世襲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

世襲(せしゅう)とは、特定の地位(官位爵位など)や職業、財産等を、子孫が代々承継することである。家に伝わる爵位を継承することを襲爵、位階・地位などを世襲することを襲位、先祖伝来の名跡などを世襲することを襲名という。法的な根拠を有する場合に限らず、事実上の場合についていうこともある。近代政治家の世襲については、世襲政治家も参照のこと。

歴史[編集]

古代中世世界における多くの政治体制においては、その支配者の地位(皇帝国王諸侯などの地位)は、血縁関係を基礎とした継承によって独占的に占有されることが通常であった。このような固定された君主家系王朝と称する。

それにより、社会の中で支配する階層(支配者)と支配される階層(被支配者、臣民)の分化が生じてきた。日本においても、大日本帝国憲法下では天皇家皇位万世一系)をはじめ、族籍(皇族華族士族平民)の世襲が定められており、これを打破するには閨閥を繋ぐか、よほど傑出した功績を挙げて爵位を受ける他なかった。また、日本国憲法にも皇位が世襲される旨の定め(第2条)がある。

貴族制度・階級制度が存在する国でも、貴族でなければ政治に関わることすらできなかった革命前のロシア帝国[要出典]のような例から、両班であり尚且つ科挙に通らなければ政治に関われない李氏朝鮮や、試験に通って出世すれば平民の子でも指導層に立てる可能性がある大英帝国や大日本帝国[1]のような例まで、その度合いには大差がある。

実例[編集]

自営業者の子が親の家業を引き継ぐことはごく一般的なことである。特に特殊な技術や機材を使う職業だったり、免許の発行などの法的優遇措置が事業主単位で行われる場合はこれが顕著で、たとえば、薬局経営者・開業医の子が親の営む薬局・診療所を継ぐために医・歯・薬学部を目指したり、実子が後を継がない場合は娘婿や養子が跡継ぎになったりすることがよく見られる。相撲部屋でも親方の実子が関取になれば普通部屋継承者となるし、そうでなくとも親方の娘と結婚した関取が親方の養子となって部屋を継ぐことはよくあることである。郵便事業が国営だった当時は特定郵便局の営業が親から子へ、子から孫へ継がれていた。2014年には最高裁判所長官を父親に持つ裁判官が、やはり最高裁判所長官となった。

自営業でなくても、親と同じ職種につくことは人脈や職務上必要とされる知識といった無形の財産をひきつぐ上で有利であるため[2]、政治家、外交官大学教授芸能人など、社会的に突出した職業や地位の多くに、事実上の世襲が多くなる傾向がある。ことに伝統芸能については公卿やその芸の開祖が子々孫々その伝統を継承したことから家業(家元)となし、今日でも歌舞伎狂言落語をはじめ[3]剣術武道弓術礼法などでは世襲が一般的にみられる。相撲は親が横綱でも有利なことは全くないが、特殊な世界であることなどから、日本の他のスポーツに比べると二世力士が多くなっている[4]。また芸能人でも二世タレントと呼ばれるような親子で同業に就く、もしくは同じ芸能界に入る例がある。これには親の知名度や人脈を生かして知名度を上げる効果がある。市川右太衛門北大路欣也上原謙加山雄三阪東妻三郎・田村三兄弟(田村高廣田村正和田村亮)、堺駿二堺正章などの例が知られる。ただし藤圭子宇多田ヒカルのように知名度が上がってから親の存在が知られることもある。

プロレスでもザ・ファンクスエリック一家をはじめとして二世レスラーが数多く存在するが[5]、これはプロレスが団体経営者にとって家業であり、通常のスポーツよりも芸能的である影響が強い。ファンクスやエリック一家のように親の必殺技を継承する例もある。二世レスラーの一人である元NWA王者テリー・ファンクは、ライバルのハリー・レイス(二世ではない)の自伝に「二世レスラーは全米のプロモーターが自分の親を知っているのだからそうでない者より有利」とのコメントを寄せている。このコメントは前記の「人脈や職務上必要とされる知識といった無形の財産をひきつぐ上で有利」に該当するものといえよう。

日本のプロボクシング界においても、ジムのオーナー職の継承を実質的に一親等以内での世襲に限定している[要出典]ため、帝拳ボクシングジム本田明彦協栄ボクシングジム金平桂一郎などジムオーナーを世襲する例も多く、また、ジムの継承をスムーズにするべく後継者候補を二世ボクサーにすることもあり、引退後に父から福岡ボクシングジムを継承した越本隆志がその代表例である。海外ではレオンコーリーのスピンクス親子などの親子世界チャンピオンも誕生している。日本では元プロボクサーの父親が自身の成し得なかった世界チャンピオンを二世ボクサーである息子に託してそれが成就することもあり、前出の越本の他に、長谷川穂積粟生隆寛井岡一翔がこれに該当する。

囲碁界では年寄株を継げるわけでも家元があるわけでもないが、羽根泰正直樹の親子タイトルホルダーを始め、関山利一木谷實藤沢秀行小林光一武宮正樹らのトップ棋士の子や孫がプロ棋士になっている(ただし小林は木谷の娘の女性棋士と結婚したので、木谷の孫と小林の子は同一人物)。これは才能の遺伝、また碁盤自体がどこの家にでもあるものではない上に、院生になるのは小中学生の頃なので「親に理解があるか」「親がプロ棋士という職業を知っているか」というような周囲の環境も関係すると思われる。一方で事情が同様のはずの将棋界には、タイトルホルダーの子のプロ棋士木村義雄十四世名人の子の木村義徳しかいない。なお、囲碁のタイトル戦の元祖とも言える本因坊位は、かつて世襲の家元の地位にあった。

また、企業の経営者が子や係累に経営を継がせることも一般的である。

日本では仏教寺院の住職が世襲となっている例が多く、浄土真宗本願寺派真宗大谷派では宗派の頂点である門主が開祖親鸞の子孫による世襲となっている。なお、日本以外の仏教では女犯戒が厳格に存続しており、仏教寺院の指導者が世襲されるのは日本と、日本の影響を受けた韓国の一部宗派だけの現象である。仏教以外の宗教では、世襲はかなり広くみられる。日本の神道においても神主の世襲があるほか、儒教道教イスラム教孔子張魯ムハンマドといった宗教が創始された時期の指導者の子孫が尊敬を集める現象がある。また明治時代には主な神主・仏教宗派の長の世襲家が爵位を授けられた(僧職華族)。

刑務官死刑執行人といった犯罪者と関わる職業も世襲が多い。死刑執行人は被差別民として扱われていた国が多く、就業や婚姻において強い差別を受けていたため、特定の一族以外が死刑執行人の職に就くことを妨げられていたことが世襲が常態化した理由だと言われている[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 大日本帝国時代の歴代内閣総理大臣で、平民家系といえる者は清浦奎吾濱口雄幸広田弘毅の3名であり、出自によって爵位を得たのは西園寺公望近衛文麿の二名、皇族の東久邇宮稔彦王。他は政治的特権を持たない士族家系の出身者であり、多くは下級藩士の家系であるが、自らの功績によって華族に列した者も含まれる
  2. ^ たとえばモーツァルトは父で有名な音楽家だったレオポルトから幼児時代より徹底した英才教育を受けた
  3. ^ 浄瑠璃のみ世襲はない
  4. ^ 横綱二代目貴乃花三代目若乃花大関栃東など
  5. ^ たとえば1970年から1985年までのNWA世界ヘビー級王座在位者で身内にレスラーがいないのは2~3名に過ぎない

関連項目[編集]