ノーサンプトンシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーサンプトンシャー
EnglandNorthamptonshire.png
地理
様態 典礼および非都市カウンティ
リージョン イースト・ミッドランズ
面積
総面積
行政区画
24 位
2,364 km2 (913 sq mi)
22 位
カウンシル所在地 ノーサンプトン
ISO 3166-2 GB-NTH
ONSコード 34
NUTS 3 UKF23
人口統計
人口
総人口 (2006年推計値)
人口密度
行政区分
33位
669,300
283 /km2 (730 /sq mi)
16位
民族構成 95.1% 白色人種
2.0% アジア系
1.2% 有色人種
政治

Northamptonshire County Council
http://www.northamptonshire.gov.uk/
国会議員
ディストリクト
NorthamptonshireNumbered.png
  1. サウス・ノーサンプトンシャー
  2. ノーサンプトン
  3. ダヴェントリー
  4. ウェリングボロー
  5. ケタリング
  6. コービー
  7. イースト・ノーサンプトンシャー

ノーサンプトンシャー(Northamptonshire, 略称:Northants)はイングランド中部の内陸部にある地域で、ノーサンプトンシャー州 (the county of Northamptonshire、Northamptonshire county) とも呼ばれる。人口629676人(2001年の国勢調査)を擁する。ウォリックシャー州、レスターシャー州、 ラットランド州、ケンブリッジシャー州(ピーターズボローを含む)、ベッドフォードシャー州、バッキンガムシャー州(ミルトンキーンズを含む)と接している。オックスフォードシャー州との境界線は、イングランドで最も短い(19メートル)。州都はノーサンプトンである。

ノーサンプトンシャーは歴史的な建造物と家が多種多様であることからよく「旦那と尖塔(squires and spires)」の州と呼ばれてきた。

ノーサンプトンシャーの花は、キバナノクリンザクラである。

地理[編集]

ノーサンプトンシャーはイングランド中部地方としては高地に位置する。ここにはセヴァーン川ワッシュ川の分水嶺がある。ノーサンプトンシャー北西部に重要な水源地が数箇所あり、そうしたものにニーン川(ワッシュ川に注ぐ)とエイヴォン川(セヴァーン川に注ぐ)がある。1820年代には「他のどこからも流れてこないちっぽけではあっても只一つの小川」と自慢されるところだった。それでもノーサンプトンシャーの最高地点は、225m(738ft)のあまり高くないアーベリーヒルである。

ノーサンプトンはノーサンプトンシャーでは人口194122人を有するずば抜けて大きい都市で、ケタリング(85223人)、ウェリングボロー(48428人)、コービー(48025人)、ラッシュデン(25849人)、ダヴェントリー(22367人)と続いている。ノーサンプトンシャーの人口の殆どは、四つの大都市(地図の第2区、第4区、第5区、第6区を参照)のある中央部を南北に走る地域に集中している。西部(第1区と第3区)と東部(第7区)は、主として小さな町に村が多くある農村部である。ノーサンプトンシャーは南西から北西に走る細長い州である(ソークオヴピーターズボローを加えるともっと細長い)。

地名[編集]

ここに挙げるのは、町の検証のある人口5000人を越える主な村落やその他の有名な地名である。村落の完全な一覧は、ノーサンプシャーの地名一覧(英文)を参照のこと。

ピーターバラ[編集]

ピーターバラを含むソークオヴピーターバラは、歴史上ノーサンプトンシャーと関連があり、ノーサンプトンシャー主教管区はここの大聖堂に集まっている事実がある。

歴史[編集]

ケルト族が入植する以前から開拓が行われ、古代ローマ帝国期の村落とローマ街道の痕跡が幾つか残っている。最も有名なのは、ワットリング街道が通っていて、今日タウセスターにある「ラクトドルム」と呼ばれるローマ時代の重要な村落があった。他にノーサンプトンにはローン近郊のニーン渓谷沿いにローマ時代の村落があった。

ローマ人が去ると、アングロ・サクソン族マーシア王国に併合され、ノーサンプトンは統治の中心地としての機能を果たした。9世紀にデーン人(ヴァイキング)に侵略され、簡単に言えばデーンロウに含まれることになったが、後にサクソン族に返還を要求された。

ノーサンプシャーはアングロ・サクソン年代記1011年)に初めてHamtunscireと記録された。Northは更に南にできた有力なHamtun(サウサンプトン)とノーサンプトンを区別するために付け加えられた。

後にロッキンガム城ウィリアム征服王のために作られ、エリザベス朝(エリザベス1世)まで王国の要塞に使われた。跡地のフォサリングヘイ城は、メアリー1世が処刑される前に収監されていた所である。

バラ戦争中の1460年ノーサンプトンの戦いが行われ、ヘンリー6世が捕えられた。

清教徒革命のときはノーサンプトンシャーは議会派を強く支持し、王党派はノーサンプトンシャー北部で1645年ネイズビーの戦いで壊滅的な敗北を喫した。チャールズ1世は後にホールデンビーに幽閉された。

18世紀19世紀は、ノーサンプトンシャーの各地で工業化が進んだ。ノーサンプトンと周辺地域は、大規模な靴製造業と革製品製造業ができ、19世紀末には間違いなく靴の製造において世界の中心であった。北部は大規模な鉄鉱石採掘が発展した。20世紀1930年代)、コービーは製鉄業の大中心地として作られた。それでもノーサンプトンシャーには農村地帯が広く残っている。

第二次世界大戦後、南ミッドランド地区の開発が求められ、コービーは1950年、ノーサンプトンは1966年にニュータウン法によるニュータウンとして指定された。この結果、両市とその周辺は大きく成長することとなった。

政治[編集]

下院議員[編集]

ノーサンプトンシャーからは下院議員が6人選出されている。2005年の選挙で2人が労働党、4人が保守党である。

州政府[編集]

シャーの付くイングランドの殆どの州のようにノーサンプトンシャーは政治機構が2階建てになっている。ノーサンプトンシャーはノーサンプトンに拠点のある選挙で選ばれた州議会があり、同じくそれぞれに評議会のある7地区に分かれている。

地区名はコービー、ダヴェントリー、東ノーサンプシャー、ケタリング、ノーサンプトン、南ノーサンプトン、ウェリングボローである(地図を参照のこと)。東ノーサンプトンシャーの地区議会事務所は、スラプストンに本部があり、南ノーサンプトンシャーはタウセスターに本部がある。ノーサンプトンシャーも数多くの教区がある。

2005年までノーサンプトンシャー議会は73の小選挙区で、1993年から労働党が与党で、その前は1981年から各政党が伯仲していた。農村地区(ダヴェントリー、東ノーサンプトンシャー、南ノーサンプトンシャー)の議会は、保守党が強いのに対して都市部は他の党派と拮抗している。2003年の地方選挙で労働党はコービーを獲得しただけでケタリング、ノーサンプトン、ウェリングボローを失った。州議会は4年ごとに全議席が改選され、前回2005年5月5日に行われた選挙で与党は労働党から保守党に移った。州議会は「議長と内閣」制度を使い、地域委員会がある。

ノーサンプトン自体は独立行政区でないイングランドで最も人口の多い都市部にある点でやや変わっている(もっと小さい地域が独立行政区になっている地区が数箇所あるのに)。1990年代の地方政府改革でノーサンプトン自治都市議会は州議会と関係が分かれることになる独立行政区に認められるよう強く請願した。

ノーサンプトンシャーにノーサンプトンシャー警察があり、ノーサンプトンシャー消防・救急隊が管轄している。

1974年以前はストーク・オヴ・ピーターズボローは形式的な目的のためにノーサンプトンシャーに含まれると考えられていたが、19世紀から独自の州議会があり、その前から独自の四季裁判所があった。現在は通常はケンブリッジシャーに形式上含まれているとみなされている。

運輸[編集]

ワットフォード峡谷の丘にある峡谷は、ノーサンプトンシャーを通って南東から北西に走っていた。ローマ街道(ワットリング街道)は(現在A5の一部になっている)ここを通っていて、後年運河と鉄道、主要道になった。

道路[編集]

M1高速道路とA14のような主要道により東西南北の交通にノーサンプトンシャーでは役立っている。嘗てコービーの製鋼所街だった地域は、現在広大な倉庫業と流通業の中心地になっている。

川と運河[編集]

グランドユニオン運河(ブローストンにて)

主要な運河はオックスフォード運河グランドユニオン運河の2つで、ブローストンでノーサンプシャーに流れ込んでいる。特徴としてはロザースソープに17ある水門の開閉、ストークブルアーンの運河博物館、ブリスワースの3076ヤード(2313m)とイギリスの航行可能な運河で三番目に長いトンネルが知られている。

グランドユニオン運河の支流は、ノーサンプトンでニーン川に流れ込んでいて、ところどころ拡幅されており、「ニーン航路」として知られている。ギロチン水門で有名である。

鉄道[編集]

ダヴェントリー付近でM1高速道路と並んで走るウェスト・コースト本線

2つの幹線鉄道(ウェストコースト本線ミッドランド本線)がノーサンプトンシャーを横切っている。多いときには75の駅があった。現在はオックスフォードシャーとの州境から約1ヤード離れた所にあるロンドン・バンベリー線キングズサットン駅と共にノーサンプトン駅ロングバックビー駅(ウェストコースト本線)、ケタリング駅ウェリングボロー駅(ミッドランド本線)の5つのみとなっている。

コービーは鉄道駅のないイギリスの大都市のひとつである。鉄道はこの町を通っているが(ケタリングからラットランドのオーカムまで)現在は貨物輸送と時折客車に転用された電車が通るだけである。コービーを通る線は、嘗てメルトンマウブレー経由でノッティンガムに行く主要線の一部であったが、メルトン・ノッティンガム間は1968年に廃止された。1980年、コービーとケタリングを結んで定期交通の実験が行われたが、失敗に終わった。バスは中部大線がケタリング駅からコービーを結んで運行している。2005年現在、コービーに新駅を作る計画があり、ロンドンのセント・パンクラス駅と直接結ぶ計画で、ケタリングと結ぶ支線ではないが、まだ具体化していない。

ノーサンプトンシャーは1960年代に鉄道淘汰計画で大打撃を受けた。廃止されたもので最も知られているものに、ノーサンプトンからウェリングボロー、スラプストン、アウンドルまでのピーターズボローに至る線である。この廃止でノーサンプトンシャー東部に鉄道はなくなった。この線はネーンヴァレー鉄道として小規模な形で再開し、ノーサンプトンシャーにあるヤーウェルの合流地点に駅がある。

廃止線にはノーサンプトン駅からマーケットハーボローと結ぶ線があるが、ブランプトン渓谷道として国立サイクリングネットワークに含まれている一方で、ノーサンプトン・ランポート鉄道に現在なっている。

1897年前半にノーサンプトンシャーはイギリス海峡の下にトンネルを通そうとしてグレート・セントラル鉄道が創設され英仏海峡トンネルを鉄道で結ぼうとしているという噂があった。英仏海峡トンネルと結ぶ計画が実現に至ることはなかったが、ノーサンプトンシャーを通る鉄道網は実現し、チャーウェルトン、ウッドフォードホールス、ヘルムドン、ブラックリーに駅があった。1966年に廃止されるまで1923年にはロンドン・ノース・ウェスタン鉄道(1948年にはイギリス国鉄)の一部であった。

1948年に鉄道が国有化されイギリス国鉄が作られるまで四大鉄道会社のうち3社(LMS:ロンドン・ミッドランド・アンド・スコティッシュ鉄道、LNER:ロンドン・アンド・ノース・イースタン鉄道、GWR:グレートウェスタン鉄道)の本社がノーサンプトンシャーにあった。SR:サザン鉄道だけは本社を置いていなかった。民営化後はヴァージン・トレインズロンドン・ミッドランドチルターン・レイルウェイズイースト・ミッドランズ・トレインズが運行している。1948年には3社75駅だったものが、4社5駅になっている。

報道機関[編集]

ノーサンプトンシャーにはBBCラジオ局BBCラジオノーサンプトン局があり、2つのFM周波数(南部と西部向けの(ノーサンプトンとその周辺を含む)104.2MHzと北部向けの(ケタリングとコービーを含む)103.6MHzで放送している。商業ラジオ局は3つある。ノーサンズ96(96.6MHz FM)はG Capメディアグループで、同時にAMClassic Gold(1557kHz)も全国ネットの傘下にいる。旧ケタリング・コービー放送(KCBC)は最終的にFMの107.4MHzに移る前は元々AMの1530kHz(後に1584kHz)で放送していた。スタジオとFM周波数は、ウェリングボローに本社があり97.2MHzと107.4MHzで放送しているConnect FMと合併した今も使っている。

全国的なDABも、ノーサンプトンシャーで受信できるが、受信地域は限られている。2005年現在DAB放送局の多重放送は、まだ行われていない。

ノーサンプトンシャーのラジオ放送とテレビ放送の範囲は、通常中部地区東部に含まれていないとされ、例外的にBBC東部地区とITV (イギリス)系列のアングリアテレビの(後者はノーサンプトンのアビントン通りのBBCラジオノーサンプトン局の近くにスタジオがある)放送地域に含まれるイースト・アングリアと関連があると見られている。上記の放送は、サンディーヒース中継所から発信されている。

スポーツ[編集]

ノーサンプトンシャーを本拠地に置くクラブに、ノーサンプトン・タウンラシュデン&ダイアモンズケタリング・タウンなどがあり、2008-2009シーズンはノーサンプトン・タウンはリーグ2(4部相当)に、ラシュデン&ダイアモンズとケタリング・タウンはカンファレンス・ナショナル(5部相当)にそれぞれ所属している。 ノーサンプトンシャーは更に多くのラグビーチームが活躍していて、ノーサンプトンセインツはプレミアシップ(最高位のリーグ)に所属している。ノーサンプトンシャー州クリケットクラブは現在チャンピオンシップの第2部にいる。

シルバーストーンには自動車レース場であるシルバーストン・サーキットがあり、イギリスグランプリで有名である。

コービーのロッキンガムスピードウェイは、アメリカ合衆国式の楕円形のサーキット(アメリカ合衆国以外では最大)で、あらゆる自動車レースに幅広く使われている。

名所[編集]

年間行事[編集]

大学(学寮)[編集]

  • フレトンハウス
  • グレンドンホール
  • ナストンホール
  • ムールトン学寮(農業大学)
  • トレシャム学寮
  • ノーサンプトン大学学寮

関連項目[編集]

外部リンク[編集]