1951年イギリス総選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
英国議会議事堂

1951年イギリス総選挙(1951ねんイギリスそうせんきょ、英語名:United Kingdom General Election 1951)は、英国議会(正式名称:グレートブリテン及び北アイルランド連合王国議会)の下院議員を選出するために1951年10月25日に行われた英国選挙である。

選挙データ[編集]

首相に返り咲いたチャーチル
クレメント・アトリー(労働党)
  • 選挙当時の首相クレメント・アトリー
  • 与党労働党
  • 議会構成下院庶民院)と上院貴族院)の両院で構成されている。しかし、上院は世襲貴族と一代貴族から任命される議員で構成されており、選挙で選出されるのは、下院議員のみである。
  • 下院議員の任期:5年。但し、5年の任期が満了する前に下院が解散されることが多い。
  • 下院の定数:625議席
  • 有権者数:34,919,331名
  • 候補者数:1,376名

選挙結果[編集]

党派別議席数及び得票数・率
党派 得票数 得票率 候補者 議席数
Conservative 保守党 12,660,061 44.3% 562 302
Labour 労働党 13,948,883 48.8% 617 295
National Liberal 自由党国民政府派 1,058,138 3.7% 55 19
Liberal 自由党 730,546 2.6% 109 6
Irish Nationalist アイルランド国民党 92,787 0.3% 3 2
Irish Labour アイルランド労働党 33,174 0.1 1 1
合計(Total) 625

有効得票総数:28,596,594票

得票率において労働党は保守党を僅差で上回ったものの、議席数では前回を大きく下回った。加えて選挙後に自由党国民政府派が保守党と合同したため、保守党が過半数を制して政権の座を奪回しチャーチルが再び首相の座についた。以後、労働党は13年間に渡り野党となった。戦争中から続いてきた統制経済に対して不満を強く抱いた中産階級や熟練労働者層の票が一気に保守党に流れたこと、労働党内における左右両派間の対立が表面化した事などが敗因としてあげられている。

参考書籍[編集]

関連項目[編集]