1970年イギリス総選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
英国議会議事堂(ビッグベン

1970年イギリス総選挙(1970ねん イギリス そうせんきょ)は、英国議会(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国議会)の議員を選出するために1970年6月に行われた英国における総選挙である。

概要[編集]

選挙に勝利し、首相に就任したエドワード・ヒース(保守党)
当時の首相、ハロルド・ウィルソン

個人的な人気が高かったハロルド・ウィルソン首相率いる与党労働党の勝利が各種世論調査でも確実視されていたが、予想に反して保守党が僅差で勝利を収め、党首のエドワード・ヒースが首相に就任した。「労働党は2期以上連続して政権維持できない」というジンクスがこの選挙で作られた[1][2]。新たに首相に就任したエドワード・ヒースは、保守党では初めて下院議員による公選で党首に選出され、上流階級出身者が多い同党内では珍しく労働者階級である大工を父に持つ異色の政治家であった。

選挙データ[編集]

選挙結果[編集]

  • 投票日1970年6月18日
  • 有権者数:39,342,013名
  • 投票率:72.0%
  • 候補者数:1,837名
1970年イギリス総選挙、議席数と得票数/率(議席を得た政党のみ記載)
党派 得票数 得票率 候補者数 議席数
Conservative 保守党 13,145,123 46.4 628 330
Labour 労働党 12,208,758 43.1 625 288
Liberal 自由党 2,117,035 7.5 332 6
SNP スコットランド国民党 306,802 1.1 65 1
Unity 北アイルランド反対連合 140,930 0.5 5 2
Pro U プロテスタント・ユニオニスト 35,303 0.1 2 1
Rep LP 共和労働党 30,649 0.1 1 1
Ind Lab 労働党系無所属 24,685 0.1 3 1
合計(Total) 630

有効得票数:28,305,534票

脚注[編集]

  1. ^ 林真吾著『これが英国労働党だ』新潮選書127頁。
  2. ^ 後にこのジンクスは2005年トニー・ブレアが3期連続での政権維持に成功して破られることになる。

出典[編集]

関連項目[編集]