アレグザンダー2世 (スコットランド王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレグザンダー2世

アレグザンダー2世Alexander II, 1189年8月24日 - 1249年7月8日)は、スコットランド王(在位:1214年 - 1249年)。ウィリアム1世と、イングランドヘンリー1世の庶子コンスタンスの娘アーマンガードの長男。

1214年に父ウィリアム1世が77歳で亡くなった後、16歳で王位を嗣いだ。1219年、イングランド王ヘンリー3世の妹ジョーンを王妃に迎え、イングランドと友好関係を復活した。1236年にヨーク条約でイングランドとの国境線を確定した。

アレグザンダーは外交上の懸案を取り除いてから、父が確立した行政機構を活用して内政を充実させていった。1238年に王妃ジョーンが亡くなると、フランス貴族の娘マリー・ド・クーシー(Marie de Coucy)と結婚した。ヘンリー3世はこれをイングランドへの敵対行為と見なし、アレグザンダーへ言いがかりを続けた。1249年に、ようやくニューカッスルで和解した。

同年、ノルウェーからのヘブリディーズ諸島の奪還を目指して、スコットランド西部へ軍を進めた。しかし、その途中ケアララ島で没した。