トーマス・ブリスベーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サー・トーマス・マクドゥーガル・ブリスベーン

サー・トーマス・マクドゥーガル・ブリスベーン準男爵(: Sir Thomas Makdougall Brisbane, 1st Baronet1773年7月23日 - 1860年1月27日)はイギリスの軍人、植民地施政官である。 ロイヤル・ゲルフ勲章英語版ナイト・グランド・クロス勲爵士(GCH)、バス勲章 ナイト・グランド・クロス勲爵士(GCB)、王立協会フェロー(FRS)[1]エディンバラ王立協会英語版フェロー(FRSE)。 天文学者としても活躍し、1835年に南半球の恒星の星表、ブリスベーン・カタログを出版した。1828年王立天文学会ゴールドメダルの受賞者。

1773年7月23日スコットランドエアシャイア英語版にサー・トーマス・ブリスベーンの息子として誕生、エディンバラ大学天文学数学を学ぶ。1789年もしくは1793年に陸軍に入隊、フランドル西インド諸島スペイン北アメリカで活動。初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリーのもとで働き、ウェリントンの推薦により1821年オーストラリアニューサウスウェールズの知事に任命された。植民地の農業の発展、通貨制度の改良などに功績があり、名前がオーストラリアのブリスベン川ブリスベン市に残されている。植民地の支配階層との争いにより1825年に知事を解任されスコットランドに帰国。1936年1938年に軍人としての復帰を要請されたが断り天文学の研究などを続けた。

天文家としての活動は1808年に自宅に私設天文台を建設して観測を行った。その観測結果は航海システムの進歩に貢献した。オーストラリアへも彼の観測機器と2人の助手、カール・ルートヴィヒ・クリスティアン・ルムカー英語版ジェイムズ・ダンロップ英語版を伴い、パラマッタにオーストラリアで初めての本格的な天文台を設立した。1828年に王立天文学会ゴールドメダルを受賞し、1835年に南半球の7,385個の星を収録したブリスベーン・カタログを出版した。スコットランドに戻った後もケルソー英語版の近くの妻の領地に天文台を設立し、天文観測を続けた。1832年にサー・ウォルター・スコットの後をついでエディンバラ王立協会の会長に選ばれた。科学研究の後援のためにエディンバラ王立協会ゴールドメダルを創設した。

名祖[編集]

カリフォルニア州の都市、ブリスベンは彼にちなんでいない。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Brisbane; Sir; Thomas Makdougall (1773 - 1860)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2012年3月21日閲覧。
先代:
ラックラン・マッコーリー
ニューサウスウェールズ州知事
1821–1825
次代:
ラルフ・ダーリング英語版