ヨーク朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨーク朝(ヨークちょう)は、1461年から1485年まで続いたイングランド王国の王朝。プランタジネット家分家のヨーク家が興した。

ヨーク家(House of York)は、1385年プランタジネット朝の国王エドワード3世の子エドムンド・オブ・ラングリーヨーク公に叙されたことに始まるプランタジネット家の支流である。プランタジネット家は後に同じくプランタジネット家分家のランカスター家に取って代わられたが、ヘンリー6世期の王権の低下に乗じてヨーク公リチャード・プランタジネットがイングランド王位を要求し、1455年にランカスター派と内戦(薔薇戦争)に突入した。

薔薇戦争中にヨーク公リチャード自身は敗死するが、結局ヨーク派はランカスター派の放逐に成功し、1461年にヨーク派によるヨーク朝が成立する。ヨーク朝は3人の王を出したが、1485年の薔薇戦争最後の戦闘であるボズワースの戦いリチャード3世リッチモンド伯ヘンリー・テューダーに敗れて戦死してヨーク朝は滅亡し、薔薇戦争も終結した。リッチモンド伯はヘンリー7世として即位し、イングランド王位はテューダー朝に引き継がれた。

エドワード3世の家系[編集]

エドワード3世の五男でヨーク家の始祖エドマンド・オブ・ラングリーには、エドワード・オブ・ノリッジリチャード・オブ・コニスバラの2人の息子がいた。兄エドワードは1402年に公爵位を継承したが、子孫ができぬままに1415年10月のアジャンクールの戦いで戦死した。弟リチャードの方は、1415年6月にサウザンプトンの陰謀事件[1]で国王ヘンリー5世に対する反逆罪で処刑された。だがリチャードの方はアン・ドゥ・モーティマー[2]と結婚しており、後継ぎとなるリチャード・プランタジネットがいた。こうして少年リチャード・プランタジネットは伯父エドワードのヨーク公領と父リチャードのケンブリッジ伯領を継承する事になった。

さらにアン・ドゥ・モーティマーは弟エドマンドが1425年に死去すると、マーチ伯領を継承した。マーチ伯エドマンドはリチャード2世推定相続人でもあった。こうしてリチャード・プランタジネットは父と伯父だけでなく、モーティマー家のマーチ伯領と王位継承権まで相続した。

薔薇戦争[編集]

ヨーク家のシンボルは白薔薇であり、今もヨークシャージャコバイトの記章として使用されている。

プランタジネットの血脈、爵位、王位継承権が揃っていたリチャード・プランタジネットであったが、王廷における主要なポストは与えられなかった。これは病弱な国王ヘンリー6世の周辺、特にサマセット公ジョン・ボーフォートと王妃マーガレット・オブ・アンジューの方針だった。この頃からヨーク家とボーフォート家との対立は深まり、ヘンリー6世の病状が悪化した1453年から1454年にごく短期間ヨーク公リチャードが国王の後見人の座を勝ち取ったが、国王が回復するとすぐにボーフォート家は復権し、ヨーク公の官職はことごとくサマセット公が引き継いだ。

薔薇戦争はこの翌年のセント・オールバーンズの戦いから始まった。当初リチャードの戦争目的は、国王の周辺からランカスター派の貴族を一掃する事にあった。彼がヨーク家自身の王位継承権を主張したのは1460年10月になってからである。この年、ヨーク派はノーサンプトンの戦いで国王ヘンリー6世を生け捕りにしていた。だが勝利は長くは続かず、12月のウェイクフィールドの戦いで逆にヨーク公リチャードとその次男エドマンドが捕らえられ、処刑された。

リチャードの王位継承の志は息子エドワードが継いだ。後に「キング・メーカー」と呼ばれるウォリック伯リチャード・ネヴィルの支援を受けたエドワードは、続くモーティマーズ・クロスの戦いでランカスター派を破り、前途を切り開いた。これに対応するためにヘンリー6世とマーガレット・オブ・アンジューが北部で活動していた間に、ウォリック伯は首都の支配権を得て、1461年にロンドンでエドワードが国王であると宣言されるようにした。その間にエドワードはタウトンの戦いで大勝して事実上ランカスター派軍を壊滅させ、王位を決定的にした。

ヨーク朝国王の統治[編集]

エドワード4世として即位したエドワードだが、その統治の初めはサマセット公らランカスター派の残党による反乱の鎮圧に費やされた。それが落ち着いた頃に、エドワードの妃問題を契機としてエドワードを国王に押し上げたウォリック伯リチャード・ネヴィルまで離反した。ウォリック伯はマーガレット・オブ・アンジュー(前国王ヘンリー6世の王妃)、クラレンス公ジョージ(エドワード4世の弟でウォリック伯の娘婿)と手を結んで1470年に前国王ヘンリー6世の復位に成功したが、翌1471年にはエドワード4世が復位してヘンリー6世はロンドン塔で殺された。

1483年にエドワード4世が死去すると、王位は12歳の息子であるエドワードが継いだが、少年王の摂政となったエドワード4世の弟グロスター公リチャードはエドワード5世をその弟のヨーク公リチャード・オブ・シュルーズベリーと共にロンドン塔に監禁した。塔に入れられて以降、王子たちは消息を絶った。

議会は「王たる資格[3]」という文書の中で、前王エドワード4世の結婚が無効であるため2人の王子は庶出であり、グロスター公リチャードこそが正当な王位継承者であると宣言した。1483年7月、グロスター公が即位してリチャード3世となった。

ヨーク家の敗北[編集]

リチャード3世には多くの敵がいた。それは主にランカスター派支持者であり、彼らの支持はランカスター家とつながりの深いテューダー家のリッチモンド伯ヘンリー・テューダーへと集まっていった。1483年の終わりに起こったクーデターの試みは失敗したが、1485年にリチャード3世はボズワースの戦いでリッチモンド伯と対戦した。この戦闘で、リチャード3世の重要な支持者の何人かが寝返ったり参陣を見送ったりしたことにより、リチャード3世は戦死した。リチャード3世は歴史上プランタジネット家の最後の王であり、戦死した最後の王でもある。

リッチモンド伯は自身が国王であると宣言し、ヨーク家とランカスター家の生き残りたちの融合の象徴としてエドワード4世の長女エリザベス・オブ・ヨークを妻として、1603年まで続くテューダー朝の祖ヘンリー7世として即位した。

後にドゥ・ラ・ポールの一族が正式なヨーク家の権利継承者と認められた。1525年のパヴィアの戦いリチャード・ドゥ・ラ・ポールが死ぬと、マーガレット・ポールがヨーク家の最後の生き残りとなり、彼女の子孫がヨーク家の遺産を継いでいった。

歴代国王[編集]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード3世
 
フィリッパ・オブ・エノー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペドロ1世
カスティーリャ王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トマス・ホランド
ケント伯
 
ジョーン・オブ・ケント
 
エドワード黒太子
 
ライオネル・オブ・アントワープ
 
エリザベス・ドゥ・バロー
 
エドマンド・オブ・ラングリー
ヨーク公
 
イザベラ・オブ・カスティル
 
コンスタンス・オブ・カスティル
 
ジョン・オブ・ゴーント
 
ブランシュ・オブ・ランカスター
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トマス・ホランド
ケント伯
 
 
リチャード2世
 
エドマンド・モーティマー
マーチ伯
 
フィリッパ・オブ・クラレンス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キャサリン・スウィンフォード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー4世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョン・ホランド
エクセター公
 
エリザベス
 
エレノア・ホランド
 
ロジャー・モーティマー
マーチ伯
 
エドワード・オブ・ノリッジ
ヨーク公
 
 
 
 
 
 
コンスタンス・オブ・ヨーク
 
トマス・ル・デスペンサー
グロスター伯
 
ジョーン・ボーフォート
 
ラルフ・ネヴィル
ウェストモーランド伯
 
ヘンリー5世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョン・ホランド
エクセター公
 
 
 
 
 
エドマンド・モーティマー
マーチ伯
 
 
 
アン・ドゥ・モーティマー
 
リチャード・オブ・コニスバラ
 
 
 
 
イザベル・ル・デスペンサー
 
リチャード・ドゥ・ボーシャン
ウォリック伯
 
 
 
リチャード・ネヴィル
ソールズベリー伯
 
ヘンリー6世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リチャード・プランタジネット
ヨーク公
 
セシリー・ネヴィル
 
 
 
 
 
 
 
アン・ドゥ・ボーシャン
 
リチャード・ネヴィル
ウォリック伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー・ホランド
エクセター公
 
アン・オブ・ヨーク
 
エリザベス・ウッドヴィル
 
エドワード4世
 
エドマンド・プランタジネット
ラットランド伯
 
ジョン・ドゥ・ラ・ポール
サフォーク公
 
エリザベス・オブ・ヨーク
 
マーガレット・オブ・ヨーク
 
シャルル
ブルゴーニュ公
 
ジョージ・プランタジネット
クラレンス公
 
イザベル・ネヴィル
 
リチャード3世
 
アン・ネヴィル
 
エドワード・オブ・ウェストミンスター
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー7世
 
エリザベス・オブ・ヨーク
 
エドワード5世
 
リチャード・オブ・シュルーズベリー
ヨーク公
 
 
 
 
 
ジョン・ドゥ・ラ・ポール
リンカーン伯
 
リチャード・ドゥ・ラ・ポール
 
 
 
 
 
リチャード・ポール
 
マーガレット・ポール
 
エドワード・プランタジネット
ウォリック伯
 
 
 
エドワード・オブ・ミドルハム
 
 
 
 
 
 
 
 


凡例

脚注[編集]

  1. ^ サウザンプトンの陰謀事件 (Southampton Plot:伯父クラレンス公ライオネル・オブ・アントワープの曾孫に当たる義弟のマーチ伯エドマンド・モーティマー (Edmund Mortimer, 5th Earl of Marchをヘンリー5世に代えて王位につけようとしたが、マーチ伯本人がヘンリー5世に通報したため失敗に終わった事件
  2. ^ アン・ドゥ・モーティマー (Anne de Mortimer:マーチ伯エドマンド・モーティマーの姉
  3. ^ 王たる資格(Titulus Regius):「王たる資格(Titulus Regius)」の日本語訳

関連項目[編集]

外部リンク[編集]