アイルランド自由国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイルランド自由国
Saorstát Éireann (アイルランド語)
Irish Free State (英語)
アイルランド共和国 (1919年-1921年)
南アイルランド
1922年 - 1937年 アイルランド
アイルランドの国旗 アイルランドの国章
国旗 国章
アイルランドの位置
1922年のアイルランド自由国の領土
公用語 アイルランド語英語
首都 ダブリン
グレートブリテン、アイルランドおよびイギリス海外自治領の王
1922年 - 1936年 ジョージ5世
1936年 - 1936年 エドワード8世
1936年 - 1937年 ジョージ6世
行政評議会議長
1922年 - 1932年 ウィリアム・トマス・コスグレーヴ
1932年 - 1937年 エイモン・デ・ヴァレラ
変遷
英愛条約により成立 1922年12月6日
ウェストミンスター憲章成立 1931年12月11日
アイルランド憲法施行 1937年12月29日
通貨 アイルランド・ポンド

アイルランド自由国(アイルランドじゆうこく、アイルランド語: Saorstát Éireann英語: Irish Free State)は、1922年アイルランド島32州のうちの南部26州がイギリスグレートブリテンおよびアイルランド連合王国)より分離して成立した立憲君主制国家である。

概要[編集]

19世紀後半より、アイルランドではイギリスからの独立・自治を求める運動が激しくなった。一方、アルスター地方を中心としてイギリスとの連合を維持しようとする勢力もあり、両者の衝突が続いた。1912年、アイルランド自治法案がイギリス下院に提出され、1914年9月に法案が成立したが、第一次世界大戦の開始とともに自治は凍結された。1916年の復活祭に独立派が「アイルランド共和国樹立」を宣言し、武装蜂起した(イースター蜂起)。この「反乱」はまもなく鎮圧されたが、1918年の総選挙でシン・フェイン党が勝利し、1919年にアイルランド共和国独立が宣言されアイルランド独立戦争が起こった。1921年、独立派とイギリスは英愛条約を結び、南部26州(南アイルランド)はイギリス国王を元首とする自治領(ドミニオン)アイルランド自由国として分離した。

アイルランド自由国の分離にともない、イギリスは1927年に「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」へと国号を改めた。また国王ジョージ5世も同年、王号を

グレートブリテンおよびアイルランド連合王国およびイギリス海外自治領の王
(of the United Kingdom of Great Britain and Ireland and of the British Dominions beyond the Seas King)

から

グレートブリテン、アイルランドおよびイギリス海外自治領の王
(of Great Britain, Ireland and the British Dominions beyond the Seas King)

に改めた。

1931年ウェストミンスター憲章の成立により、イギリスと同格の独立国(英連邦王国)として規定された。しかし、その後もイギリスからの影響力排除を目指す動きは止まらず、1937年にはイギリス王冠からの独立も達成、それまでのアイルランド自由国憲法に代わるアイルランド憲法が公布され、国名をアイルランド(エール)と改称し、共和制に移行した。1949年にはイギリス連邦も離脱した。

関連項目[編集]