イギリス委任統治領メソポタミア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリス委任統治領メソポタミア
British Mandate of Mesopotamia(英語)
الانتداب البريطاني على العراق(アラビア語)
オスマン帝国 1920年 - 1932年 イラク王国
フランス委任統治領メソポタミアの国旗
イラクの国旗
国の標語: なし
公用語 英語
アラビア語
首都 バグダッド
元首等
xxxx年 - xxxx年 不明
変遷
イギリス委任統治 1920年
イラク王国独立 1932年

イギリス委任統治領メソポタミア(イギリスいにんとうちりょうメソポタミア、英語British Mandate of Mesopotamiaアラビア語الانتداب البريطاني على العراق)は、イギリスの委任統治領である。現在のイラク地域にあった。

前史[編集]

委任統治領の歴史[編集]

第一次世界大戦後、1920年8月10日セーブル条約を締結。8月23日オスマン帝国だった現在のイラク地域はイギリスの委任統治下に入った。国王にはファイサル1世が就いた。このとき、クウェートは切り離された。

この決定にはクルド人の民族自決は考慮されずクルディスタン地域に国境が引かれたために、中東地域における重大な少数民族問題であるクルド紛争を引き起こすことになる、1919年1922年11月から1924年7月にかけてクルド人シェイクマフムード・バルザニイによるマフムード・バルザニイの乱が起こりクルディスタン王国英語版1922年 - 1924年)が一時的に樹立される。さらにアフメド・バルザニイによるアフメド・バルザニイの乱1931年 - 1932年)が起きた。

1932年イラク王国が成立したことで消滅。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]