グレートブリテン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレートブリテン島
British Isles.svg
ブリテン諸島
座標 北緯53度0分0秒 西経2度0分0秒 / 北緯53.00000度 西経2.00000度 / 53.00000; -2.00000座標: 北緯53度0分0秒 西経2度0分0秒 / 北緯53.00000度 西経2.00000度 / 53.00000; -2.00000
面積 219,850 km²
最高標高 1,344 m
最高峰 ベン・ネビス山
最大都市 ロンドン
所在海域 大西洋
所属諸島 ブリテン諸島
所属国・地域 イギリスの旗 イギリス
テンプレートを表示

グレートブリテン島グレートブリテンとう、:Great Britain、:Britannia Maior ブリタンニア・マーイヨル、和訳で「大ブリテン島」)は、北大西洋に位置するで、アイルランド島マン島などとともにブリテン諸島を構成する。ヨーロッパ大陸からみるとドーバー海峡を挟んで北西の方向にあたり、ヨーロッパ地域の一部である。面積は、219,850km²で、世界で9番目に大きい島である([1]参照)。イギリスの国土の中心的な島で、同国の首都ロンドンをはじめとする多くの大都市を有する。

グレートブリテン島は、政治的に見ると、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(イギリス)の構成要素であるイングランドスコットランドウェールズの3つの「」からなる。

グレートブリテン島の位置

名前の由来[編集]

グレートブリテン島の名前の記録は、最古のものとしては、紀元前6世紀頃のカルタゴ人航海者の記録にあるアルビオンである。その後、紀元前4世紀のギリシャ人商人の航海記にあるプレタニケから、現在のブリテン諸島を指す言葉としてブリトニという呼び名が生まれ、次第に定着して、その最大の島であるこの島がラテン語でブリタンニア(Britannia)と呼ばれるようになった。

ブリトン人(Britons)は前1世紀頃からローマ共和国ローマ帝国アングロ・サクソン人の相次ぐ侵攻を受けて、その一部がフランスに逃れる。フランスではブリトン人の住むようになった地域をブルターニュ(Bretagne; ブリタニアのフランス語形)と呼び、本来のブリタニアをグランド・ブルターニュ(Grande-Bretagne; 大ブリタニア)と呼んで区別した。ヨーロッパの地名は、近い方を「小」、遠い方を「大」とする慣習がある。これが英語に輸入され、英訳された形のグレートブリテンという地名が定着する。

分類[編集]

都市[編集]

地形[編集]

古期造山帯に位置しているため、平坦な土地である。アイルランド島との間をアイリッシュ海スカンディナビア半島およびユトランド半島との間を北海とよぶ。

関連項目[編集]