ロイヤル・ヴィクトリア勲章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大綬章を着けた最初のナイト・グランドクロス受章者エドワード7世 (イギリス王)

ロイヤル・ヴィクトリア勲章Royal Victorian Order)はグレートブリテン及び北アイルランド連合王国の騎士団勲章。王室関係者が対象とされ、王族及び宮内長官から庭師や下僕に至るまでの王室に奉職した者へ、君主個人から贈られる勲章である。類似した勲章としてロイヤル・ヴィクトリア頚飾Royal Victorian Chain)があるが、別の勲章とされている。しかし、その授与対象や基準は、ロイヤル・ヴィクトリア勲章の直接上位勲章と言えるものである。


概要[編集]

ヴィクトリア女王の在位60周年を翌年に控えた1896年、女王に長年仕えた人達に対する女王からの贈り物として制定された。制定日は4月21日だが、公式記念日は女王が即位した日である6月20日とされている。当初は4等級が設けられていたが、1984年に5等級となった。

君主個人からの贈り物という性質上、叙勲の決定は君主個人の判断による。そして、叙勲の基準が君主との関係であることから、王族が主要な授与対象であり、女性王族のほぼ全員が最上級のデーム・グランド・クロスに叙されており、君主の親戚である外国の王族にも広く贈られてきた。また、外国の王妃や皇太子、王弟へ贈呈する勲章としても使われており、ガーター騎士である昭和天皇今上天皇も皇太子時代には男性最上級のナイト・グランド・クロスに叙されている。当初は、即位して日が浅いことや、非キリスト教徒であるといった理由でガーター勲章の基準に満たないとされる外国君主が訪英した場合にもロイヤル・ヴィクトリア勲章ナイト・グランド・クロス又はデーム・グランド・クロスが贈られていたが、ロイヤル・ヴィクトリア頚飾が制定されて以降はこの章が贈られるようになった。

内外の王族以外では、王室に関係する公職を務めた者や宮廷職員の他、イギリス連邦諸国へ行幸する際は現地の関係者が主な対象となる。外国人への叙勲も同様で、他国の宮廷関係者や、君主が他国を公式訪問する際にはその国の関係者へ贈られる。外国人で最初の受章者は、ヴィクトリア女王の外遊先のニース市長であった。日本人に関しても、初のナイト・グランド・クロスである林董は日英同盟締結の功によるものだが、二人目は徳大寺実則侍従長であり、昭和天皇の侍従長入江相政も叙勲されている。東郷平八郎の場合は、ジョージ5世の戴冠式に列席した際贈られた。

等級と勲章[編集]

アスローン伯爵

ナイト・コマンダー時代
ナイト・グランド・クロス昇任後
アスローン伯爵アレグザンダー・アドルファスAlexander Cambridge, 1st Earl of Athlone)はヴィクトリア女王の親戚で、1898年に女王よりナイト・コマンダーに叙され、1910年にナイト・グランド・クロスへ昇任された。

イギリスの他の騎士団勲章(order)と同様に、騎士団(勲爵士団)へ入団することが栄誉であり、記章はその団員証として授与されるものである。すなわち、叙勲されるという事は勲爵士団への入団を意味する。ロイヤル・ヴィクトリア騎士団は設立当初、グランドマスターである君主の下に4階級の団員で構成されており、1等は男性がナイト・グランド・クロス(Knight Grand Cross)で女性はデーム・グランド・クロス(Dame Grand Cross)、2等は男性がナイト・コマンダー(Knight Commander)で女性はデーム・コマンダー(Dame Commander)、3等はコマンダー (Commander)、4等はメンバー (Member)の勲位が与えられた。このうち、ナイト並びにデーム・グランド・クロス、及びナイト並びにデーム・コマンダーは、ナイトの爵位である。1984年、4等としてルテナント (Lieutenant)が増設され、メンバーは5等となった。

授与される勲章は記章の他、等級により頚飾や星章が授与される。各等級に共通する記章のデザインは、マルタ十字の中央に金文字で”Victoria”と記されたロイヤルブルーの環があり、その中には赤の七宝に”R”と”V”を組み合わせた金の飾り文字が配され、円の上には金と赤色七宝で作られた王冠が載っている。マルタ十字の材質が等級によって異なる。綬は等級により異なるが、パターンは共通で、ダークブルーの両縁に赤・白・赤のストライプが入っている。


ナイト・グランド・クロス及びデーム・グランド・クロス[編集]

ゴールドスティック(女王随行の近衛騎兵連隊長)任務の合間のルイス・マウントバッテン。ナイト・グランドクロスの星章を左胸一番下に着けている。

ポスト・ノミナル・レターズは”GCVO”。序列は、聖マイケル・聖ジョージ勲章ナイト・グランドクロス/デーム・グランド・クロスと大英帝国勲章ナイト・グランドクロス/デーム・グランド・クロスの間に位置し、騎士団勲章中の順位は8番目(運用中のものでは6番目)である。勲章は、記章の他に星章と頚飾が授与され、更に騎士団の正装として綬と同色のローブが定められている。

記章のマルタ十字は金地金に白の七宝。大綬を以て右肩から左腰へ掛ける。

星章は銀の八芒星の中心に、記章と同じデザインの金地金白色七宝製マルタ十字が配されている。左肋に佩用する。

頚飾は”VICTORIA”-”BRITT REG”-”DEF FID”-”IND IMP”の文字と各節の間に入る青い八角形の板を繋げた金の鎖で、中央の八角形の中には女王の横顔がデザインされた金のコイン、他の八角形の中には金の薔薇が埋め込まれている。頚飾の先端にも金地金白色七宝製マルタ十字の記章が下げられている。


ナイト・コマンダー及びデーム・コマンダー[編集]

エリザベス王太后生誕100年記念式典の実行委員長を務めた陸軍中将。

ポスト・ノミナル・レターズはナイト・コマンダーが”KCVO”でデーム・コマンダーは”DCVO”。序列は、聖マイケル・聖ジョージ勲章ナイト・コマンダー/デーム・コマンダーと大英帝国勲章ナイト・コマンダー/デーム・コマンダーの間に位置する。記章の他に星章が授与される。

記章のマルタ十字は金地金に白の七宝。ナイト・コマンダーは中綬を以て首から下げて、デーム・コマンダーは左胸上部の肩の辺りに蝶結びのリボンで留めて佩用する。

星章は大小の銀製マルタ十字が組み合わされた構図で、更に記章と同様のデザインで銀製のマルタ十字がその中心に組み込まれている。日本やフランスの2等勲章の星章が右胸なのに対し、本星章も左胸に佩用する。


コマンダー[編集]

Canadian Secretary to the Queenを務めたカナダ人。

ポスト・ノミナル・レターズは”CVO”。序列は、聖マイケル・聖ジョージ勲章コンパニオンと大英帝国勲章コマンダーの間に位置する。

記章のみが授与される。記章のマルタ十字は金地金に白の七宝。男性コマンダーは中綬を以て首から下げて、女性コマンダーは左胸上部の肩の辺りに蝶結びのリボンで留めて佩用する。


ルテナント[編集]

侍従武官(Aide-de-camp)を歴任したリチャード・ジョーンズ空軍大将en:Richard Johns。その後、Constables and Governors of Windsor Castleを務めてナイト・コマンダーへ昇任した。

ポスト・ノミナル・レターズは”LVO”。序列は、ディスティングリッシュド・サービス・オーダーと大英帝国勲章オフィサーの間に位置する。記章のみが授与される。記章のマルタ十字は金地金に白の七宝。小綬を以て左胸上部に佩用する。


メンバー[編集]

シルバースティック(ゴールドスティックの補佐)を努める王室騎兵の連隊長代理。

ポスト・ノミナル・レターズは”MVO”。序列は、帝国功労勲章と大英帝国勲章メンバーの間に位置する。記章のみが授与される。記章のマルタ十字は銀地金で七宝無し。小綬を以て左胸上部に佩用する。


参考資料[編集]

書籍[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]