アイルランド貴族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アイルランド貴族Peerage of Ireland)は、アイルランド卿またはアイルランド王としてのイギリス君主によって与えられた貴族の総称。アイルランド貴族の創設は19世紀末で終わった。アイルランド貴族は公爵侯爵伯爵子爵男爵からなる。イギリス君主は、現在はアイルランド共和国の中にある土地から派生した爵位を含む、アイルランド貴族の管轄権を行使し続けている[1]

歴史[編集]

中世以来続くアイルランド貴族の称号はほんの一握りである。1801年以前は、アイルランド貴族院に彼らは議席を持っていた。1800年連合法により、アイルランド貴族は28名の貴族代表議員をウェストミンスターの貴族院へ送るようになった。

連合以前も以後も、アイルランド貴族は、貴族院に議席を持てない貴族を創設するやり方として用いられた。ロバート・クライブのようにロンドンの庶民院に議席を持つことを許される特権を持つ者もいた。その結果として、アイルランド貴族はアイルランドとのつながりがわずかであるか全くなく、一部はアイルランド貴族の名でありながらブリテン諸島のどこかの地名を由来とすることとなった(例としてメクスバラ伯爵とランファリー伯爵。メクスバラはイングランドの、ランファリーはスコットランドの地名である)。連合条約はその人数に制限をおいたものの、アイルランド貴族は連合後ほぼ1世紀間創設され続けた。新しい貴族が創設されるには3つの貴族が断絶することが必要とされ、アイルランド貴族はわずか100家にすぎなかった。連合法の交渉の一環として、1797年からアイルランド貴族の創設が相次ぎ、そのほとんどは高位の爵位であった。この状況は1801年1月第一週で終わったが、連合法の制限はその最後のわずかな貴族には適用されなかった。少なくとも多くの場合連合法が許可しているように、アイルランド貴族は19世紀初頭に創設されたが、その頻度は減速していった。アイルランド貴族として創設された最後の2つのうち1つは、1868年のアバコーン公爵(連合王国貴族としてはアバコーン侯爵)、1898年のカーゾン・オブ・ケドルストン男爵である。

アイルランド貴族は、貴族のランクとしてイングランド貴族、スコットランド貴族に次いで3番目でグレートブリテン貴族と同列である。連合王国貴族よりは上になる。しかし1801年以降に創設されたアイルランド貴族は、初期に創設された連合王国貴族の下になる。したがって、アバコーン公爵は、連合王国貴族のサザーランド公爵とウェストミンスター公爵の間にランク付けされることになる。

アイルランドの代表的な貴族が亡くなると、アイルランド貴族は後任を選出すべく会合を開いた。しかしこの会合を開くために必要な役職は、アイルランド独立戦争の和解の一環として廃止された。現存する代表的な貴族は貴族院に議席を持つが、交代することはない。第4代キルモレー伯爵フランシス・ニーダムが死去した1961年以後、どれも残っていない。アイルランド貴族の中には、グレートブリテン貴族や連合王国貴族の爵位を持つ者があり、彼らは1999年まで貴族院に自動的に議席を持っていた。

脚注[編集]

  1. ^ The College of Arms - The Roll of the Peerage