ウェールズの歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カーディフ城

ウェールズの歴史(ウェールズのれきし)では、イギリスウェールズ地方歴史について解説する。

統一以前[編集]

ウェールズのケルト系住民ローマ帝国の支配を受けたが、アングロ・サクソン民族征服されたわけではなかった。イギリスのアーサー王伝説はアングロ・サクソンに抵抗したブリトン人の王の物語とされる。中世にはケルト系小部族国家が群立し、やがてグウィネッズポウィスデヒューバースなどの地方王権が形成された。

公国の成立[編集]

ウェールズの民は外来者に対しては頑強な抵抗を示し、1066年にイングランドを征服したノルマン朝によるウェールズへの侵略・植民政策は、ウェールズ南東部を除いて恒久的な成功とはならなかった。13世紀にグウィネッズ王ルウェリン・アプ・グリフィズがウェールズのほとんどの領域を支配下に収め、1258年にウェールズ諸侯の第一人者を意味する「ウェールズ大公(プリンス・オブ・ウェールズ)」の称号を名乗った。ここにウェールズ公国が成立した。ただし、一時的な政治的統一にとどまり、イングランドのような恒常的な統一王権が確立されることはなかった。実態としては、リズラン法典に従うマナー家臣団による統治であり、オックスフォード条項以降のコモンロー支配によって、事実上、ウェールズはイングランド王家に追従した。

公国の滅亡[編集]

1276年以後、エドワード1世による4度の侵攻を受けたが激しく抵抗した。だが、1282年にウェールズ大公のルウェリン・アプ・グリフィズがエドワード1世に敗れ、イングランドの支配下に置かれた。エドワード1世は長男エドワード(エドワード2世)にウェールズ大公の称号を与えたが、ウェールズ人は決してイングランド人に同化されなかった。薔薇戦争クロムウェルによる独裁の際には、ウェールズはその政争の争奪の舞台になった。この点で、1536年の法律によってウェールズが保護されたことは、イングランドおよびウェールズの歴史を紐解く上で重要な画期になった。

このような過程を経てウェールズはイングランド王国に征服されその統治を受けたが、このことが逆にウェールズ人の民族意識を強め、またこの地に植民した異民族のほとんどがウェールズ人化されたという。また、ウェールズ人の長弓(ロングボウ)隊はイングランド王の軍勢の強力な戦力として名をはせた。後世のチューダー朝の家系に至り、表面上は1536年にイングランドとの統合が宣言されたものの、実はチューダー朝そのものがウェールズ人のウェールズ大公の血統から出てイングランドの王家に収まった王朝であり、家臣団の中ではウェールズ人が重要な地位を占めていた。こうした経緯からウェールズ人は同王朝が推し進めたイングランド国教会創設などには協力的な姿勢を見せた。だが、18世紀に入るとメソディストの影響を受けて、1811年に国教会から独立したウェールズ長老教会を結成した。

1979年ウェールズ議会設置の是非について投票が行われたものの、否決された。だが、1997年の投票では設置が決定され、2年後に議会選挙が行われた。

政治的には勢力を失ったが、ウェールズ人としてのアイデンティティ21世紀になった現在でも非常に強いと言われている。

関連項目[編集]