労働党 (イギリス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政党
労働党
Labour Party
党首 エド・ミリバンド
成立年月日 1900年2月27日
本部所在地 ロンドン
庶民院議席数
(42%)
258 / 620
2010年5月27日現在)
貴族院議席数
(30%)
211 / 704
2010年3月12日現在)
政治的思想・立場 中道左派
民主社会主義
社会民主主義
第三の道
公式サイト The Labour
シンボル
国際組織 社会主義インターナショナル
欧州社会党
社会民主進歩同盟
テンプレートを表示

労働党(ろうどうとう、: Labour Party)は、イギリス中道左派政党

イギリスにおいて保守党二大政党を形成している。社会主義インターナショナル加盟。

歴史[編集]

結党・福祉路線[編集]

1906年の結党以来、社会民主主義政党として労働者の生活の向上を唱え、失業保険の充実、社会保障制度の整備などに努めてきた。労働党が行った福祉政策の方向性を指して、「ゆりかごから墓場まで」という言葉が作られた。また、アトリー内閣では石炭鉄道通信などの重要基幹産業の国営化を行った。ただしフェビアン協会の影響力などもあり、党内で教条主義の影響力は限られ、キリスト教社会主義社会改良主義の影響が強かった。また組織としては労働組合の組合員が事実上、自動的に労働党員となるなど、組合の影響力が非常に大きかった。

しかし、こうした福祉政策の充実と基幹産業の国営化は、植民地独立による大英帝国の没落とともに国家財政を逼迫させ、経済の悪化をもたらした。こうした状況は英国病と呼ばれた。優遇された労組の度重なるストライキにより社会が麻痺状態に陥った不満の冬(1978年1979年)が、イギリス国民の労働党不信を決定づけ、労働党は18年に渡り政権から遠ざかることとなった。1980年代から1990年代中頃までの保守党政権時代、特にマーガレット・サッチャー内閣にとってはこの英国病の克服は重要な課題であった。

ブレア政権[編集]

保守党のサッチャー政権の下で新自由主義に基づく構造改革が進み、経済状況が回復する中、従来の福祉国家路線に拘り、労働組合に依存する労働党は一般有権者の支持を得られず、党勢の低迷が続いた。そこで、1994年に党首となったトニー・ブレアは既存の福祉政策でもサッチャリズムでもない、自由主義経済と福祉政策の両立を謳った「第三の道」路線を提唱し、労働組合の影響力を大幅に減らした「New Labour(新しい労働党)」をアピールした。

これにより、保守党政権によって拡大した所得の格差に不満を持った人々や、長期政権に飽きていた有権者の支持を集めて、1997年総選挙で地滑り的な大勝を収める。以後、「福祉のニューディール」やスコットランド議会の再開などの地方分権が進められている。この「第三の道」路線はヨーロッパ諸国の社会民主主義政党にも大きな影響を与えた。結果的に、ブレア政権下では労働党史上初となる総選挙での3期連続勝利をもたらした。

一方、対テロ戦争でのアメリカ追随の姿勢には、閣僚の中からも批判の声があがり、支持率が低下。保守党が若手のデービッド・キャメロンを党首に選出して変化をアピールしたことなどから、統一地方選で労働党は敗北し、ついには保守党に支持率で10%もの差をつけられるまでに陥った。このため、2006年9月には2007年秋までにブレアが首相・党首を辞任する意向であると発表された。

ブラウン政権[編集]

2007年5月、ブレアは正式に退陣を表明し、6月の臨時党大会で財務大臣ゴードン・ブラウンが後継党首に選出された。その後、6月27日にブレアは首相を辞任、ブラウンが新首相に就任した。なお、ブラウンが党首になった時点での世論調査では労働党の支持率が一時的に回復し、保守党を上回った。

しかし、2008年2009年の統一地方選挙では保守党に相次いで大敗するなど党勢は低迷。2009年には英政界を巻き込んだ経費不正請求のスキャンダルにより、ブラウンを始め多くの議員が関与していたことが発覚した。

2010年総選挙において、労働党は改選前と比べ90議席以上を減らして惨敗。しかし、保守党も過半数確保には至らず、36年ぶりとなる「ハング・パーラメント」(宙ぶらりん議会)に陥った。労働党は自民党と連立協議を行ったが不調に終わり、13年ぶりに与党の座を保守党と自民党の連立政権に明け渡した。

野党転落[編集]

その後、エド・ミリバンドが兄弟対決を制して新党首に選ばれ、党の再建に当たることとなった。ミリバンドはブラウン寄りの党内左派であり、「組合重視」の姿勢を示している。これにより、労働党・保守党・自民党の主要3党の党首すべてが40代という若返りを実現した。

2012年5月の統一地方選では、首都ロンドンの市長選は落としたものの、リバプールでの初の市長選で圧勝。181議会における議員選挙でも地滑り的な大勝を収めた。

主要な支持母体・基盤[編集]

古くから労働組合を強固な支持母体としており、組合出身の組織内議員も多数存在する。ただ、本項にもあるように組合寄りの政策を取り過ぎたあまり、経済活動の停滞や財政の圧迫を招いたこともある。一方でトニー・ブレアは「脱労働組合」路線を掲げて、中間層の支持取り込みを図り、総選挙で大勝を収めた。

また、保守党が富裕層や地方出身者、中高年層からの支持が強いのに対して、労働党は低所得者層や都市部の地域、若年層から支持が強い傾向が見られる。ロンドンマンチェスターエディンバラなどの都市部では、多くの選挙区で議席を獲得している。人口ごとに割り当てられた小選挙区制度の区割りの上で、労働党有利とされる由縁でもある。

また、音楽業界や映画業界などのエンターテインメントの業界からの支持も強い。有名なところでは、ビートルズ(メンバー全員)、ピーター・ガブリエル(1998年には国内最高の個人献金を寄付)、ノエル・ギャラガー(元オアシス)、J・K・ローリングハリー・ポッターシリーズの著者)など多数の人物が支持を公言している。2007年にはブラーデイヴ・ロウントゥリーが労働党公認で総選挙に出馬している(結果は落選)。ただし、イラク戦争を契機に緑の党自由民主党などに支持を鞍替えする人物も目立っている。

歴代党首[編集]

太字は首相経験者。ただし、首相在任期間と党首在任期間は異なる。は臨時代理党首。

画像 就任 辞任 在任期間 生没年
1 ケア・ハーディ Keir Hardie crop.jpg 1906年2月17日 1908年1月22日 1年 11ヵ月 5日間 1856年8月15日 - 1915年9月26日
2 アーサー・ヘンダーソン Arthurhenderson.jpg 1908年1月22日 1910年2月14日 2年 3週 2日間 1863年9月13日 - 1935年10月20日
3 ジョージ・ニコル・バーンズ Replace this image JA.svg 1910年2月14日 1911年2月6日 11か月 3週 2日間 1859年1月2日 - 1940年4月21日
4 ラムゼイ・マクドナルド Ramsay MacDonald ggbain.29588.jpg 1911年2月6日 1914年8月5日 3年 5か月 4週 2日間 1866年10月12日 - 1937年11月9日
5 アーサー・ヘンダーソン Arthurhenderson.jpg 1914年8月5日 1917年10月24日 3年 2か月 2週 5日間 1863年9月13日1935年10月20日
6 ウィリアム・アダムソン 1917年10月24日 1921年2月14日 3年 3か月 3週間 1863年4月2日 - 1936年2月23日
7 ジョン・ロバート・クラインス Replace this image JA.svg 1921年2月14日 1922年11月21日 1年 9か月 1週間 1869年3月27日 - 1949年10月23日
8 ラムゼイ・マクドナルド Ramsay MacDonald ggbain.29588.jpg 1922年11月21日 1931年9月1日 8年 9か月 1週 4日間 1866年10月12日 - 1937年11月9日
9 アーサー・ヘンダーソン Arthurhenderson.jpg 1931年9月1日 1932年10月25日 1年 1か月 3週 3日間 1863年9月13日1935年10月20日
10 ジョージ・ランズベリー Replace this image JA.svg 1932年10月25日 1935年10月8日 2年 11か月 1週 6日間 1859年2月21日 - 1940年5月7日
11 クレメント・アトリー Attlee BW cropped.jpg 1935年10月8日 1955年12月14日 20年 2か月 6日間 1883年1月3日 - 1967年10月8日
12 ヒュー・ゲイツケル Replace this image JA.svg 1955年12月14日 1963年1月18日 7年 1か月 4日間 1906年4月9日 - 1963年1月18日
13 ジョージ・ブラウン
George Brown
Replace this image JA.svg 1963年1月18日 1963年2月14日 3週 6日間 1914年9月2日 - 1985年6月2日
14 ハロルド・ウィルソン Dodwilson.JPG 1963年2月14日 1976年4月5日 13年 1か月 3週 1日間 1916年3月11日 - 1995年5月24日
15 ジェームズ・キャラハン James Callaghan.JPG 1976年4月5日 1980年11月3日 4年 6か月 4週 1日間 1912年3月27日 - 2005年3月26日
16 マイケル・フット Replace this image JA.svg 1980年11月3日 1983年10月2日 2年 10か月 4週 1日間 1913年7月23日 - 2010年3月3日
17 ニール・キノック Kinnock, Neil.jpg 1983年10月2日 1992年7月18日 8年 9か月 2週 2日間 1942年3月28日 -
18 ジョン・スミス Replace this image JA.svg 1992年7月18日 1994年5月12日 1年 9か月 3週間 3日 1938年9月13日 - 1994年5月12日
19 マーガレット・ベケット Margaret Beckett May 2007.jpg 1994年5月12日 1994年7月21日 2か月 1週 2日間 1943年1月15日 -
20 トニー・ブレア Tony Blair WEF 2008 cropped.jpg 1994年7月21日 2007年6月24日 12年 11か月 3日間 1953年5月6日 -
21 ゴードン・ブラウン Gordon Brown Davos Jan 08.jpg 2007年6月24日 2010年5月6日 1951年2月20日 -
22 ハリエット・ハーマン Harriet Harman, January 2009 2.jpg 2010年5月11日 2010年9月25日 1950年7月30日 -
23 エド・ミリバンド Ed Miliband on August 27, 2010 cropped-an less red.jpg 2010年9月25日 在任中 1969年12月24日 -

歴代副党首[編集]

画像 就任 退任
1 ジョン・ロバート・クラインス
en:John Robert Clynes
Replace this image JA.svg 1922年 1932年
2 ウィリアム・グラハム
William Graham
(2人体制)
Replace this image JA.svg 1931年 1932年
3 クレメント・アトリー Attlee BW cropped.jpg 1932年 1935年
4 アーサー・グリーンウッド
en:Arthur Greenwood
Replace this image JA.svg 1935年 1945年
5 ハーバート・モリソン
en:Herbert Morrison
Replace this image JA.svg 1945年 1955年
6 ジム・グリフィス
en:Jim Griffiths
Replace this image JA.svg 1955年 1959年
7 アナイリン・ベヴァン
en:Aneurin Bevan
1959年 1960年6月6日
(在任中死亡)
8 ジョージ・ブラウン
George Brown
Replace this image JA.svg 1960年 1970年6月18日
(落選)
9 ロイ・ジェンキンス Replace this image JA.svg 1970年6月19日 1972年4月7日
10 エドワード・ショート
Edward Short
Replace this image JA.svg 1972年4月 1976年
11 マイケル・フット Replace this image JA.svg 1976年 1980年11月10日
(党首に選出)
12 デニス・ヒーリー
Denis Healey
Replace this image JA.svg 1980年11月4日 1983年6月11日
13 ロイ・ハタズリー
Roy Hattersley
Roy Hattersley 2012 cropped 2.jpg 1983年6月11日 1992年4月11日
14 マーガレット・ベケット Margaret Beckett May 2007.jpg 1992年4月11日 1994年5月12日
(臨時党首に就任)
15 ジョン・プレスコット John Prescott on his last day as Deputy Prime Minister, June 2007.jpg 1994年7月21日 2007年6月24日
16 ハリエット・ハーマン Harriet Harman, January 2009 2.jpg 2007年6月24日 現職

党内の派閥[編集]

年表[編集]

月日 できごと
1881年 社会民主同盟(SDF)が設立される
(社会民主同盟はイギリス最初の社会主義政党であり、マルクス主義政党で後に労働代表委員会に参加するも、労働党にはジョン・バーンズやラムゼイ・マクドナルドなどの一部のメンバーが参加)
1884年 1月4日 シドニー・ウェッブベアトリス・ウェッブ夫妻によって前身となるフェビアン協会が設立
フェビアン協会にはジョージ・バーナード・ショーH・G・ウェルズが参加していた
1896年 独立労働党が設立
1900年 社会民主同盟、フェビアン協会、独立労働党の3団体と65の労働組合が参加して労働代表委員会を結成。ラムゼイ・マクドナルドを議長に選出
1906年 労働代表委員会を議会政党に組織変更し労働党と改称。ケア・ハーディを議長に選出
2月8日 同年の総選挙で29議席獲得
1914年 マクドナルドを含む多くの党員が第1次世界大戦に反対。戦争反対を唱えないアーサー・ヘンダーソンが議長職をひきつぐ
1916年 デビッド・ロイド・ジョージによる挙国一致内閣で政権参加
1918年 シドニー・ウェッブの協力のもと、「社会主義綱領」制作。同4条で「生産手段の国有」を宣言
1924年 自由党と連立しラムゼイ・マクドナルド政権誕生
1929年 総選挙で第一党に。労働党単独政権成立(第2次マクドナルド内閣)
1931年 世界恐慌に対する対応でマクドナルドが党と対立。一部議員が離党し、マクドナルド派、保守党自由党との国民政府が成立
以降1935年までマクドナルドが国民政府首相。以降、首相がスタンリー・ボールドウィンネヴィル・チェンバレンと保守党党首に交代した後も国民政府派は政権に参加。
1940年 保守党党首・首相ウィンストン・チャーチルの下で挙国一致体制に参加。
1945年 総選挙で保守党に対し、393議席を獲得し圧勝。労働党単独で初めて過半数の議席を占有。クレメント・アトリー首相となり初の安定単独政権
1946年 リチャード・クロスマンを中心に党内左派グループ「キープ・レフト」結成。
1951年 4月 予算案において、軍事費捻出のためにゲイツケル蔵相が義歯と眼鏡の有料化を打ち出したのに対し、元保健相アニュエリン・ベヴァンが反対して閣僚を辞任。ハロルド・ウィルソンもこれに従い辞任
10月25日 総選挙で敗北。政権を失う
1955年 12月14日 ヒュー・ゲイツケルが党首に就任。労働党内で穏健派が優勢に。後の政権奪回への布石となる。
1959年 ゲイツケル党首、国有化を定めた党規約第4条の改正を試みるも、失敗。
1963年 1月18日 党首ヒュー・ゲイツケルが急死。副党首ジョージ・ブラウンが臨時党首に
2月14日 新党首にハロルド・ウィルソンを選出
1964年 10月16日 総選挙に勝利し政権を奪回。第1次ウィルソン内閣成立
1970年 6月19日 総選挙に敗北。労働党下野
1973年 10月 党大会において、社会主義的な「1973年綱領」を採択
1974年 2月28日 総選挙において最大議席301を獲得(保守党297・自由党14)
3月 保守党・自由党の連立交渉が決裂。第2次ウィルソン内閣成立
10月10日 総選挙に勝利。319議席を獲得
1976年 ウィルソンの辞任を受けた党首選挙キャラハンが党首に就任。同時に、キャラハン政権成立
1979年 5月3日 総選挙マーガレット・サッチャー率いる保守党に敗北。労働党下野
1980年 11月4日 党首選挙においてマイケル・フットが新党首に選出。デニス・ヒーリーが副党首に
1981年 党内の対立から右派のロイ・ジェンキンスシャーリー・ウィリアムズデイヴィッド・オーウェンウィリアム・ロジャーズら「4人組」が離党し、社会民主党を結成(同党はのちに自由党と合流、現在の自由民主党となる)
1983年 6月11日 一方的核軍縮の断行・欧州共同体からの脱退などを掲げて戦った総選挙で大敗。獲得議席数209は戦後最低。
11月 党首選挙においてニール・キノックを新党首に選出。副党首にロイ・ハタズリーが就任
1987年 6月11日 総選挙でサッチャー率いる保守党に敗北(保守:375 労働229)
1992年 4月9日 総選挙でメージャー保守党に敗北(保守:336 労働:271)。2連敗を喫す
7月18日 総選挙敗北をうけ、キノック党首が辞任。党内選挙において新党首にジョン・スミス、副党首にマーガレット・ベケットを選出
1993年 10月 党首選出・議員候補者の決定・大会での採決方法に関する規約を改正(ブロック投票制の廃止)
1994年 5月12日 党首ジョン・スミスが急死。マーガレット・ベケット副党首が臨時党首に就任
7月21日 党首選挙の結果、トニー・ブレアが新党首に就任。副党首選ジョン・プレスコットが選出
1995年 4月 臨時党大会において、生産手段の党綱領第4条(国有化条項)が改正される
5月 地方選挙で労働党が圧勝
10月 労働党大会開催。ブレア指導部が進める政策見直し案を圧倒的多数で承認
1997年 5月1日 総選挙で418議席を獲得し、圧勝。第1次ブレア政権成立
2001年 6月7日 総選挙で議席数をほぼ維持(412議席)。第2次ブレア政権発足
2005年 5月5日 イラク戦争への反発などから総選挙で大幅に議席数を減らすが、過半数を維持(356議席)。第3次ブレア政権。労働党政権としては最長の政権となる
2006年 4月26日 閣僚のスキャンダル・不祥事が同時に発覚。国民の労働党離れが加速(労働党のブラック・ウェンズデー)
5月4日 地方統一選挙で大敗。
5月5日 地方統一選での敗北を受け、内閣改造を実行。第3次トニー・ブレア改造内閣発足
2007年 6月28日 トニー・ブレア辞任を受けた党首選挙ゴードン・ブラウンが新党首に選出。ブラウン政権発足。副党首選挙ハリエット・ハーマンが選出
2008年 10月3日 内閣改造を実施。ゴードン・ブラウン改造内閣発足
2009年 6月5日 統一地方選での敗北と、大臣数名の辞任劇を受け、内閣改造を再び実行。ゴードン・ブラウン再改造内閣発足
2010年 5月6日 総選挙デービッド・キャメロン率いる保守党に敗北。自由民主党との連立協議に失敗し、ブラウンが辞任を表明。13年ぶり野党に転落。
9月25日 エド・ミリバンドが党首選に勝利。兄のデイヴィッド・ミリバンドなどを破る。
2012年 5月4日 181自治体における統一地方選で地滑り的な大勝。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]