カンブリア (イングランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カンブリア
EnglandCumbria.png
地理
様態 典礼および非都市カウンティ
起源 1974年
リージョン イングランド北西部
面積
総面積
行政区画
3 位
6,768 km2 (2,613 sq mi)
2 位
カウンシル所在地 カーライル
ISO 3166-2 GB-CMA
ONSコード 16
NUTS 3 UKD11/12
人口統計
人口
総人口 (2006年推計値)
人口密度
行政区分
登録人口
41位
496,200
73 /km2 (190 /sq mi)
28位
496,200
民族構成 96.7% イギリス系白人
1.7% その他の白人
0.6% アジア系
0.5% 混血
0.2% 中国系
0.2% アフロ・カリブ系
0.1% その他
政治

Cumbria County Council
http://www.cumbria.gov.uk/
国会議員
ディストリクト
  1. バロー・イン・ファーネス
  2. サウス・レイクランド
  3. コープランド
  4. アラーデール
  5. イーデン
  6. シティ・オブ・カーライル

カンブリア (Cumbria) はイングランド北西端のカウンティ。1974年にかつてのカンバーランドウェストモーランドWestmorland)に加え、ランカシャーヨークシャーの一部が統合する形で誕生した。古くはケルト系のカンブリア人ウェールズ人に近い)が住み、カンブリア語英語版が話されていた。湖水地方をはじめとした豊かな自然で有名。

歴史[編集]

地理[編集]

カンブリアの地形図

カンブリアはイングランドで最も北西にあるカウンティである。

カンブリアの北端と西端はそれぞれデッドウォーター英語版南ウェルニー島英語版のちょうど西である。カークビー・スティーブン英語版(タンヒル英語版の近く)とセント・ビーズ・ヘッド英語版はそれぞれカウンティの東端と西端である。978メートル (3,209 ft)のスカーフェル・パイク英語版はイングランド及びカンブリアの最高地点である。ウィンダミア湖英語版はイングランドで最大の天然湖である。ランカスター運河英語版はプレストンから南カンブリアまでの間を通り、現在でも一部が使用されている。かつてモーカム湾英語版まで通じていたウルバーストン運河英語版は一度1945年に閉鎖されたものの現在でも維持されている。

境界と区画[編集]

カンブリアはイングランドのカウンティであるノーサンバーランドダラムノースヨークシャーランカシャーそしてスコットランドのカウンティであるダムフリースアンドギャラウェイ英語版スコットランドの国境英語版と境界を接する。

境界線は西はアイルランド海からモーカム湾英語版に、東はペナイン山脈に沿っている。カンブリア北部の境界線はソルウェイ平原英語版からソルウェー湾へとスコットランドからノーサンバーランドの境界に沿って東に延びる。

カンブリアは アラーデール英語版バロー・イン・ファーネスシティ・オブ・カーライルコープランド英語版エデン英語版サウス・レイクランド英語版の6つの地域(イングランドの地方)で構成されている。カンブリアは管理の為にに東、西、南に分けられている。東はカーライル市とエデン地区、西はアラーデールとコープランド、南はレイクランドとバロー・イン・ファーネスで構成されている。

2007年1月、カンブリア州議会はコミュニティ・地方自治省に検討の為提出される新しいunitaryアメリカンメガトレンド英語版カンブリア州議会を作る為、カウンティと地方議会で構成される現在の2層システムを廃止する決議に関する投票が行われた。[1] これは否決された。

カウンティはカーライルペンリス・アンド・ザ・ボーダーワーキントンコープランドウェストモーランド・アンド・ロンズデールバロー・アンド・ファーネスで構成される地域から選出される庶民院の6人に戻った。


政治[編集]

教育[編集]

文化[編集]

市町村[編集]

姉妹都市[編集]

市町村 地方 姉妹都市
Carlisle Carlisle ドイツの旗 ドイツ Flensburg
ポーランドの旗 ポーランドSłupsk
Cockermouth Allerdale フランスの旗 フランス Marvejols
Dalton-in-Furness Barrow-in-Furness アメリカ合衆国の旗 アメリカ Dalton, Pennsylvania
Kendal South Lakeland アイルランドの旗 アイルランド Killarney
ドイツの旗 ドイツ Rinteln,
Penrith Eden オーストラリアの旗 オーストラリア Penrith, New South Wales
Sedbergh South Lakeland スロベニアの旗 スロベニア Zreče
Ulverston South Lakeland フランスの旗 フランス Albert
Whitehaven Copeland ブルガリアの旗 ブルガリア Kozloduy[2]
Windermere South Lakeland ドイツの旗 ドイツ Diessen am Ammersee
Workington Allerdale ドイツの旗 ドイツ Selm
フランスの旗 フランス Val-de-Reuil

交通[編集]

観光名所[編集]

カウンティの象徴と紋章[編集]

カンブリア州議会の紋章は1974年10月10日紋章院より与えられた。 紋章はその地域を代表し、新しい州議会の地域が置かれた。紋章である緑の枠の楯にはカンバーランドを代表するパルナッソスの花とランカシャー(ファーネス地区)の赤いバラ、そしてヨークシャー(ウェスト・ライディング英語版、現在はセドバーグ)の白いバラをあしらっている。紋章の頂上はウェストモーランド州議会とバロー州市の両方の紋章から採った雄羊の頭のてっぺんだったがカンバーランドのパルナッソスの花が再び描かれた。さらに伝説のDacre Bull (カンバーランド)とレッドドラゴン(Appleby in Westmorland英語版)が対になっている。この二つはハドリアヌスの長城(カンバーランド)を表す区画をベースに二つの赤い棒を(ウェスト・モーランドの紋章より)横切るように配置されている。 [3]

カンブリア州議会の標語("I shall lift up mine eyes unto the hills")は旧約聖書詩編121篇ラテン語"Ad Montes Oculos Levavi"に由来する。[3]

カンブリア州の州旗はカンブリア州議会のheraldic flag英語版である。[4]

脚注[編集]


関連項目[編集]

ウェールズ語でウェールズを表す古名がラテン語化されて派生したCambriaとは異なる。

外部リンク[編集]