2010年イギリス総選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2010年イギリス総選挙
イギリス
2005年 ←
2010年5月6日

庶民院650議席
  第1党 第2党 第3党
  David Cameron Gordon Brown Nick Clegg
党首 デーヴィッド・キャメロン ゴードン・ブラウン ニック・クレッグ
政党 保守党 労働党 自由民主党
党首就任 2005年12月6日 2007年6月24日 2007年12月18日
党首の地盤 Witney Kirkcaldy
& Cowdenbeath
Sheffield Hallam
前回選挙 198議席 32.3% 356議席 35.3% 62議席 22.1%
獲得議席 307議席 258議席 57議席
議席増減 +97議席 −91議席 −9議席
得票数 10,726,614票 8,609,527票 6,836,824票
得票率 36.1% 29.3% 22.9%
激戦区 +3.9% -6.3% +1.0%

2010UKElectionMap.svg

2010年イギリス総選挙における党派別議席分布地図。
赤は労働党
青は保守党
オレンジは自由民主党

選挙前首相

ゴードン・ブラウン
労働党

選挙後の首相

デーヴィッド・キャメロン
保守党

2010年イギリス総選挙(2010ねんイギリスそうせんきょ、英語:英語:United Kingdom general election, 2010)は、英国議会(正式名称:グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会)の下院(庶民院)議員を選出するために2010年5月6日に投票が行われたイギリス庶民院総選挙である。

概要[編集]

前回2005年5月の総選挙以来、ほぼ5年ぶりに行われた選挙で、下院(庶民院)の議員任期(5年)が満了したことに伴って行われた。1997年以来13年間続いている労働党政権への是非が問われ、2007年5月に首相に就任して以来、一度も総選挙の信任を経ていないゴードン・ブラウンにとっては初めての選挙となった。

事前の世論調査では、与党労働党と野党第1党の保守党の支持率は、保守党が優勢であるものの労働党との差は僅差で、労働党と保守党と共に過半数を得られない(ハング・パーラメント)可能性が高いとの見方が強まっていた[1]

選挙制度[編集]

  • 議会構成:イギリス議会は、上院貴族院)と下院庶民院)の両院から構成されるが、上院は世襲貴族と一代貴族の中から任命されるため選挙は行われず、下院議員のみが総選挙で選出される。
  • 選挙権を有する者:18歳以上のイギリス国籍を有する男女及び英連邦市民、アイルランド共和国市民で一定の欠格要件(刑務所に服役中など)に該当しない市民で、居住地域の自治体で選挙人登録をした者。
  • 被選挙権を有している者:21歳以上の英国籍を有している男女及び英連邦市民、アイルランド共和国市民で、一定の欠格要件(貴族院議員であること等)に該当しない者
  • 下院議員の任期:5年(ただし、下院が解散された場合はその時点で議員職を失う)
  • 定数:650議席(選挙区の見直しで、前回より4議席増)

日程[編集]

  • 4月6日:ブラウン首相、エリザベス女王に謁見。12日に下院解散、5月6日の総選挙実施の選挙日程を発表[2]。事実上の選挙戦に突入。
  • 4月12日:下院解散。労働党、マニフェスト発表[3]
  • 4月13日:保守党、マニフェスト発表[4]
  • 4月15日:労働党・保守党・自由民主党の主要3政党党首による初のテレビ討論[5]
  • 5月6日:総選挙
  • 5月18日:新議会招集[6]

選挙をめぐる動き[編集]

争点[編集]

労働党政権への信任
1997年以来政権の座にあった労働党であったが、2007年に就任したブラウン首相は一度も総選挙の信任を受けていなかった。そのため、本選挙はブラウン首相の業績をどう判断するかという側面も持った。
党首によるアピール合戦
英国の二大政党制を担ってきた労働党・保守党ではあるが、冷戦体制が崩壊し、労働党も従来の社会主義政党から中産階級への支持獲得を目指す「ニュー・レイバー」運動を経て、両党の政策の差はほとんど縮まっていた。政策による違いが目立たない本選挙戦においては、「どの党首が首相にふさわしいか」という首相選択選挙の側面も大きかった。

ブラウン首相の失言[編集]

5月6日の総選挙に向け、全国遊説しているブラウン首相が4月28日、遊説先で女性有権者から意見されたことに腹を立て、移動する車中で女性に関する暴言を吐き、その音声がテレビ中継される事態が発生した。この音声はその後も繰り返し放送され、当時第3党である自民党に支持率で先を越され3位に落ち込み、厳しい選挙戦を強いられていた労働党にとって、選挙結果にさらに深刻な影響を与えたとされる。

失言はマンチェスター近郊のロッチデール選挙区 (enでブラウン首相が遊説した際に出た。「生涯にわたる労働党支持者」であると称する年金生活者の女性に、「東欧人が次々とやってくる、どこから大挙してやってくるのか?」と質問され、移民の受け入れ[7]や予算計上など、自身が推進する政策を厳しく批判された。その後、ブラウン首相は遊説が終わり次の遊説先に向かう車中において、テレビ用小型マイクが付いたままであることに気づかずに「最悪だ」「私をあんな女と会わせるべきではなかった」「ただの偏屈女[8]だ」「ばかばかしい」などと暴言を繰り返した[9]。こうした一連の発言は、小型マイクを通じて外部に知られるところとなり、女性は(ブラウン首相の発言に)「失望した」と憤慨した。そのため、首相はこの女性宅に直接訪問し、謝罪する結果となった[10][11]。 

選挙結果[編集]

投票日:2010年5月6日

党派別議席数と得票
党派 得票数 得票率
(%)
増減 候補者 当選者 増減
保守党 Conservative 10,726,614 36.1 +3.8 307 +97
労働党 Labour 8,609,527 29.0 -6.2 258 -91
自由民主党 Liberal Democrat 6,836,824 23.0 +1.0 57 -5
民主統一党 DUP 168,216 0.6 -0.3 8 -1
スコットランド国民党 SNP 491,386 1.7 +0.1 6 0
シン・フェイン SF 171,942 0.6 -0.1 5 0
プライド・カムリ PC 165,394 0.6 -0.1 3 +1
社会民主労働党 SDLP 110,970 0.4 -0.1 3 0
緑の党 Green 285,616 1.0 -0.1 1 +1
同盟党 Alliance 42,762 0.1 +0.0 1 +1
その他 321,309 1.1 0.0 1 0
その他の政党や候補者 1,758,518 0
合計 29,691,380 649

投票率:65.1%

出典BBC NEWS Election 2010 Results United Kingdam(2010年6月2日閲覧)

選挙の結果、与党である労働党が90議席以上を減らして惨敗し、野党の保守党が第1党となった。躍進が期待された第3党の自民党は当初予想より支持が伸びず、前回より議席をやや減らす結果となった。得票で見た場合、保守党と労働党の合計は65.1%で前回よりも2%低下した。また、自民党の得票率は23%程度なのに対し議席占有率は9%弱に留まるなど、少数派に不利な小選挙区制の特徴が露骨に現れる結果となり、自民党支持者や比例代表制の推進派からの批判が噴出した[12][13]

総選挙での各党の得票率と
議席占有率、その差異
党派 得票率 議席
占有率
差異
(+/-)
保守党 36.1 47.1 +11.0
労働党 29.0 39.8 +10.8
自由民主党 23.0 8.8 -14.2
その他 11.9 4.3 -7.6
出典:図「英総選挙での各党の得票率と議席占有率(5月8日時点)」、「英連立政権 厳しい船出 選挙制度や歳出削減 自民支持者が批判」しんぶん赤旗2010年5月18日付6面。

第1党となった保守党であるが、獲得議席は307議席と、下院の過半数にあたる326議席には届かなかったため、全政党が過半数割れとなるハング・パーラメント(宙ぶらりん議会)の状態が1974年2月の総選挙以来、36年ぶりに生じた。第1党となった保守党は13年ぶりの政権交代を実現するべく、第3党の自民党との協議に入る方針を示した[14]。そして、保守党は自民党と連立政権を樹立することで合意に達し、11日に保守党の党首であるキャメロンが首相に任命された[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “下院解散、選挙戦本格化=与野党接戦も-英”. 時事ドットコム. (2010年4月12日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010041200424 
  2. ^ “ブラウン英首相、5月6日の総選挙実施を確認”. ロイター通信. (2010年4月6日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-14687820100406 2010年4月14日閲覧。 
  3. ^ “英国下院が解散、総選挙へ 労働党はマニフェスト発表”. 朝日新聞. (2010年4月12日). http://www.asahi.com/international/update/0412/TKY201004120336.html 2010年4月13日閲覧。 
  4. ^ “政権交代へ「違い」アピール=保守党マニフェスト-英総選挙”. 時事ドットコム. (2010年4月13日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010041300942 
  5. ^ “総選挙へ3党首激突=英で初のTV討論会”. 時事ドットコム. (2010年4月16日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2010041600086 
  6. ^ “英新議会の招集は5月18日、今議会は4月12日に解散”. ロイター通信. (2010年4月7日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-14690920100406 
  7. ^ 労働党政権は、2004年5月に新規に欧州連合に加盟した、東欧を中心とした諸国(キプロスチェコエストニアハンガリーラトビアリトアニアマルタポーランドスロバキアスロベニア)からの移民受け入れに踏み切っていた。
  8. ^ 実際の発言は"bigoted woman"。bigotは偏屈者というだけでなく、人種差別主義者、狂信者というニュアンスもある
  9. ^ デイリー・テレグラフ』2010年4月28日 General Election 2010: Gordon Brown versus Gillian Duffy: transcript in full Here is the exchange in full between Gordon Brown and Gillian Duffy.
  10. ^ 支持者に「偏屈女」と陰口=総選挙直前、低迷与党に致命傷か-英首相。2010年4月29日付時事ドットコム
  11. ^ なお、ロッチデール選挙区では、労働党新人が自民党前職を破り、議席を獲得した。しかし全国での結果には影響があったと言われている。
  12. ^ “英保守党が第1党 過半数には届かず 与党・労働党は敗北”. しんぶん赤旗. (2010年5月8日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-05-08/2010050807_01_1.html 
  13. ^ “英、小選挙区制に疑問噴出 死に票53%、改革機運も”. 47NEWS(共同通信). (2010年5月9日). http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010050901000547.html 
  14. ^ 保守党、連立視野に自民と協議へ=「過半数なし」で政局流動化-英総選挙。2010/05/08-01:47配信 時事ドットコム
  15. ^ 保守キャメロン氏、首相就任=13年ぶり政権交代-自民党と連立・英 2010/05/12-08:49配信時事ドットコム

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]