ペンリス (ニューサウスウェールズ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Penrith
ニューサウスウェールズ州
St. Stephen's Penrith.jpg
聖スティーブンス教会
Penrithの位置(ニューサウスウェールズ州内)
Penrith
Penrith
郵便番号: 2750
世界測地系: 南緯33度45分 東経150度42分 / 南緯33.750度 東経150.700度 / -33.750; 150.700座標: 南緯33度45分 東経150度42分 / 南緯33.750度 東経150.700度 / -33.750; 150.700
面積: 12.33 km² (4.8 sq mi)
地域自治体: シティ・オブ・ペンリス
地域: シドニー都市圏
選挙区: Penrith
代議院選出地区: Lindsay
Penrithの周辺にある地域:
キャッスルリー クレーンブルック ケンブリッジ・ガーデンズ
エミュー・プレーンズ Penrith ケンブリッジ・パーク
ジェミソンタウン サウス・ペンリス キングスウッド

ペンリス(Penrith)は、オーストラリアニューサウスウェールズ州にあるシドニーのサバーブ。シティ・オブ・ペンリスの市役所が設けられており、シドニー中心業務地区の西、50kmの地点にある。ネピアン川の東岸に位置する。

歴史[編集]

ペンリスの名は、イングランドカンブリア州の同名の都市に由来する。ペンリスの名前の初出は、1819年である[1]

アボリジニの時代[編集]

ヨーロッパ人がオーストラリア大陸に上陸する以前のペンリスは、ダラグ人en)の部族であるマルゴア部族が居住していた。彼らは、「gunyahs」と呼ばれる間に合わせの帽子を被りカンガルーなどの野生動物やネピアン川の魚、ヤムイモなどを狩猟・採集する生活を営んできた。マルゴア部族の人々の多くは、ヨーロッパ人が持ち込んだ天然痘によって、彼らの上陸後に死に絶えた。

イギリスの植民の開始[編集]

現在のペンリスの地域を最初に探検したのは、ワトキン・テンチen)である。彼は、エヴァン・ネピアン卿(en)にちなんで、地域に流れる川をネピアン川と名づけた[2]。ニューサウスウェールズ植民地の第3代総督であるフィリップ・ギドリー・キングen)が1804年ダニエル・ウッドリフen)に1000エーカーの土地を与えたことが、この地区の植民の開始である。1814年ウィリアム・コックスen)がウッドリフの土地を通り抜ける形で、シドニーからブルー・マウンテンズへ至る道路を建設した。1817年には、ペンリスに法廷が建設された[1]1828年には、郵便局が、1844年には、聖公会の教会である聖スティーブンス教会が、1850年には、カトリックの教会である聖ニコラス教会が建設された。

ペンリスの発展には、2人の人物が大きくかかわっている。一人目が、トーマス・ジェミソンen、1752年/53年-1811年)である。彼は、1788年ファースト・フリートen)の乗組員の一人である。シティ・オブ・ペンリスのサバーブであるジェミソンタウンは彼の名前にちなんでいる。二人目が、トーマスの子供で、ジョン・ジェミソンen、1776年-1844年)である。1824年、ジョンは、ニューサウスウェールズ最初のジョージア建築en)であるリージェントヴィル・ハウスをネピアン川を臨む場所に建設した。さらに、ジョンは、印象的な農業関連の不動産を残し、さらには、ニューサウスウェールズ州上院(en)の議員になった。彼が建設したリージェントヴィル・ハウスは、1868年に消失したが、建築資材の多くがペンリス周辺の建築資材として再利用された。

他に著名な人物として、バッキンガムシャーから移住したトーマス・フロスト(1862年没)と彼の妻であるサラ[3]である。サラは、サミュエル・マースデンen)によって洗礼を受け、彼女の兄弟であるロバート・ロープは、オーストラリアで生まれた最初のヨーロッパ人であると評判を受けた[4][5]ニューサウスウェールズ総督であったトーマス・ブリスベーンに陳情を重ねた結果、1822年10月13日、トーマス・フロストは、囚人の立場から解放され、ネピアン川沿いに20ヘクタールの農地と125頭の家畜を持つことが許された。「(前任の総督である)ラックラン・マッコーリーはフロストが農地を経営することを喜んでいる」とフロストは言った。フロストは、さらに20ヘクタールの土地をバサーストに保有した。フロストの墓は、よい状態でペンリスの聖スティーブンス教会に保存されている。

ネピアン川に最初に橋がかかったのは、1856年のことであるが、最初の橋は洪水で流出した。シドニーからペンリスに鉄道が延伸したのは、1863年のことであり、1865年には学校が建設された。1871年には、ペンリスは、地方公共団体(ミュニシパリティ)となり、1959年には、周辺のサバーブとともに、シティ・オブ・ペンリスを形成している[1]。シティ・オブ・ペンリスの市役所が設けられている。

地理[編集]

ネピアン川にかかるヴィクトリア橋。エミュー・プレーンズとつながる。

ペンリスは、カンバーランド平原en)の西端に位置し、おおむね、平坦な町である。カンバーランド平原は、北はウィンザー、東はパラマッタ、南はサールメア間で広がる平原である。ネピアン川がサバーブの西端を流れ、ブルー・マウンテンズの山々を眺望することができる。

気候[編集]

ペンリスの気候は、温暖湿潤気候Cfa)二分類される。シドニー中心業務地区(CBD)よりも内陸部に位置するため、夏や冬の夜は、シドニーよりも幾分温度が低くなる。極端な例では10度も温度が違うこともありうる。一般的な夏は18度から30度、冬は6度から18度までの間を推移する。また、海から遠いことから、シドニーCBDが海洋性のスコールが降ることもあり、降水量に関しては300から400mm少ない。平均年間降水量は698.6mmである。過去の最高気温は2001年1月に記録した46度である。

もっとも湿潤な時期は、10月から3月の春から夏にかけて、逆に4月から9月は乾燥している。とはいえ、年間の降雨は、どのつきにも満遍なく振っていて、特定の月が突出して雨が降るという気候ではない[6]

Penrithの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 46.0
(114.8)
45.0
(113)
40.6
(105.1)
34.2
(93.6)
28.4
(83.1)
26.0
(78.8)
25.2
(77.4)
29.7
(85.5)
35.8
(96.4)
38.9
(102)
43.0
(109.4)
41.8
(107.2)
46.0
(114.8)
平均最高気温 °C (°F) 30.7
(87.3)
29.4
(84.9)
27.5
(81.5)
24.6
(76.3)
21.0
(69.8)
18.3
(64.9)
17.7
(63.9)
19.7
(67.5)
23.1
(73.6)
25.8
(78.4)
26.8
(80.2)
29.3
(84.7)
24.6
(76.3)
平均最低気温 °C (°F) 18.3
(64.9)
18.4
(65.1)
16.6
(61.9)
12.9
(55.2)
9.6
(49.3)
6.6
(43.9)
5.4
(41.7)
6.2
(43.2)
9.5
(49.1)
12.1
(53.8)
14.6
(58.3)
16.8
(62.2)
12.3
(54.1)
最低気温記録 °C (°F) 11.3
(52.3)
11.6
(52.9)
8.3
(46.9)
3.6
(38.5)
2.1
(35.8)
−0.5
(31.1)
−1.4
(29.5)
−0.5
(31.1)
2.5
(36.5)
5.0
(41)
7.8
(46)
9.8
(49.6)
−1.4
(29.5)
降水量 mm (inch) 91.6
(3.606)
122.8
(4.835)
65.8
(2.591)
38.9
(1.531)
44.5
(1.752)
48.7
(1.917)
31.6
(1.244)
29.4
(1.157)
32.1
(1.264)
58.4
(2.299)
78.6
(3.094)
58.1
(2.287)
698.6
(27.504)
出典: [7]

公共交通[編集]

ペンリス駅

ペンリスの中心にあるペンリス駅は、シティレール・ウェスタン線における主要駅である。また、ペンリス駅には、バスターミナルが設けてある。

ペンリスは、シドニーからブルー・マウンテンズへ走る東西の道路と南北を走るマルゴア・ロード(ニューサウスウェールズ州道14号線)の交差点で交通の要衝でもある。

商業[編集]

ペンリスは、グレーター・ウェスタン・シドニーen)のなかでも商業が集積している。ペンリス駅南口にあり、最大は、300の小売店を併設するウェストフィールド・ペンリスである。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Local suburb profile - Penrith”. Penrith City Council. 2008年5月18日閲覧。
  2. ^ The early land alienation pattern”. Penrith City Council. 2008年5月18日閲覧。
  3. ^ Nepean Times, 19 August 1882, reports on her death
  4. ^ The Australian Genealogist, Vol.II, part 3, July 1936, which gives his birth date as 5 September 1788.
  5. ^ The Pioneers of Sydney Cove, p.87, which gives his birth date as 5 November 1788.
  6. ^ Climate statistics for Penrith Lakes”. Bureau of Meteorology. 2008年5月18日閲覧。
  7. ^ Climate statistics for Penrith”. Australian Bureau of Meteorology. 2010年8月31日閲覧。

外部リンク[編集]