エドワード2世 (イングランド王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドワード2世
Edward II
イングランド王
Edward2 of England.jpg
在位 1307年7月7日 - 1327年1月20日
戴冠 1308年2月25日
出生 1284年4月25日
北西ウェールズカーナーヴォン城
死去 1327年9月21日 43歳
グロスタシャー、バークリー城
埋葬  
グロスタシャー、グロスター大聖堂
配偶者 イザベラ・オブ・フランス
子女 エドワード3世
ジョン
エリナー
ジョーン
王家 プランタジネット家
王朝 プランタジネット朝
父親 エドワード1世
母親 エリナー・オブ・カスティル
テンプレートを表示

エドワード2世(Edward II, 1284年4月25日 - 1327年9月21日)は、プランタジネット朝イングランド王(在位:1307年 - 1327年)。エドワード1世と王妃エリナー・オブ・カスティルの四男。

生涯[編集]

1301年ウェールズを押さえるためエドワード1世によって、初めてプリンス・オブ・ウェールズの称号を授けられた。以後、この称号はイングランド(イギリス王太子に与えられるようになった。

はじめピアズ・ギャヴェストン(コーンウォール伯)らの寵臣によって治世を左右されたことから、これに反発する議会や諸侯が反乱を起こし、1311年から彼らの代表者21人によって事実上の寡頭制が行われ、ギャヴェストンは1312年に暗殺された。しかし、この期間にロバート・ブルースがスコットランドの大部分を再征服したため、急遽、君臣一致でスコットランドに兵を送ったが、1314年にバノックバーンの戦いで大敗し、ロバート・ブルースはロバート1世としてスコットランド王に即位した。

これによりエドワード2世の権威はいっそう下がったが、貴族たちも党派を作り争ったため、1318年ごろ権力を多少回復し、新たにウィンチェスター伯ヒュー・ル・デスペンサー父子を登用した。1322年に対立する貴族連合軍に勝利し、以後5年にわたってデスペンサーの支配が続いた。この時期に下院(庶民院、平民議会)の力が強まったことは、イギリス憲政上重要である。

しかし敵対する勢力も強まり、1326年、エノー伯ギヨーム1世の元へ身を寄せていた王妃のイザベラフランスフィリップ4世の娘)は息子のエドワードを擁し、愛人のマーチ伯ロジャー・モーティマー等の軍勢を引きつれ、ロンドンにせまった。王は逃亡したが、捕らえられて廃位させられた。その後監禁されていたが、間もなく死亡した。

イザベラとモーティマーは1330年まで、エドワード3世の摂政として権力を握った。

エドワード2世は優柔不断で、政治に関心をあまり持たなかったといわれる、また、両性愛[1]と噂され、ギャヴェストンやデスペンサーの息子と関係があり、彼らの登用はその理由によるものと信じられていた。エドワード2世の死は自然死と公表されたが、「肛門に焼け火箸を差し込まれ殺害された」という噂が広く伝えられている。また最近の研究では、死が発表された後もエドワード2世は密かに監禁されたまま生き続けていたことを示唆している。

子女[編集]

妻イザベラとの間に4人の子女をもうけた。

またアダム・フィッツロイ(生母不明、1322年没)という名の庶子をもうけていた。

逸話[編集]

「イングランド領海で取れたチョウザメは王の物」とする法律を発したという。

備考[編集]

エリザベス朝期の劇作家クリストファー・マーロウ戯曲『エドワード二世』を書いている。また、これをもとにデレク・ジャーマンの監督による映画『エドワード II』(1991年)が制作されている。

脚注[編集]

  1. ^ Edward II Retrieved November 1, 2006.
先代:
エドゥアール1世
アキテーヌ公
1307年 - 1325年
次代:
エドゥアール3世
先代:
プリンス・オブ・ウェールズ
1301年 - 1307年
次代:
エドワード黒太子