ズールー王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ズールー王国
Wene wa Zulu(ズールー語)
1817年 - 1879年 ケープ植民地
公用語 ズールー語
首都 ブラワヨ英語版
ウルンディ
国王
1817年 - 1828年 シャカ・ズールー
1828年 - 1840年 ディンガネ・カセンザンガコナ英語版
1840年 - 1872年 ムパンデ英語版
1873年 - 1879年 セテワヨ・カムパンデ
面積
1828年 29,785km²
人口
1828 250,000人
変遷
王国成立 1817年
イギリスの占領、植民地化 1879年
シャカ・ズールー
セテワヨ・カムパンデ

ズールー王国ズールー語: Wene wa Zulu)は、かつて存在した南部アフリカ王国

歴史[編集]

ズールー族は南部アフリカの一部族に過ぎなかったが、1816年に首長センザンガコナ英語版が死去した翌年、シャカムテトワ帝国英語版皇帝であるディンギスワヨ英語版の庇護を受けてズールー王に即位し、王国が成立した。

後見役であるディンギスワヨがンドワンドウェ王国英語版との戦闘で死去したため、軍備の近代化や中央集権体制を進めたシャカはムテトワ帝国、ンドワンドウェ王国に侵攻し、支配下に置いた。しかしシャカは国内では恐怖政治を行なったことから、異母弟のディンガネによって暗殺された。

ディンガネ・カセンザンガコナ英語版が第二代国王に即位し、次いで第三代国王にムパンデ英語版と続いたが、第四代国王セテワヨ・カムパンデズールー戦争で敗北したことにより王国は崩壊し、イギリス植民地となった。

関連項目[編集]