの3つの町、ウィンザー、ハートフォードおよびウェザーズフィールドがピクォート戦争を戦うために共通の政府を樹立した。これらの開拓者達は自分達の規則と規制による新しい教会の社会を樹立したいと考えた。歴史家のヘンリー・S・コーンに拠れば[1]、「彼等は民衆によって選ばれていない執政官の権力に不満だった。しかし、彼等はその持っている土地を拡げたいとも思った。」

1638年夏、これらの町ではコネチカット基本条例を書き上げ、政府の原則、権力および構造を決めた。これらは1639年1月14日にコネチカット委員会に採択され、トマス・ウェルズによって公式記録に書き写された。コネチカットは1662年に王室勅許を受け、公式の王室領植民地になった。

ニューヘイブン植民地は異なる政体だったが、1662年の勅許のもとにコネチカットに併合された(ニューヘイブン植民地の住民は1565年1月5日に初めてコネチカットの支配を認識した可能性がある)。ニューヘイブンはイングランド王チャールズ1世を告発し1649年に死に至らせた判事のうち3人を匿っていたので、イングランドから大きな圧力を受けたためにコネチカットと合併した。この勅許が後に差し押さえられることになったとき、ある市民がオークの木の幹にそれを隠した。

コネチカット西部保留地

ニューヘイブン植民地は1641年レナペ族との協定により、デラウェア川の東西両岸の全域を所有すると主張することになった。この植民地は現在のフィラデルフィアで最初の何らかの形で開拓を始めた。その地域に住むニュースウェーデンやニューアムステルダムの住人がその開拓地を燃やし、そこはマサチューセッツ湾植民地によって否認された。ニューヘイブン植民地はこの試みから撤退したものの、そのレナペ族との協定で、デラウェアの東西に大西洋から太平洋まで全ての土地、いわゆる海から海までというコネチカットの領有権主張の根拠になった。

指導者達[編集]

著名なピューリタンの牧師トマス・フッカーとマサチューセッツ湾植民地知事ジョン・ヘインズが、1636年にハートフォードまで100人の人々を引率し、これがコネチカット植民地の創設者と考えられることが多い。フッカーが1638年5月31日に政府の原則についてその信徒達に行った説教が、その年後半にコネチカット基本条例を書いた者達に影響を与えた。この基本条例は、1630年代のコネチカットに住んでいた唯一人の訓練を積んだ弁護士であるウィンザーのロジャー・ルドローが起草した可能性があり、事務官トマス・ウェルズによって公式記録に書き写された。

ダベンポート牧師と商人のセオフィラス・イートンがニューヘイブン植民地の創設者と考えられている。ニューヘイブン植民地は上記のように1660年代にコネチカット植民地に吸収された。

植民地初期では、知事がその任期を続けて務めることができなかった。このために20年間というもの、ハートフォード出身のジョン・ヘインズとエドワード・ホプキンスが交互に知事を務めた。1640年代と1650年代にはやはりハートフォード出身のジョージ・ワイリーズ、トマス・ウェルズおよびジョン・ウェブスターが短期間知事の座に座った。

マサチューセッツ湾植民地創設者の息子、ニューロンドンのジョン・ウィンスロップ・ジュニアがコネチカット川近辺に点在した開拓地をまとめて単一の植民地にするときに重要な役割を果たした。ウィンスロップは1659年から1765年までコネチカットの知事を務めた。また1662年勅許取得の提唱者でもあり、この勅許でニューヘイブン植民地をコネチカットに併合した。ウィンスロップの息子フィッツ・ジョン・ウィンスロップも1698年から10年間知事を務めた。

ロジャー・ルドローはオックスフォードで教育を受けた弁護士でありマサチューセッツ湾植民地の副知事であったが、この地域を開拓する権利を高等裁判所に請願した。ルドローは土地の権利に関する論争を収めるためのマーチ委員会を宰領した。フッカー、ウィンスロップなどとの協力で1650年コネチカット基本法の起草者とされている。ルドローはコネチカットの初代副知事だった。

ギルフォードのウィリアム・リートはコネチカットに併合される前のニューヘイブン植民地知事を務め、ジョン・ウィンスロップ・ジュニアが1675年に死んだ後はコネチカット知事も務めた。両方の植民地知事を務めた唯一人の者だった。

ミルフォードのロバート・トリートは、コネチカットがエドマンド・アンドロス卿によるニューイングランド自治領に併合される前後で知事を務めた。その父、リチャード・トリートはこの植民地の初めに特許をうけた者の一人だった。

この植民地では18世紀に一連の強力な知事が現れ、それらの者は死ぬまで毎年再選された。フィッツ・ジョン・ウィンスロップが死んだときは、ウィンスロップのニューロンドンにおける牧師、ガードン・ソルトンストールが知事に選ばれた。ソルトンストールはコネチカットで知事に選ばれた唯一の牧師であり、ピューリタンの牧師は公職に就けないという一般にあった誤解を覆した。ソルトンストールが死んだとき、副知事であるハートフォードのジョセフ・タルコットが知事になった。タルコットが死んだときも、副知事だったミルフォードのジョナサン・ローが知事職を継いだ。ジョナサン・ローが死んだときは、ウィンザーのロバート・ウォルコット副知事が知事になった。ウォルコットはアメリカ独立宣言の署名者オリバー・ウォルコットの父であり、1754年のスペイン船事件におけるその役割の故に選挙で落選した。ウォルコットの後継者、ノーウォークのトマス・フィッチは七年戦争の間植民地を指導したが、フィッチも1766年の印紙法拒否で強く出なかったために落選した。フィッチを破って当選したハートフォードのウィリアム・ピトキンは自由の息子達の支持者でもあり、また元知事ロジャー・ウォルコットの従兄弟でもあった。ピトキンは1769年に死に、レバノン出身の商人ジョナサン・トランブル副知事が後を継いだ。トランブルもまた自由の息子達の支持者であり、独立戦争の間も知事に選ばれ続け、1784年に引退した。この年はアメリカ合衆国のイギリスからの独立を認めたパリ条約調印から1年後だった。

宗教の役割[編集]

マサチューセッツ湾植民地と同様、コネチカットは植民地における国教会としての会衆派教会を作ったピューリタンによって設立された。税金が地元の牧師達を支え、日曜の礼拝に出席できなかった植民地人は罰金を取られた。1708年まで、会衆派教会はコネチカットで唯一の合法宗教だった。しかし、その年に「分別有る異議」を認め、著名なところではイングランド国教会バプテストのような特定の非国教徒については、彼等の教会に献金するという条件で、国教を支えるための税金を払わなくともよいものとした。また1708年には、セイブルック綱領を採択し、地元の信徒団から教会の主権を奪い、それを植民地全体に拡がる牧師によって運営される協議会の手に委ねた。

1701年、植民地議会は新しく会衆派の牧師を育てるという使命を持つ大学の設立を承認した。キリングワース、セイブルックおよびウェザーズフィールドと移った後で、1716年に恒久的な場所としてニューヘイブンに設立された。1718年、ボストンで生まれた富裕なイギリス人実業家イライヒュー・イェールからのかなりの額の寄付の後で、大学の名前はイェール大学と改められた。1720年代初期、大学の牧師ティモシー・カトラーが教官の1人や隣接する教区の牧師2人と共に、イングランド国教会に改宗したと告発され、イェール大学で宗教論争が起こった。1722年、大学の理事会は大学の正当性を強制すると決断し、カトラー牧師や問題のある教官を解任し、今後は全ての教区牧師や教官がセイブルック綱領への同意を宣言しなければならないという決議案を採択した。

18世紀中頃の大覚醒は植民地中に衝撃を与え、会衆派教会を分裂させた。覚醒を奉じる者はニューライツと呼ばれ、これに反対する者はオールドライツと呼ばれるようになった。ニューライツはそれまでの牧師によるしばしば情熱の無い礼拝に不満を抱き、多くの町で別の宗教団体あるいは教会を設立する請願をおこなった。オールドライツはこれらの試みに反対し、ニューライツは分別も無い(その礼拝では感情的な性格があるため)し、異議を唱えているのでもない(彼等は会衆派教会であり続けた)と主張した。覚醒を抑圧しようとしたオールドライツは植民地議会を説得して巡回法を成立させ、移動する牧師が町の牧師からの招待無くしてコネチカットの町で説教を行うことを禁じた。多くの歴史家達はこの法が植民地における政治問題に火を付けたと考えている。

アメリカ独立戦争の間、植民地イングランド国教会信徒の多くはフェアフィールド郡に集中しており、ロイヤリストであり続けた。ある国教会信徒ブリストルのモーゼス・ダンバーは反逆者として有罪宣告され、ロイヤリストであるために絞首刑になった。

会衆派教会は革命期間のコネチカットでも国教会であり続けたが、「分別有る異議」を持つ教会として、時と共に支配力を弱まった。1818年のコネチカット憲法の採択によって、会衆派教会は国教会ではなくなり、遂にコネチカットには政教分離が訪れた。

脚注[編集]

  1. ^ Cohn, Henry S., Connecticut Colonial History 1636-1776, Connecticut State Library

関連項目[編集]

外部リンク[編集]