ハートフォードシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハートフォードシャー
EnglandHertfordshire.svg
地理
様態 典礼および非都市カウンティ
リージョン イングランド東部
面積
総面積
行政区画
36 位
1,643 km2 (634 sq mi)
32 位
カウンシル所在地 ハートフォード
ISO 3166-2 GB-HRT
ONSコード 26
NUTS 3 UKH23
人口統計
人口
総人口 (2006年推計値)
人口密度
行政区分
登録人口
16位
1,058,600
644 /km2 (1,670 /sq mi)
6位
1,058,600
民族構成 88.8% イギリス系白人
1.7% アイルランド系白人
3.2% その他の白人
1.6% インド系
政治

Hertfordshire County Council
http://www.hertsdirect.org/
国会議員
ディストリクト
HertfordshireNumbered.png
  1. スリー・リヴァーズ
  2. ワトフォード
  3. ハーツメアー
  4. ウェルイン・ハットフィールド
  5. ブロクスボーン
  6. イースト・ハートフォードシャー
  7. スティーブニッジ
  8. ノース・ハートフォードシャー
  9. セント・オールバンズ
  10. ダコラム

ハートフォードシャー (Hertfordshire) は東イングランドの地域で、ハートフォードシャー州 (the county of Hertfordshire、Hertfordshire county) とも呼ばれる。大ロンドンの北に隣接し、エセックス州、ベッドフォードシャー州、バッキンガムシャー州、ケンブリッジシャー州などと接している。 高級住宅街で知られ、デビッド・ベッカムをはじめ各界の著名人が邸宅を構える土地でも有名。

歴史[編集]

交通[編集]

ハートフォードシャーはロンドンとイングランド中部・北西部を結ぶ交通の通過点となっており、結果として交通の便が良い。過去には運河が重要な役割を担った他、現在も複数の鉄道高速道路が通っている。

主な道路では、ヨークシャースコットランドへのA1 (Great North Road)、北ウェールズへのA5 (en:Watling Street) 、中部イングランドへのA41 (en:Sparrows Herne turnpike) が域内を南北に通過している。東西方向の主な道路は、南部ではA414、北部ではA505である。この他、高速道路ではM1A1(M)がいずれも南北方向に通じている他、ロンドンの外郭環状道路であるM25が南端部を掠めている。

主な鉄道路線としては、スティーブニッジをとおりヨークシャースコットランドを結ぶ東海岸本線ワトフォード (Watford) をとおり中部イングランド、ウェールズ北西イングランドグラスゴーを結ぶ西海岸本線の2大幹線を始めとした複数の幹線が南北に横切っているが、東西方向にはワトフォード - セント・オールバンズ (St.Albans) やヒッチン (Hitchin) - ロイストン (Royston) - ケンブリッジ (Cambridge) など一部に存在するのみである。 また、ワトフォードへはロンドン地下鉄が伸びてきており、通勤客の重要な足となっている。

ハートフォードシャー内ではないが、スタンステッドルートンの2つの国際空港が隣接地域に所在している。

外部リンク[編集]