スコティッシュ・ボーダーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スコティッシュ・ボーダーズ

スコティッシュ・ボーダーズThe Scottish Borders)は、スコットランドの行政区画の一つ。しばしばボーダーズと略称で呼ばれるが、これは旧称でもある。32の地方議会の一つ。州都はニュータウン・セント・ボスウェルズ1975年に、バーウィックシャー、ピーブルズシャー、ロクスバラシャー、セルカークシャー、ミッドロージアンの一部を加え再編成された。現在の名称となったのは1996年からである。州内の人口は、2006年現在で110,200人。面積は4,732平方キロメートル。

地理[編集]

州内を西から東へツイード川が流れ、丘が多い。東部はマースという平坦な地域である。ツイード川はベリック=アポン=ツイード近郊で北海に注ぐ。かつてのイングランド=スコットランド国境は、現在より20マイルほど長かった。主な町は、ガラシールズ、セルカーク、ハウィック、ジェドバラ、アールストン、ケルソー、セント・ボスウェルズ、メルローズ、ツイードバンクである。

歴史[編集]

歴史的にボーダーズは広義の意味があり、イングランド領内の国境地帯、ダンフリースシャー、カークカドブライトシャー、ノーサンバーランドシャーカンバーランドウェストモーランドをも含んでいた。

ロクスバラシャーとバーウィックシャーは歴史的にイングランドの影響を受けて成立しており、スコットランド独立戦争において宣戦布告をしていた。よってボーダーズはスコットランドとの戦争のまっただ中におかれ、多くの城や僧院・町が廃墟と化した。

スコティッシュ・ボーダーズの人々は自分たちの地域と歴史に非常に誇りを持っており、しばしば自身を『ボーダラーズ』(Borderers)と呼ぶ。

地名にスコットランド・ゲール語から派生したものが多い。しかし5世紀までに勢力を失い、代わってブリトン語古英語が主言語となった。古英語からスコットランド語や現在のスコットランド英語が派生した。

交通[編集]

スコティッシュ・ボーダーズには駅がない。ヴィクトリア朝期に鉄道網が敷かれたが、第二次世界大戦後、ビーチング報告に基づくイギリス国鉄路線網の大幅な整理により廃止された。2007年スコットランド議会はウェイヴァリー線の再整備を決定しエディンバラからツイードバンクまで再び繋がる予定。今日、イースト・コースト本線が州内を通る唯一の鉄道である。最寄りの駅はエディンバラ・ウェイヴァリー駅、ベリック=アポン=ツイード駅、カーライル駅となり、中心部から離れている。

州内の町はバス網でつながっている。高速バスは、主要な町とエディンバラ及びカーライルの駅とを往復する。

州内には商業空港がない。最寄りの空港は、国際空港でもあるエディンバラ空港ニューカッスル空港である。

関連項目[編集]