イースト・アングリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーフォークサフォークがイースト・アングリアの中核である。西にケンブリッジシャー、南にエセックスがある。

イースト・アングリアEast Anglia)は、イングランド東部の地方名。東のアングル人の土地という意味である。アングロ・サクソン王国時代のイースト・アングリア王国に因む。瘤のように北海に突き出した半島部を中心に、ノーフォーク州とサフォーク州全域、ケンブリッジシャーエセックスリンカーンシャーの一部を含む。 行政的にはイースト・オブ・イングランド行政圏の一部をなしている。

なお、ノーフォーク州のノリッチ西郊にイースト・アングリア大学がある。

歴史[編集]

520年頃、ノース・フォークとサウス・フォークを併せてイースト・アングアリア王国が成立した。アングロ・サクソン七王国のひとつである。616年頃、レッドウォールド王(在位:599年 - 627年)はライバルのノーサンブリア王国を破り、覇権を確立した。しかし、その後はマーシア王国によって3度打ち破られ衰退、794年にはマーシア王オッファの支配下に入った。825年から827年にかけてマーシアの支配に対する大反乱が起こり、イースト・アングリア王国は一時的に復興された。だが、870年デーン人エドマンド殉教王を打ち破って、イースト・アングリア王国を滅ぼした。

イースト・アングリアの名称はデーン人が付けたものである。