一代貴族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

一代貴族(いちだいきぞく、life peer)とは、イギリス貴族のうち、世襲ではなく、一代限りで貴族に叙された者である。現在の制度は、1958年一代貴族法で制定されている。一代貴族は全て男爵位であり、貴族院議員となる。

現在では世襲貴族は王室関係を除いてまったく作られておらず、一代貴族は世襲貴族より下と考えられがちだが、男爵同士なら全く同格である。1999年の貴族院法改正により、世襲貴族の議席数が約90人に限定されたため、かえって一代貴族のほうが特権が多い。

男爵と名付けられているものの、これは日本語の翻訳上のものであり、マーガレット・サッチャー首相のように、男性だけではなく女性も一代貴族になれる。英語での呼称は男性ならばBaron、女性ならばBaronessである。Baronessは一般的には男爵夫人と訳される事が多いが、一代貴族の場合は女男爵などと訳される場合がある。[要出典]

授爵者は、主に首相国会議長、重要閣僚、最高裁判事、政党幹部経験者などが引退後に与えられることが多い。作家のジェフリー・アーチャー保守党の副幹事長だったことにより一代貴族になっており、作家としてではない。また、1999年の貴族院法改正時には、新設の世襲貴族や貴族院議長の経験者などに貴族院の議席を与えるために、一代貴族を与えている。毎年、約20人程度作られ、1958年から2004年までに累計1,025人が一代貴族になっている。

一代貴族の爵位名(Baron ×××の部分)は、現在の新設世襲貴族もほとんどそうであるが、名字をそのまま爵位名とすることが多い。このためLordの敬称の後に名字がきているように見えるが、Lordの後につくのは爵位名である。

同じ名字の一代貴族が既に存在する場合、ミドルネームを含めた爵位名にするか、地名に付けることにより区別する。