リチャード・クロムウェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リチャード・クロムウェル

リチャード・クロムウェル(Richard Cromwell, 1626年10月4日 - 1712年7月12日)は、イングランドの政治家、護国卿(在任:1658年 - 1659年)。清教徒革命の指導者で、革命後にイングランド共和国の護国卿となったオリバー・クロムウェルとエリザベス・バウチャー夫妻(5男4女あり)の三男。

1654年から国会議員となって父を補佐し、1657年には国会議員とオックスフォード大学の総長を兼任している。1658年に死去した父の後を継いで第2代護国卿となったが、父ほどの器量や才能がなく、議会を解散して父以上の独裁政治を行おうとしたため議会の反発を買い、翌年、就任から8ヶ月で辞任を余儀なくされた。父の晩年から共和政は崩壊しつつあったが、リチャードが後を継いだことは、崩壊をより促進させる結果となった。

辞任後は父の部下チャールズ・フリートウッドジョン・ランバートと議会が争ったが、やがて彼らを排除したジョージ・マンクチャールズ2世をイングランドに迎え入れ1660年王政復古を実現させると、報復を恐れてフランス王国に亡命する。以後は名前を変えてパリで過ごしていたが、1680年頃にイングランドに帰国して、政界に関わらず余生を送った。1712年、満85歳で死去した。イングランドの統治期間はわずか8ヶ月と短かったが、2012年エリザベス2世が国王在位のまま86歳を迎えるまで、英国史上もっとも長命だった統治者である。

先代:
オリバー・クロムウェル
Flag of The Commonwealth.svg 護国卿
第2代: 1658 - 1659
次代:
廃止
先代:
オリバー・クロムウェル
Flag of The Commonwealth.svg 元首
1658 - 1659
次代:
チャールズ2世